ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --大手重機メーカーであるコマツは、ウィリアムズ・レーシングと複数年契約を締結し、2024年のFIAフォーミュラ1世界選手権(F1)シーズンスタートから、イギリスチームの主要パートナーとなることを発表しました。





コマツは、チームにとって黄金時代であった1980年代から1990年代にかけて、ウィリアムズ・レーシングとF1に関する重要なパートナーシップを結んでいました。その代表的な功績として、1996年と1997年にデイモン・ヒル、ジャック・ヴィルヌーヴそれぞれを優勝に導いたコンストラクターズおよびドライバーズ選手権のサポートをしていました。将来を見据えて、両ブランドは新しい時代を迎える中で共に歴史を築いていくことを楽しみにしています。

東京に本社を置くコマツは、機械製造業界で100年以上にわたりイノベーションの先駆者となっています。「共に価値を創造する」というブランドの約束に象徴されるように、当社は協力的なパートナーシップが持続的な明るい未来を築くための最適な方法であると考えています。

コマツのウィリアムズ・レーシングとの公式デザインは、公式STEMおよびアーリーキャリアパートナー、公式eスポーツパートナー、公式建設機械パートナーといった、両社がエンジニアリング、テクノロジー、新世代の才能の長期的な発展に焦点を合わせていることを反映しています。これらの領域は、 コマツがウィリアムズ・レーシングのeスポーツプラットフォームによって豊かになったSTEMイベントを通じて次世代のイノベーターと関わり合い、焦点を当てるという努力を通じて、パートナーシップを交わす中で重なり合い、結びついていくでしょう。

コマツの社長兼CEOである小川裕之は次のように述べています。コマツとウィリアムズ・レーシングは、イノベーションと人材の開発に関して共通の価値観を持っています。我々のパートナーシップを通じて、トラック上とトラックの外の両方で共に価値を創造していくことを楽しみにしています。ウィリアムズ・レーシングとのパートナーシップは、コマツの使命である製造および技術の革新を通じて、人々、会社、そして地球が共に繁栄できる持続可能な未来を実現するものです。」

このパートナーシップの背後にある駆動力の一つは、両ブランドが共有するビジョンの整合性でした。最先端の技術、卓越した品質、不動の信頼性といったコマツのDNAと価値観に組み込まれた特徴は、ウィリアムズ・レーシングがモータースポーツにおいて最高峰のレベルで実証しているものです。この新しいパートナーシップは、ウィリアムズとコマツ間の未来へ通じるクロスコラボレーションの基盤を築き、特に人材の開発や技術エンジニアリング・エコシステムにおける潜在的機会の探索など、さまざまな分野で協力することを楽しみにしています。

ウィリアムズ・レーシングのチームプリンシパル、ジェームス・ボウルズ氏は、次のように述べています。「ウィリアムズ・レーシングは、コマツとの関係を再開できることを喜んでいます。過去に大きな成功を共有しており、今回の再結束はウィリアムズ・レーシングがグリッドの最前線に戻るという長期的ミッションにおいて重要な一歩です。ウィリアムズとコマツはともに、目標達成にぴったりな若い才能を引きつけ、育成することにコミットしており、再び協力できることを楽しみにしています。」

コマツのロゴとブランドは、今後のF1シーズンで2024年のウィリアムズ・レーシングのリバリー、そしてチームのオーバーオールやキットに大きくデザインされる予定です。

コマツは140か国以上で事業展開しており、プレミアムな重機、サービス、ソリューションを提供するグローバルプロバイダーです。当社は2008年に世界で初めての自律ダンプトラックを導入し、電動、ハイブリッド、燃料電池駆動の建設および鉱業機器といった成長中の製品群で顧客がカーボンニュートラル化に向けて進めるよう支援しています。

ウィリアムズ・レーシングは世界でも有数のF1チームの一つです。このイギリスのチームは50年近くにわたり最高峰の競技を披露し、その間に114勝、313回の表彰台、128回のポールポジションを記録してきました。ウィリアムズ・レーシングはまた、9回のコンストラクターズ選手権を制し、スポーツの歴史で2番目に成功したチームとなっています。

ウィリアムズ・レーシングについて

45年以上にわたり、ウィリアムズ・レーシングは地球上で最も速いスポーツの一つの最前線に立ち、FIAフォーミュラ1世界選手権において歴史上で最も成功したトップ3つのチームの一つです。F1カーのエンジニアリングとレースのほぼ無比の伝統、そしてそれが一つの力となることを証明する忘れがたい歴史を持つこのイギリスのチームは、16回のF1世界選手権タイトルを誇っています。1977年に傑出した故サー・フランク・ウィリアムズとエンジニアリングのパイオニアである故サー・パトリック・ヘッドによって設立されて以来、チームはコスワース、ホンダ、ルノーと提携して9回のコンストラクターズ選手権を制覇しました。そのドライバー陣リストは伝説的で、7つのドライバーズ選手権トロフィーはスポーツの真のアイコンであるアラン・ジョーンズ、ケケ・ロズベルグ、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセル、アラン・プロスト、デイモン・ヒル、ジャック・ヴィルヌーヴによって掲げられています。チームは過去の功績に加え、さらに進化してグリッドの最前線に戻るという長期的なミッションを掲げ、新たな歴史を作ろうしています。

コマツについて

小松は建設、鉱業、フォークリフト、産業、林業市場向けに技術、機器、サービスを開発・供給しています。100年以上にわたり、当社は製造業と技術革新を通じて顧客に価値を提供し、人々、会社、地球が共に繁栄する持続可能な未来を構築するために他社と協力してきました。世界中の第一線の産業では、コマツのソリューションを利用して現代のインフラを開発し、基本鉱物を採掘し、森林を管理し、消費者製品を作り出しています。当社のグローバルなサービスとディストリビューター・ネットワークは、顧客の運営をサポートし、安全性の向上と生産性の促進に役立つとともに、パフォーマンスの最適化に取り組んでいます。詳細はwww.komatsu.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Komatsu media support:

Caley Clinton
Director, Corporate Communications and Brand
caley.clinton@global.komatsu
+1 414-712-9728

For Japanese media:
Komatsu Ltd. Corporate Communications Dpt.
JP00MB_cc_department@global.komatsu
+81-(0)3-6849-9703

情報提供元:
記事名:「コマツとウィリアムズ・レーシングが歴史的パートナーシップを再開