新発売!会津七福おはぎ


会津をモチーフに登場!


おかげさまで3周年!


王道の萬福おはぎ

福島県会津若松市にて、100年以上あんこを製造している岩村製餡工場が展開する直売ブランド「あんことおはぎ 日々餡」は2021年4月9日にオープンし、2024年4月で3周年を迎えます。1日2,000個以上のおはぎと大福を販売し、たくさんのお客様にご愛顧いただいております。地元に根付く、製餡メーカーとして、あんこの美味しさと新しい楽しみ方を更にたくさんのお客様にお伝えしたいと考え、日々あんこスイーツの製造と開発を行っております。

この度、3周年を記念して、大人気七福おはぎシリーズより、新商品「会津七福おはぎ」を2024年4月5日に発売いたします。会津の観光名物である、赤べこ・鶴ヶ城・八重の桜などをモチーフにしたカラフルミニおはぎです。
お味は、各観光名物をイメージしたあんこを独自開発し、赤べこ=カシス餡・ごま餡、鶴ヶ城=つぶ餡、八重の桜=桜餡など様々な味わいのあんこをお楽しみいただけます。会津観光土産にぴったりの新名物あんこスイーツです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/390445/LL_img_390445_1.jpg
新発売!会津七福おはぎ

公式HP : https://hibian.jp/
公式ECサイト: https://hibianaizu-shop.com/


■大人気七福おはぎシリーズの新商品!会津観光名物をモチーフにした「会津七福おはぎ」
この度、あんことおはぎ 日々餡の3周年を記念して「会津七福おはぎ」を4月5日より発売いたします。オープンよりたくさんのお客様に楽しんでいただいたカラフルミニおはぎの七福おはぎシリーズより、地元会津の観光名物をモチーフとした新商品です。毎年会津若松には、146万人の観光客のお客様がお越しになります。(会津若松市 令和4年 観光客入込数とその実態調査より)そんな観光のお客様や地元会津のお客様に、会津若松の観光名物をより楽しんで知っていただきたいという想いから、この「会津七福おはぎ」を開発いたしました。

会津七福おはぎは「赤べこ・鶴ヶ城・八重の桜・磐梯山・小法師・白虎隊」全部で6つのモチーフで構成されており、それぞれのイメージに沿ったおはぎとなっております。

赤べこ=カシス餡・ごま餡
鶴ヶ城=つぶ餡
八重の桜=桜餡
磐梯山=抹茶餡
白虎隊=てぼ餡(白餡)
小法師=梅餡

製餡メーカーの直売ブランドならではの、糖度を抑えたあんこで、小豆本来の美味しさをお楽しみいただくことをベースに、あんこの新たな可能性発信を目指した、カラフルで珍しい餡子のおはぎを揃えております。あんこそれぞれと、店舗工房内で炊いたもっちりお米をミニおはぎとして一口で7種のおはぎをお楽しみいただけます。ぜひ、会津観光のお土産や、地元会津から大切な方へのお手土産に、七つの会津の福がいっぱいに詰まったカラフルで可愛らしいミニおはぎセットをお楽しみいただければと思います。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/390445/LL_img_390445_2.jpg
会津をモチーフに登場!

【商品概要】
商品名: 会津七福おはぎ
価格 : 1,500円(税込み)
内容量: 7個入り
発売日: 2024年4月5日
販売先: あんことおはぎ日々餡
URL : https://hibian.jp/


■3周年を記念した感謝祭を4月5、6日の2日間限定開催!
この3年間、地元会津若松市のお客様を中心に、福島県内のお客様にたくさんのご来店をいただき、「あんことおはぎ 日々餡」を支えていただきました。その感謝の気持ちを込めて、4月5、6日の2日間にわたり“お客様大感謝祭”を開催いたします。

周年祭限定商品として、苺大福の粒あん・チョコ練乳2種、キウイ・デコポンフルーツ大福、新商品のあんこ屋のチーズケーキなどを多数ラインナップ!いつものおはぎ・大福と共に、周年祭でしか食べられない特別なあんこスイーツをお楽しみいただけます。各商品数量に限りがありますので、お早めのご来店をお待ちしております。

<イベント詳細>
【日時】 4月5日(金)、6日(土) 10:00~16:00
※商品が無くなり次第終了となります。
【場所】 あんことおはぎ 日々餡:福島県会津若松市真宮新町北2丁目1番地

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/390445/LL_img_390445_3.jpg
おかげさまで3周年!

