ディジレンズとケインズは提携により、APAC地域における拡張現実とモバイル コンピューティングに革新をもたらし、インドの商業、産業、防衛市場向けにスケーラブルなソリューションを提供



米カリフォルニア州サニーベール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --導波路型ディスプレイ技術とヘッドマウント型スマートグラスに関するナノテクノロジー分野でイノベーションをリードしているディジレンズは、インドに本拠を置くケインズ・テクノロジー・インディアと導波路の製造規模拡大に向けた提携を発表しました。宇宙研究、防衛、航空宇宙、鉄道、ヘルスケア、自動車、その他の商業分野向けの電子部品の製造で市場をリードするケインズ・テクノロジーは、導波路製造を拡大し、ディジレンズの主力製品である拡張現実(AR)デバイス、DigiLens ARGO™のインド市場への供給を支援するため、ディジレンズのライセンシーとして戦略的な役割を担います。ケインズ・テクノロジーとディジレンズは、ハイデラバードのグリーンフィールド拠点にあるケインズ・テクノロジーの100%子会社であるケインズ・セミコンを通じてコラボレーションを推進します。

ディジレンズの光学プラットフォームにより、OEMは企業向けと消費者向けアプリケーションの両方で、カスタマイズ可能でコスト効率の高い、導波路ベースのAR体験を提供できます。ディジレンズの光学システムはユニークな設計で、独自のフォトポリマーと低コストのホログラフィック製造プロセスが採用されており、市場にある他の導波路型ディスプレイよりもコスト効率に優れています。

ディジレンズのCEOであるクリス・ピケットは、「当社は、インドにおいて高度な製造・設計サービスを提供しているケインズ・テクノロジーと提携できることをとても喜ばしく思っています。ARグラス市場は成長し始めており、ディジレンズはライセンスを提供する導波路パートナーとともに、世界最高の性能を誇る導波路を提供する準備ができています。ARスマートグラスの商業レベルでの供給を確実に成功させるには、パートナーのグローバル エコシステムから、これらの重要なコンポーネントを低コストかつ高い歩留まりで調達する必要があります。ケインズ・テクノロジーの既存の拠点と市場での地位は、市場への導入を加速し、両社にとって新しい市場を実現するのに役立ちます」と述べています。

対象となる市場規模は約600億ドルで、年平均成長率は34%で2030年末までに2800億ドルにまで成長し、Meta、Google、Appleといった大手テクノロジー企業のいくつかは、合計で推定750億ドルの市場投資を行うとみられています。ディジレンズとケインズ の提携は、業界で最も急速に成長している市場であるアジアに大きなチャンスをもたらします。

ケインズ・テクノロジーの創設者兼マネージング・ディレクターのラメシュ・カナン氏は、「当社は、拡張現実における革新に参画し、ディジレンズのナノテクノロジーによる次世代の光導波路の大規模生産をサポートできることを非常に楽しみにしています。この提携は、インドにおける先進的な製造への当社の取り組みを大きく前進させるとともに、モバイル コンピューティングの未来を実現するために、世界の新たな領域を切り開くものです。当社はテランガーナ州ハイデラバードに世界クラスのOSAT拠点の建設に投資を行っており、そこでARGOデバイス用の「インド製」導波路と光学エンジンを製造するとともに、世界市場の需要を満たす歩留まりの高い導波路生産を実現します。当社はディジレンズをケインズグループに歓迎するとともに、このカテゴリーにおける並外れた成長を期待しています」と述べています。

ディジレンズはこの提携を通じて、インドにおける商業、産業、防衛市場に主力製品を投入し、APAC地域での事業展開を大幅に拡大します。同社はケインズ・テクノロジーと協力し、ARGOやその他のAR向けディジレンズ製品を提供するための共同イニシアチブを開発し、業界における労働力不足の課題に対し最先端のソリューションを提供し、インドさらには世界市場での製造業の革新を推進していきます。

ケインズテクノロジーについて

ケインズ・テクノロジー・インディアは、マイソールを拠点とする総合エレクトロニクス上場メーカーで、ESDMサービスの全範囲にわたるサービスを提供しています。ケインズは、自動車、産業、航空、防衛、宇宙、原子力、医療、鉄道、モノのインターネット、情報技術およびその他のセグメントの主要企業にコンセプト設計、プロセス エンジニアリング、統合製造、ライフ サイクル サポートを提供する30年以上の経験があります。ケインズの高度な製造インフラにより、あらゆる産業分野に柔軟に調整可能な生産量での製造サービスを提供できます。最近では、同社はインド宇宙研究機関(ISRO)に電子モジュールを提供し、チャンドラヤーン3(月探査)やPSLV-XPoSatの打ち上げに成功しています。

ディジレンズについて

ディジレンズは、XRディスプレイに使用されるホログラフィック導波路で業界をリードする企業です。同社は、特許を取得した光学プラットフォームとフォトポリマー技術を駆使し、独自の低コスト型コンタクトコピー製造プロセスを採用することで、クラス最高のソリューションを提供しています。ディジレンズによって、OEMパートナーは世界の自動車、企業、消費者、航空電子工学、防衛産業向けのXR対応デバイスの設計と製造を実現できます。カリフォルニア州サニーベールに拠点を置くディジレンズの投資家には、サムスン電子、サムスン電機、三菱ケミカル ホールディングスの戦略的投資部門であるダイアモンド・エッジ・ベンチャーズ、アルソップ・ルイ・パートナーズ、オプティマス・キャピタル・マネジメント、37・インタラクティブ・エンターテイメント、ユニバーサル・ディスプレイの企業ベンチャー部門であるUDCベンチャーズ、ナイアンティック、ソニー・イノベーション・ファンド、ドルビー・ファミリー・ベンチャーズ、独コンチネンタル社などの業界のリーダーが含まれます。

参考:

https://www.abiresearch.com/market-research/product/market-data/MD-ARMR/
https://www.grandviewresearch.com/industry-analysis/augmented-reality-market

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Kaynes Technology
Press Contact
Sharath Bhat
President, International Business
+91 9900162366
artysharath@kaynestechnology.net

DigiLens
Press Contact
Brian Hamilton
VP, Sales & Marketing
brian.hamilton@digilens.com
(610) 721-3956

情報提供元:
記事名:「ディジレンズ、エレクトロニクス システム設計および製造(ESDM)大手のケインズ・テクノロジー・インディアと提携し、世界展開に向けテクノロジー・エコシステムを拡大