• すべてのスマートデバイスをテックマヒンドラの自社開発自動化プラットフォームに集約して、顧客のデジタル体験の取り組みを強化
  • テックマヒンドラが2023年モバイル・ワールド・コングレスでSANDSTORMを紹介

印ニューデリー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- デジタル変革、コンサルティング、ビジネス・リエンジニアリングのサービスとソリューションを提供する主要企業のテックマヒンドラは本日、通信事業者および企業向けに画期的な遠隔リアルタイムネットワーク監視・スマートデバイス保証サービスのSANDSTORMをリリースしたと発表しました。SANDSTORMは、サービスプロバイダーがスマートフォン、タブレット、VRヘッドセット、スマートTVからコネクテッドカーまで、あらゆるデバイスの顧客体験を遠隔から測定できるようにする最先端ソリューションです。


SANDSTORMは、企業があらゆるデバイスに「遠隔から」アクセスして、テックマヒンドラの自動化プラットフォームを使い、最終顧客のためにアプリケーションやデバイスなどをテスト・展開できるようにします。このプラットフォームは、アプリがさまざまな地域のネットワークと実際にどのようにやり取りしているかを、リアルタイムで把握する上で役立ちます。アプリケーションにマッピングされたデバイスの下層情報について、深い洞察を提供します。それにより、アプリケーション開発を迅速化し、製品化までの時間を短縮できます。オンデマンドのサブスクリプション型アプローチにより、きめ細かな報告書も素早く、コスト効率よく、プラットフォーム上で生成できます。このネットワーク監視・デバイス保証のための包括的で革新的なソリューションは、テックマヒンドラの顧客に競争的優位性をもたらし、ビジネス目標の達成を支援します。

テックマヒンドラのデジタルエンジニアリングサービス部門グローバルヘッドのロヒット・マドックは、次のように述べています。「SANDSTORMのリリースは、通信事業者と企業がネットワークとデバイスを監視、保証する方法に革命を引き起こすでしょう。SANDSTORMの直感的なデザインインターフェースと使い勝手のよいツールにより、お客さまはアプリケーションを素早く設定、実行し、これまで遠隔からリアルタイムで入手できなかった価値ある洞察を得られるようになります。初期のサクセスストーリーは、SANDSTORMが発揮できる非常に大きな能力を実証しています。これは、当社が市場を一変させる技術の提供に傾倒し、お客さまが時代の先を行けるように取り組んでいることを実証しています。」

SANDSTORMは、完全な拡張性を備えたカスタマイズ可能なソリューションで、顧客独自の要件に対応できるように設計されています。遠隔地からエンドツーエンドの通話フローを保証し、エンジニアがセルサイトやセクターで試験を行う必要性を排除して、通信事業者がネットワークをより迅速に立ち上げられるようにします。このプラットフォームはさらに5G導入を加速させ、企業が将来の接続性を確保するための新たな道筋を見いだします。またこのプラットフォームにより、通信事業者とプライベートネットワーク事業者は、自社ネットワークで幅広い診断を行うことができます。ネットワーク要素をテストするためのリアルタイムのトラフィック生成、ネットワーク調査、ローミング体験、ネットワークのベンチマーキング、無線周波数(RF)最適化のためのネットワークドライブ保証などが可能です。

当社の情報はwww.techmahindra.comをご覧ください。|| 当社のソーシャルメディア・チャンネル: フェイスブック | ツイッター | リンクトイン | ユーチューブ

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Abhilasha Gupta, Global Corporate Communications and Public Affairs
Email: Abhilasha.Gupta@TechMahindra.com; media.relations@techmahindra.com

情報提供元:
記事名:「テックマヒンドラが通信事業者と企業向けに革新的な遠隔ネットワーク監視・スマートデバイス保証サービスのSANDSTORMをリリース