■老舗製餡メーカーが展開する初めての直売店ブランド「あんことおはぎ 日々餡」とは
岩村製餡工場は、創業大正十年。会津若松の地で100年間あんこを作り続けて参りました。岩村製餡工場の愛され続けてきた、あんこを更にたくさんのお客様にお届けしたいという想いから今回、初の直売店ブランドを立ち上げました。「あんことおはぎ 日々餡」という屋号には、『日々=毎日、あんこを楽しんで欲しい』『日々=毎日食べたくなるあんこスイーツをお届けしたい』という想いが込められております。あんこをそのまま、王道の食べ方で、あんこを工夫して、新しい素材と合わせて、今までにない食べ方で。あんこが持つ、可能性を、あんこを作り続けてきた日々餡よりご提案します。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/390445/LL_img_390445_4.jpg
王道の萬福おはぎ

【日々餡のこだわり】
・小豆
日々餡のあんこは、隣の岩村製餡工場で練り上げた“できたて”のあんこを使用しています。あんこの原料となっている小豆は厳選を重ねた北海道産にこだわり、小豆が採れる時期には、通常の小豆よりも皮が薄く、風味豊かな採れたて新鮮小豆を使用しています。あんこになる前の小豆にもとことんこだわりぬいた、小豆の素材の美味しさを感じられるあんこ屋のおいしいあんこです。

・技
岩村製餡工場の100年間の伝統を守りつつ、更に美味しいあんこを作り続けるあんこ職人による技。小豆を「じっくりと長時間かけて、炊き上げる」この単純そうに見える作業は、あんこ職人による五感で感じとる温度や湿度の調整の仕方によって美味しさが大きく変わります。この「炊く」という工程を伝統と革新の中で今の形にたどり着き、日々餡の美味しいあんこが生まれました。

・水
あんこを作る際に、小豆に加えて、もう一つの決め手となる「水」にもこだわり、日々餡子づくりに励んでいます。福島県会津若松市は、「水の国」と呼ばれ会津の美味しい酒造りに適した良質な水が多くあり、あんこづくりにも使用しています。会津若松に流れる美しい水で小豆を炊くことで、この会津の地でしか味わうことのできないあんこが生まれます。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/390445/LL_img_390445_5.jpg
カラフルで人気の七福おはぎ

■今後の展開について
日々餡は、岩村製餡工場にて製造しているできたてのあんこを使用した美味しいスイーツを全て店内工房にて製造しております。あんこ本来の美味しさや新しい楽しみ方をお伝えするために、日々、様々な素材を掛け合わせたあんこスイーツをあんこ職人の手で生み出します。季節ごとに旬素材と掛け合わせた新商品を展開予定ですので、乞うご期待ください。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/390445/LL_img_390445_6.jpg
あんこ屋謹製フルーツあん

■店舗概要
店舗名 :「あんことおはぎ 日々餡」
電話番号:0242-93-7600
所在地 :福島県会津若松市真宮新町北2丁目1番地
開店時間:10:00 ~ (※おはぎ・大福が完売次第終了)
定休日 :日曜日、月曜日、その他不定休

公式HP : https://hibian.jp/
公式ECサイト: https://hibianaizu-shop.com/


■会社概要
社名 :株式会社岩村製餡工場
本社所在地:福島県会津若松市真宮新町北2丁目2番地

情報提供元:@Press
記事名:「1日2,000個以上のおはぎが完売!老舗製餡メーカー直売ブランド“あんことおはぎ 日々餡”から大人気七福おはぎより新商品「会津七福おはぎ」を4/5発売