ホリデー版脅威レポートでは、ビザは、脅威行為者がホリデーシーズン中に高度なスキームを使用して消費者の情報を悪用することを予想し、安全な取引のためのヒントとトリックを共有

サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --デジタル決済の世界的リーダーであるビザは、独自のホリデー版脅威レポートを発表しました。このレポートでは、ホリデーシーズン中にカード提示(CP)取引とカード非提示(CNP)取引の両方で詐欺活動が増加すると予想されています。この新レポートでは、2023年11月から2024年1月の間に予想される一般的な詐欺戦術が特定されています。これは、eコマース活動と、小売および接客における対面での支出の急速な増加によるものです。ビザは、消費者が安全で安心なショッピングをするために従うことができる習慣のトップ10のリストも発表しました。

過去のデータと取引は、脅威行為者がホリデーシーズン中に消費者を狙うことを示しています。実際、ビザのデータによると、詐欺師の標的となった上位業者のカテゴリーでは、2022年のホリデーシーズンの詐欺率は、ホリデーシーズン以外の詐欺率に比べて11%増加し、この期間の前年に比べて8%増加しました1。 このホリデー版脅威レポートは、脅威行為者が、お得な商品や他に類を見ないギフトを見つけることへの消費者の関心と緊急性の高まりを利用しようとすることを警告しています。レポートの調査結果のハイライトは次のとおりです:

  • デジタルスキミング:オンラインショッピングの増加に伴い、詐欺師がeコマース業者からアカウントデータをうまく侵害し、収益化する機会が益々増えています。
  • フィッシングとソーシャル・エンジニアリング:過去1年間の人口知能(AI)の進歩により、脅威行為者は高度にカスタマイズされたフィッシング・キャンペーンを作成できるようになり、消費者が偽物を見つけることが困難になりました。詐欺師はフィッシング・ウェブサイトも作成しており、多くの場合、小売用ウェブサイトまたはサービス・ウェブサイト上で不正広告(悪意のある広告)やその他の違法な検索エンジン最適化(SEO)戦術を駆使して被害者を誘い込んでいます。
  • ATM/POSスキミング:実店舗やATMでのフットトラフィックの増加に伴い、脅威行為者はスキミング攻撃でATMやPOS端末を標的にする可能性があります。
  • OTPバイパスおよびプロビジョニング詐欺:ビザは、カード所有者のアカウントにアクセスするための多くのワンタイムパスコード(OTP)バイパススキームを特定しました。このスキームでは、OTPテンプレートが、希望する購入に関連していると思われる被害者に送信されます。
  • 物理的窃盗:脅威行為者は、混雑した小売店、ショッピングモール、または駐車場で、疑うことを知らない消費者から支払い用のカードおよび/または電話を物理的に盗もうとする可能性があります。

詐欺師たちは、活動の増加と、完璧な贈り物を求めて警戒を緩めた消費者を利用するために、ホリデーショッピングシーズンに向けて一年中準備をしています。」ビザの最高リスク責任者であるポール・ファバラはこのように述べています。 「ビザでは、セキュリティと信頼性に取り組んでおり、1年の最も忙しい時期であっても、24時間年中無休で脅威を監視することを約束しています。消費者は、ビザの専門家チームが不正を阻止するために昼夜を問わず活動していることを知っているので、このホリデーシーズンを安心して過ごせます。」

消費者が安全に買い物をするための10の習慣

ビザの良好なセキュリティ衛生のための10の習慣は、このホリデーシーズンに買い物をしようと計画している消費者に、安全を維持するためのベストプラクティスを導くことができます。ビザからのヒントのハイライトは次のとおりです:

  • 小売業者の評判と真正性をダブルチェック:信頼できる、よく知っている小売業者にこだわりましょう。馴染みのない店舗からの購入を検討している場合は、その評判と真正性をチェックするために調査を行いましょう。
  • 自身の個人情報の保護:ウェブサイトが安全なテクノロジーを使用していることを確認しましょう。会計時には、そのウェブサイトのアドレスは「https://」で始まっている必要があります。「s」は安全を表し、データが暗号化され、安全な接続で送信されることを意味します。
  • ショッピングに公共Wi-Fiを避ける:公共Wi-Fiネットワークはセキュリティで保護されていないことが多いため、ハッカーが情報を盗みやすくなります。購入を行うときは、常に安全なプライベートインターネット接続を使用してください。
  • 話がうますぎる取引に注意:ウェブサイトや迷惑メールでのオファーは、話がうますぎるように聞こえることがよくあります。特に、入手が困難な商品の非常に低い価格です。消費者は、普段からそうしているように、そのような取引に疑いを持つべきです。

ビザでは、年間を通じてセキュリティと信頼性を最優先事項としています。過去5年間で、同社は不正行為の削減やネットワークセキュリティの強化などのテクノロジーに100億ドル以上を投資してきました。1,000人を超える専任のスペシャリストが、マルウェアやゼロデイ攻撃、内部の脅威からビザのネットワークを365日24時間体制で保護しています。実際、2023年の最初の6ヶ月間で、ビザは300億ドルの不正行為を積極的に阻止し、多くの人が潜在的な詐欺取引のリスクにさらされていたことを知ることができないようにしました。消費者には、この時期に注意を怠らず、どこで買い物をしているのか、誰と情報を共有しているのかを考えて、安全を確保することをお勧めします。

ビザについて

ビザ(NYSE:V)は、デジタル決済における世界のリーダーであり、200以上の国と地域にわたって消費者、業者、金融機関、政府機関の間の取引を促進しています。私たちの使命は、最も革新的で、便利で、信頼性があり、安全な決済ネットワークを通じて世界を接続し、個人、企業、経済の繁栄を可能にすることです。私たちは、あらゆる場所にいるすべての人を取り巻く経済が、あらゆる場所にいるすべての人を向上させ、アクセスを将来の貨幣移動の基礎と見なすと信じています。詳細については、Visa.comをご覧ください。

1上位の商業カテゴリーには、住宅改修・供給、通信、企業間取引、医療、自動車、娯楽、教育と政府、宿泊、保険、航空会社、ドラッグストアと薬局が含まれます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Allee McDermott
amcdermo@visa.com

情報提供元:
記事名:「新ビザレポート、消費者に今年のホリデーショッピングシーズンに注意を払うように伝える