最強激辛「悶絶ソース」開発


盾印のロゴ


超・激辛ソース


悶絶ソース

享保5年創業タテソース製造元の株式会社豊島屋(てしまや)【本社:岡山県倉敷市、代表取締役:大野 豊、 https://teshimaya.shop-pro.jp/ 】は、1720年(享保5年)に綿・海産物の仲買業としてスタートした創業300年越える老舗企業。昭和8年、食の洋風化にともない現在の主力製品「タテソース」の製造を始め、食の多様化にも対応したユニークな調味料を次々に生み出すアイデアメーカー!そして今回、満を持して全国の激辛ファンにお届けするのが、絶賛クラウドファンディングでプロジェクトが進行している『悶絶ソース』!老舗メーカーの初めての挑戦を、是非全国の激辛ファンたちに見届けてもらいたいです!

クラウドファンディングはこちら
https://camp-fire.jp/projects/view/763608

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/401134/LL_img_401134_1.png
最強激辛「悶絶ソース」開発

■盾印だから「タテソース」!「タテソース」の起源は豊島屋から!
「タテソース」は、昭和8年(1933年)、豊島屋の大野 豊作が英国ウスター市から伝わったとされる「ウスターソース」の製造を開始したのが始まりとされています。お馴染みの盾印のマークに、名前を「タテソース」として、岡山県内をはじめ、隣県、一部関西・関東などに売り出していきました。発売以来、約90年以上にわたって、家庭用・業務用に親しまれ愛され続けています。元々は19世紀初め英国ウスター市のある家庭で余った野菜や果実の切れはしを香辛料、塩、酢をふりかけて壺にいれ貯蔵していたところ偶然にも美味しい液体のソースが出来たという逸話が残されています。
現在は、ウスター、お好み焼き、焼きそば、ソフト、とんかつ、お好みDRY、超・激辛、ゴマとん、コロッケ&フライ、串カツなど、各種ソース、お酢、醤油、唐辛子エキスなど家庭用調味料と業務用をあわせて120種類以上を取り扱っています。

※一部、倉敷観光WEBのHP参照
https://www.kurashiki-tabi.jp/rm_buy/rm-buy74/

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/401134/LL_img_401134_2.png
盾印のロゴ

■『超・激辛ソース』を超える新たな激辛商品、それこそが『悶絶ソース』。激辛ファン必食の超超超激辛、ようこそ「天にも昇る辛さ」に出会える激辛の旅の入口へ!
そして、「悶絶ソース」の開発ストーリーは、ここから始まった!遡ること14年前。2000年に開発した『超・激辛ソース』はメディアでも多数紹介され、年間5万本出荷のヒット商品になり、全国の激辛ファンの注目の的となりました。今では、岡山県内だけでなく全国の辛いもの好きな方から高い評価をもらうほど!『超・激辛ソース』は「タテソースお好みドライ」をベースに、唐辛子エキスとブラックペッパーをたっぷり配合した、信じられない辛さの濃厚ソースです。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/401134/LL_img_401134_3.png
超・激辛ソース

しかし!!!今回、『超・激辛ソース』を超える新たな激辛商品が誕生しました。それこそが『悶絶ソース』。激辛ファンの方々には必食の超超超激辛、まさに「天にも昇る辛さ」に出会える激辛の旅への入口なのです!

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/401134/LL_img_401134_4.png
悶絶ソース

クラウドファンディングはこちら
https://camp-fire.jp/projects/view/763608


■悶絶ポイント(1)
【ベースソースの辛さは「超・激辛ソース」の3,000倍仕様!】
それぞれのソースに含まれる辛味成分の含有量を表現していますが、『超・激辛ソース』は、ベースとなる「タテソースお好みドライ」約100倍の辛さです。そして今回の『悶絶ソース』は、ベースとなるソースの3,000倍!!!もの辛味成分が、この一本にギュッと詰まっています。一般的な辛味調味料では満足できない猛者の皆様へ、この悶絶ソースを捧げます。※イメージ図参照

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/401134/LL_img_401134_5.png
辛さの比較

