東京海上グループのインシュアテック保険会社、イーデザイン損保が、Guidewire Cloudを活用し ビジネスの俊敏性を高め、お客様にさらなる価値を提供

東京、カリフォルニア州サンマテオ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --ガイドワイア(NYSE: GWRE)は、「 東京海上グループのインシュアテック保険会社であるイーデザイン損害保険株式会社(以下、イーデザイン損保) が、基幹業務の強化とITオペレーションの合理化、また、市場の変化への迅速な対応、お客様へのさらなる価値提供のためにGuidewire Cloudを採用することとした」と発表しました。イーデザイン損保は自社運用型のGuidewire InsuranceSuiteを採用し、2021年に導入を完了しています。また、イーデザイン損保ではGuidewire EnterpriseEngageデジタルアプリケーションとGuidewire for Salesforceも利用しています。この決断により、イーデザイン損保は自社運用型のInsuranceSuiteのGuidewire Cloudへの移行を実施することに国内で初めてコミットしました。また、同社の自動車保険商品ブランド「&e(アンディー)」においてもGuidewire Cloudを導入する予定です。



イーデザイン損保の取締役社長、桑原 茂雄氏は、次のように述べています。「クラウドサービスの価値を最大限に引き出し、当社が目指すアジリティを実現しながら、AIやIoT等の先進技術を組み合わせ、インシュアテック保険会社としてお客様への新たな体験価値創造に取り組んで行きます。」

ガイドワイアのチーフ・カスタマー・オフィサー、クリスティーナ・コルビーは次のように述べています。「イーデザイン損保は、日本の損害保険業界をリードする革新的な企業です。当社のクラウドサービスに信頼を寄せてくださったことに深く感謝するとともに、今後の事業発展と日本の損害保険市場でのさらなる成功を祈念いたします。」

イーデザイン損保について

イーデザイン損保は、東京海上グループのインシュアテック保険会社です。安定性と実績を誇る東京海上グループの一員である強みを活かし、お客様とともに保険業界の新しいかたちをつくることを目指しています。詳細情報はhttps://www.e-design.net/でご確認ください。

ガイドワイア ソフトウェアについて

Guidewireは、損害保険会社がエンゲージメント、イノベーション、効率的な成長のために信頼するプラットフォームです。弊社では、デジタル、基幹業務システム、データ分析、AIにおける知見を結集したプラットフォームをクラウドサービスとして提供しています。大小問わず、世界40ヶ国で540社以上の損害保険会社がガイドワイア製品を採用しています。

弊社はお客様のパートナーとして、お客様の成功実現に向けて進化し続けています。業界最大の研究開発チームとパートナーエコシステムによって、これまでに1,600件以上のプロジェクト成功実績があります。マーケットプレイスでは、システム連携、ローカリゼーション、イノベーションを促進する200以上のアプリケーションを提供しています。

詳細情報は、ホームページ http://www.guidewire.com/X(旧Twitter)および LinkedInでご確認ください。

注)ガイドワイアの商標に関する情報は、こちらをご確認ください。https://www.guidewire.com/legal-notices


Contacts

連絡先:
Diana Stott
Director, Communications
Guidewire Software, Inc.
+1.650.781.9955
dstott@guidewire.com

情報提供元:
記事名:「イーデザイン損保がGuidewire Cloudを採用