イタリア、フィレンツェ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --有名なライフサイエンスコンサルティングの大手企業であるPQEグループは2023会計年度を、+10%成長、1億ユーロを超える売上高という好業績で締めました。本社をイタリアに置くこのグローバル企業は、世界中の製薬および医療機器企業、中小企業にとって優れたアドバイザーとして賞賛されており、この成長を複雑なグローバル環境における高い回復力、適応力、戦略的ビジョンの証しと位置づけています。





多くの企業が地政学的な課題、危機、およびインフレ率に苦しむ中、PQEグループは回復力だけでなく、全財務指標でポジティブな成長を見せ、不安定な時期でも成長を続ける力でも注目を浴びています」と、PQEグループのCEO兼創設者であるジルダ・ディンチェルティは述べています。「この成功は綿密な計画、先端技術への戦略的な投資、俊敏性と革新を重視する企業文化に根ざしています。」
PQEグループが決算を終えた今年度は、プロセスの最適化とデジタル投資に焦点を当てていました。前年比で売上高が68%増加というと驚異的な2022年を終えた後、同社は2023年に大幅な再編戦略を実行し、PQEグループにとって最も効率的な状態に位置付けました。向上した純利益率の背後にある原動力は、同社がプロセスの効率向上に対するコミットメントであり、これが革新の重要な段階の触媒となっています。

これを証明する例として、グループの内部契約リサーチ機関(CRO)であるReSQ-Upは、革新的な製品の臨床試験において企業の病院、スタートアップ、および研究機関との連携サポートを行っています。ReSQ-Upは、特に女性の健康と治療用大麻の応用に焦点を当てた、臨床研究における新しいパラダイムを紹介しています。同時にPQEグループは、新しいオフィスをカナダ、サウジアラビア、アイルランド、シンガポールに開設することでグローバル・フットプリントを拡大し、世界46か所のオフィスと26の法人を有しています。この戦略的な拡張は、PQEグループを特に東南アジアの急成長市場と結びつけることを目指しています。

PQEグループの最高イノベーション責任者であるステファノ・カルガニコは、企業の持続可能性へのコミットメントを強調し、次のように述べています。「私たちはデジタルソリューションとエコフレンドリーへの取り組みに対して戦略的投資を行いました。これにより、効率性が向上するだけでなく、環境保護にも貢献できます。この数年間の急成長と統合の後、私たちはより野心的で長期的な目標を掲げ、戦略的プロセスに持続可能性を組み込みました。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

m.lijoi@pqegroup.com

情報提供元:
記事名:「PQEグループ、売り上げ1億ユーロを達成