■悶絶ポイント(2)
【豊島屋独自の技術から生まれる「味の秘密」】
実は、「辛さの抽出」が豊島屋の大得意分野!豊島屋独自の技術により、辛味成分だけを抽出してギュッと濃縮することに成功しました。3,000本もの唐辛子を料理に使用することは物理的に不可能ですが、辛味成分の抽出技術を活用して作られた『悶絶ソース』を使えば、ご家庭のお料理やコンビニで買ったお惣菜を簡単に「プロの作る激辛料理」に変身させることが可能です。是非一度、悶絶ソースの清々しい辛さをご体感ください。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/401134/LL_img_401134_6.png
独自の技術による辛さ抽出

■悶絶ポイント(3)
【ラベルのデザインへのこだわり!】
悶絶ソースは、一口食べれば、唇がしびれて汗が止まらない、天国行きの片道切符です。「昇天しそうなほど辛い」というコンセプトから、まるで天国から天使たちがお迎えに来たかのようなラベルデザインを採用しました。また、刺激物を飲食した際には、痛みを和らげるため脳からドーパミンが分泌されます。このドーパミンを、柔らかな質感の雲や、淡い色彩で表現しています。ラベルにもこだわりがギュッと詰まっています。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/401134/LL_img_401134_7.png
辛さスケールアップの悶絶ソース

悶絶ポイントがぎっしり詰まった『悶絶ソース』を是非応援お願いします!


■プロジェクトのリターンには、豊島屋のバラエティ豊かでユニークな商品を準備!「悶絶ソース」や「超・激辛ソース」と一緒に楽しめるパックも是非お試しあれ!
今回のクラウドファンディングでは、激辛ソース以外にも豊島屋の商品をリターンで用意しています!冷奴や卵かけご飯などのシンプルなお料理に最適な『ぼっけぇ旨辛醤油』、そうめん、冷や麦、ぶっかけうどん、天麩羅などにオススメの万能つゆ『つゆ自慢』、りんご、ゆず、だいだいといった果物の果汁をブレンドしたフルーティでマイルドなお酢『かけて酢まいる』などのユニークで美味しい商品セットをご用意しています!是非、悶絶ソースとあわせて豊島屋の商品をお楽しみください。

クラウドファンディングはこちら
https://camp-fire.jp/projects/view/763608

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/401134/LL_img_401134_8.png
8本セット(リーターン品)
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/401134/LL_img_401134_9.png
旨辛しょうゆ
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/401134/LL_img_401134_10.png
料亭だし
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/401134/LL_img_401134_11.png
ホルモン焼のたれ
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/401134/LL_img_401134_12.png
かけて酢まいる

■本プロジェクトについて、豊島屋専務 大野 峰よりご挨拶
画像13: https://www.atpress.ne.jp/releases/401134/LL_img_401134_13.png
豊島屋専務 大野 峰

豊島屋にとってクラウドファンディングへの挑戦ははじめてのことだらけ!コンセプトの考案から製品の開発、本当に力がいる場面ばかり…。ページ制作、商品の開発、商品ラベルの作成、ここ数ヶ月は大忙しの日々でした。だからこそ、プロジェクト公開に達することができ嬉しく思います!
地方発の面白いユニークな商品づくり、豊島屋ファンが喜んでくれる商品づくりの延長が、全国のファンづくりにつながり、豊島屋の商品を愛してらえると信じています。
今回のプロジェクトを通して、一人でも多くの方にタテソースを知ってもらい、ご賞味いただけると嬉しいです。どうぞご支援のほど何卒よろしくお願いいたします。

クラウドファンディングはこちら
https://camp-fire.jp/projects/view/763608

画像14: https://www.atpress.ne.jp/releases/401134/LL_img_401134_14.png
ご挨拶

【支援の利用使途】
・新商品(悶絶)の広告費用
・キャンプファイヤー手数料
として大事に利用させていただきます。何卒よろしくお願いいたします。


■会社概要
会社名 :株式会社豊島屋
所在地 :〒713-8122 岡山県倉敷市玉島中央町1-7-8
代表者 :代表取締役 大野 豊
創業 :1720年(享保5年)
設立 :1948年8月1日
事業内容:ソース、酢、醤油、その他調味料、唐辛子エキスの製造販売
資本金 :1,000万円

情報提供元:@Press
記事名:「岡山発!全国の激辛ファンに朗報!創業300年、タテソースの豊島屋が最強激辛『悶絶ソース』を開発!絶賛クラウドファンディング挑戦中!