睡眠戦略①(本文より)


睡眠戦略②(本文より)


睡眠戦略③(本文より)


株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 瀬津要)は、『一日の休息を最高の成果に変える睡眠戦略』(角谷リョウ 著/税込 1,980円)を、2024 年5月22日に発売します。本書は、超回復コーチとして14万人以上の睡眠改善をサポートしてきた著者が、単に疲れを取る「睡眠」ではなく、大谷翔平など著名人の睡眠スタイルを例に挙げながら、ワークスタイルや達成したい目標に応じて睡眠時間をフレキシブルに変え、パフォーマンスを最大化させる7つの「睡眠戦略」を徹底解説します。


画像 : https://newscast.jp/attachments/84Y7TFYMJxm32ep80ylk.jpg


状況や目標に応じて眠り方を選ぶ時代の新習慣


日本人の睡眠時間は平均7時間22分で、先進国ワースト1位という調査結果はよく知られており(2021年、OECD統計)、健康経営の一環として睡眠研修を実施する企業もあります。角谷リョウ氏は、NTTdocomo、サイバーエージェント、損保ジャパンなど、160 社以上の企業で約14万人の睡眠改善をサポートしてきた超回復コーチです。本書では、その豊富なコーチング経験と最新の科学的治験に基づき、疲れを取るだけではなく「ビジネスの武器にする」という新しい角度から睡眠にアプローチしています。これからは置かれた状況や目標に応じて眠り方を選ぶ時代。「とにかく長く寝る」先入観を捨て、新しい思考と習慣を身につけられる一冊です。


睡眠改善で業績アップも可能にする角谷メソッド


本書で紹介するメソッドは、睡眠不足の解消や寝つき改善など、眠ることが「目的」ではありません。著者は、ビジネスパーソンにとって睡眠とは、自身のパフォーマンスを最大化するための「手段」であるべきだと考えているからです。認知行動療法や心理学をベースにした著者独自のメソッドは、実践したクライアントの満足度も高いもので、本書のケーススタディでも「タスクが進み、残業が減った」「チームで取り組んだ結果、業績がアップした」「家族との時間も自分だけの時間も確保できた」など、角谷メソッドによってもたらされた変化を喜ぶ声が紹介されています。


7つの戦略――大谷翔平は長眠、ザッカーバーグは短眠、エリザベス女王は快眠


大谷翔平や藤井聡太、ノーベル賞候補になった柳沢正史筑波大教授らが実践することで話題の「昼寝」など、各界でトップを走る人たちは例外なく、睡眠をうまく「利用」しながら高いパフォーマンスを発揮しています。本書は、長眠、短眠、二分割睡眠など全7種類の睡眠戦略をあげ、就職、転職、繁忙期、出産・子育て期など、読者が直面する状況に応じて使い分けられるようにしました。それぞれに、経営者やアスリートからアーティストまで代表的な著名人の事例を挙げ、睡眠方法の特徴と効果を具体的に解説します。
【7つの睡眠戦略】
戦略① 短期間で集中して働きたい人→超絶回復力で諸突猛進!
……ザッカーバーグの「短眠戦略」
戦略② 人間関係に悩んでいる人→幸福とアイデアにあふれる♥
……エリザベス女王の「快眠戦略」
戦略③ 超一流へと脱皮したい人→超一流へぐんぐん成長↑
……大谷翔平の「長眠戦略」
戦略④ 2つのことを両立したい人→深夜に無敵の時間を作る★
……黒柳徹子の「二分割睡眠戦略」
戦略⑤ 不規則な勤務体系の人→細切れでも頭すっきり♪
……クリスティアーノ・ロナウドの「多分割睡眠戦略」
戦略⑥ 最適な睡眠法を見つけたい人→自分の時間を生きる@
……マドンナの「フレックス睡眠戦略」
戦略⑦ メンバーの成果を最大化したい人→みんなで眠って、いいチーム◎
……ラリー・ペイジの「チーム睡眠戦略」


画像 : https://newscast.jp/attachments/KQnJ7b2YrOTpqD3rdmgp.jpg
睡眠戦略①(本文より)


画像 : https://newscast.jp/attachments/1SK2F6Hxjk7JWI1mc2AR.jpg
睡眠戦略②(本文より)


画像 : https://newscast.jp/attachments/DeBbwxrOA1ZbQ8WeDUdI.jpg
睡眠戦略③(本文より)


著者プロフィール


画像 : https://newscast.jp/attachments/wb7So4s6II3dMzJPwec2.jpg
著者近影


角谷リョウ(すみやりょう)
NTT ドコモ、サイバーエージェント、損保ジャパンなど 160 社以上、14 万人以上のビジネスパーソンの睡眠改善をサポートしてきた上級睡眠健康指導士。日本睡眠学会学会員、日本認知療法・認知行動療法学会会員、日本サウナ学会学会員。
神戸市役所を退職後、トレーナーとして独立。わずか 3 カ月でキャンセル待ちのスタジオに。フィットネス業界で最も権威ある雑誌で年間最優秀賞を受賞する。「運動」「食事」「睡眠」の改善サポートを行ってきたが、食事や運動の改善とは比較にならないほど「睡眠の改善」がメンタルやコンディションの回復につながることに気づき、睡眠改善に特化する活動にシフト。本書で紹介しているメソッド(各個人に最適な睡眠を作る「パワースリーププログラム」)によって、経営者やエグゼクティブ 3,000 人以上のパフォーマンス向上を成功させている。
著書に『働くあなたの快眠地図』『働く50代の睡眠法則』(以上、フォレスト出版)、『エグゼクティブを見せられる体にするトレーナーは密室で何を教えているのか』(ダイヤモンド社)、『鍛えていないと稼げません──身体づくりで生産性をあげよう』(WAVE出版)がある。


【書誌情報】


画像 : https://newscast.jp/attachments/QcP4iIk4mE7hfGSDD6lg.jpg
『一日の休息を最高の成果に変える睡眠戦略』書影


タイトル:一日の休息を最高の成果に変える睡眠戦略
サブタイトル:世界のビジネスエリートが取り入れる「7つの眠り方」
著者:角谷リョウ
判型・製本:四六判並製
ページ数:224ページ
定価:1,980円(税込)
発売日:2024年5月22日
ISBN:978-4-569-85707-7
発売元:株式会社PHP研究所


一日の休息を最高の成果に変える睡眠戦略 | 角谷 リョウ著 | 書籍 | PHP研究所 : https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-85707-7


情報提供元:@Press
記事名:「docomoほか160社、14万人を指導。人気超回復コーチの最新メソッド 『一日の休息を最高の成果に変える睡眠戦略』5月22日発売