LHDC 5.0により、ハイディフィニションを超える音質がワイヤレスで実現



台湾、台北--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- Savitech Corp.は、LHDC™Bluetooth高品質テクノロジー・プロトコルの先進技術開発社であり、その技術はワイヤレスと有線接続によるオーディオ端末間の音質の差を劇的に減らし、また最上級のリアルさを備える超ハイピッチ音質も叶えます。これによりユーザーはBluetoothワイヤレス・オーディオの利便性と質の高さを楽しめるようになります。昨年12月、Xiaomi Buds 4は世界で初めてLHDC 5.0を採用するTWSイヤーバッズとして、最大で24bit/192kHzおよびハイレゾ・オーディオ・ワイヤレスに対応しました。LHDCは国際的に知られるハイディフィニション・オーディオ・テクノロジーであり、JASハイレゾ・オーディオ・ワイヤレス規格では、LHDCコーディング・デコーディングを採用するもののみを真のワイヤレス・イヤーバッズと定義しています。LHDCは、消費者により優れたオーディオ・エクスペリエンスをもたらします。

24bit/192kHzの音楽ファイルフォーマットは、高品質な音楽の規格の主流となってきました。テンセント・ミュージック・エンターテイメント・グループ(TME)が所有するQQ音楽は、大手中国国内音楽ストリーミング・プラットフォームとして、100万近くの「マスターテープ・レベル」のオーディオソースを備え、音質革命を導く業界初の「マスターテープ」技術を2022年末に市場に送り出しています。ワイヤレスBluetoothイヤフォンでの高品質オーディオ・エクスペリエンスを生み出すには、ハイディフィニションであるBluetoothオーディオ・コーデック・プロトコルが必要になります。Savitechが開発したLHDC 5.0は第5世代のコア・アルゴリズムであり、ワイヤレス・オーディオ伝送レゾリューションは「マスターテープ・レベル」となる24bit/192kHzへと引き上げられました。

テクノロジー主導により、シャオミ、QQ音楽、SavitechLHDC 5.0が一丸となったことで、「マスターテープ」の24bit/192kHz品質が解き放たれ、オーディオの「マスターピースの時代」へと公式に導かれることとなりました。「マスターテープ」は、オーディオテクノロジー開発における新たな活力を呼び込むことにもなります。

  • LHDC 5.0は、24bit/192KHzのサンプリング・レートに対応する世界初のBluetoothコーデック・プロトコルです。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Sunny Wu | Savitech Corp. | https://www.savitech.co | sunny.wu@savitech.co

情報提供元:
記事名:「シャオミとQQ音楽、SavitechのLHDC 5.0を活用し、24bit/192kHzの音質「マスターテープ・レベル」をワイヤレスで提供