ダブリン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --グローバルのヘルスケア市場に美容および再建のソリューションを提供する株式非公開の医療技術企業であるGCエステティクス®(GCA)は、当社の乳房インプラント、PERLE™が最近、Aesthetic Surgery Journal Open Forumに掲載された独立査読付き論文で紹介されたと発表しました。Taimur Shoaib氏(英国)が主導したこの研究では、ユニークなBio-Q™表面と第6世代のジェルを備えた円形で滑らかな不透明乳房インプラントであるPERLEの安全性と性能が強調されています。



国際的な定期刊行物にPERLEの臨床データが掲載されたのは今回が初めてで、同乳房インプラントの安全性と性能が証明されました。

374人の患者が遡及的に分析され、平均の追跡調査期間は18か月でした。研究ではPERLE™インプラント使用時の合併症発生率の低さが強調されています。

「この研究はPERLEインプラントの安全性を調べるために行いました。このインプラントの科学について聞いた2021年初頭に、グラスゴーの私のクリニック、La Belle Formeに同インプラントを導入しました。このインプラントの経験的なあらゆる側面が、高品質における私の考えと合致しており、試してみたいと思ったのです。PERLEを使用した374人の患者を、平均18か月にわたって追跡しました。研究によると、同インプラントの安全性プロファイルはその他の最新のインプラントと同等であり、インプラントに関連した合併症や被膜拘縮の症例はありませんでした。」と、Taimur Shoaib氏は述べています。

この独立した臨床研究はPERLE乳房インプラントの品質と安全性を検証するものであり、外科医と患者両方の期待と基準に応えるものです。

GCエステティクスの品質・規制・臨床部門の責任者であるChris Brotherstonは次のように述べています。「これはGCエステティクスにとって単なるマイルストーンだけでなく、安全性と卓越した結果を提供するという我々のコミットメントの証明です。また、2024年第1四半期にPERLEの10年間のプロスペクティブ研究を開始することをここに発表します。重要なデータを継続収集し、安全性と強化された互換性プロファイルを拡大していきます。」

全論文はこちらからお読みいただけます。Zhi Yang Ng, Calum Honeyman, Taimur Shoaib, Single-Institution Early Experience With a New, Smooth, Opaque, and Round Breast Implant Over a 2-Year Period, Aesthetic Surgery Journal Open Forum , Volume 5, 2023, ojad090, https://doi.org/10.1093/asjof/ojad090

GCエステティクス®について

GCエステティクス®は、独自の美容および再建外科用製品を包括的に開発・製造・販売する老舗のグローバル医療技術企業です。

40年の歴史に渡り、GCA®は医療美容の科学を発展させ、豊胸および乳房再建手術用の高品質な乳房インプラントを提供しています。これまでに70か国で300万を超すインプラント製品を販売しており、当社の製品は公開されている10年間の臨床データに裏付けられています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Fara Naomi Macias | Chief Marketing Officer
faramacias@gcaesthetics.com

情報提供元:
記事名:「新しい独立した臨床研究が、GCエステティクスのPERLE乳房インプラントの安全性と有効性を示す