インテリジェント・データ・インフラストラクチャーの活用で、世界一流レーシング・チームが2023年に8回のトップ3入りを果たし、過去最高のシーズン成績を達成

カリフォルニア州サンノゼ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ・ワン®チームとインテリジェント・データ・インフラストラクチャー企業のネットアップ®(NASDAQ:NTAP)は、提携更新を発表し、ネットアップを同チームのグローバル・データ・インフラストラクチャー・パートナーに指名しました。ネットアップは、同チームが60年以上離れていたフォーミュラ・ワン®のレースに2021年に復帰して以来、彼らにとって重要なパートナーとなっています。この提携更新は、過去3年間の良好な協力関係を基盤とするもので、アストンマーティン・アラムコがネットアップのストレージ技術を利用して、チームのパフォーマンスを最適化するために必要な膨大な量のデータを即座に保存・管理し、アクセスできるようにするものです。





フォーミュラ・ワン®のドライバーとそのサポート・チームは、データによってレースのパフォーマンスを最適化するために適切な判断を下すのに必要な洞察を得ることができます。データは、天候条件の変化や予定外のピット・ストップなど、レース中に起こり得るシナリオを予測・対応するのに役立つシミュレーションを強化します。データを使ってこうした状況の影響をあらかじめ把握することにより、数ミリ秒単位の差が重要となるレースにおけるリアルタイムでの対応が可能になります。そうした洞察がなければ、同チームはこのような機会が訪れる前にどう対応すべきか判断できない場合があります。レース中、同チームは、路面温度、タイヤの劣化、および空気力学的性質などのリアルタイムの性能統計データを含む、何百ものセンサーからデータを収集します。トラックサイドとチームの最先端AMRテクノロジー・キャンパス(AMRTC)の両方で、そのデータに即座にアクセスすることで、リアルタイムでレース戦略を適応させるために必要なデータを得ることができます。トラックとチーム本部間でのデータ共有は、チームの成功に非常に重要な役割を果たすため、データの保管と管理はミッション・クリティカルな機能となります。

アストンマーティン・アラムコの最高情報責任者(CIO)であるクレア・ランズリーは、「2021年にフォーミュラ・ワンに復帰以来、ネットアップとともに4年目のシーズンを迎え、彼らとの提携を更新できることをうれしく思います」と述べ、「ネットアップは、当社とずっと一緒にこの旅路を歩んできており、当社のトラックサイドの業務および、シルバーストーンのAMRTCの本部において不可欠な存在です。私たちはデータを使ってパフォーマンスの向上とさらなるスピード向上を図っていますが、この成功にはチームとネットアップの連携が非常に重要です」と語っています。

同チームは、ネットアップが保管・管理するデータを活用することで、2023年のフォーミュラ・ワン®シーズンでは8回の表彰台と280ポイントの獲得を達成し、コンストラクターズ・チャンピオンシップでは5位という結果を残しました。ネットアップをそのグローバル・データ・インフラストラクチャー・パートナーに指名することで、同チームは以下のように、データの保管と分析に必要な継続的なサポートを受けることができます。

  • スピード :「ネットアップ・フレックスポッド®」データ・センター・ソリューションにより、チームは膨大な量のデータに即座にアクセス・保存ができ、トラックサイド、レース本部、ファクトリーの間で素早く、そして効率良くデータを転送することで、レース戦略に影響を与えるほぼリアルタイムでの判断を可能にします。
  • 信頼性 :ネットアップ®の「Cloud Volumes ONTAP®」により、障害発生時にも企業の信頼性および継続的な動作が保証され、チームはデータが必要なときにいつでも利用が可能となります。
  • 可観測性 :ネットアップ®の「クラウド・インサイト」により、チームはすべてのリソースとアプリケーションを簡単に監視、問題解決、最適化することができるため、オン・プレミスとクラウドの両方で新しいテクノロジーを効率的に導入、運用することができ、フルスタックの可観測性を提供します。
  • セキュリティー :ネットアップ®の「ストレージ・ワークロード・セキュリティー」は、ネットアップのプラットフォーム上で保有されるデータを監視・保護することで、内部および外部の両方の脅威に対する継続的な保護を提供します。
  • 拡張可能性 :ネットアップのソリューション全体が拡張および拡大可能であるため、IT要件が拡大・変化しても、チームはいかなる課題にも対応することができます。

ネットアップの最高マーケティング責任者(CMO)であるガビー・ボコは、「ネットアップとアストンマーティン・アラムコのチームは、ともに画期的パフォーマンスと真のイノベーションを追求することに専念していることから、パートナーとしての相性が優れています」と述べ、「アストンマーティンが60年以上離れていたフォーミュラ・ワン®サーキットに復帰した際、トラックの内外に関わらず、すべての場面で力を発揮するためのテクノロジー・パートナーを必要としていました。ネットアップは、彼らにフォーミュラ・ワン®のスピードに引けを取らないインテリジェント・データ・インフラストラクチャーを提供しています」と語っています。

アストンマーティン・アラムコが保管データを利用するそのスピードは非常に速く、明らかに競合優位性を生み出しています。ネットアップのデータ・ソリューションにより、同チームはより速い車両の設計とレース戦略の最適化を実現することでイノベーションの絶え間ない追求を推し進めています。

追加資料

ネットアップについて

ネットアップは、統合データ・ストレージ、統合データ・サービス、CloudOpsソリューションを組み合わせたインテリジェント・データ・インフラストラクチャー企業であり、ディスラプションの世界をすべての顧客にとってのチャンスに変えます。ネットアップは、サイロのないインフラストラクチャーを構築し、可観測性とAIを活用して、業界最高のデータ管理を実現します。世界最大のクラウドにネイティブに組み込まれた唯一のエンタープライズ・グレードのストレージ・サービスとして、当社のデータ・ストレージはシームレスな柔軟性を提供します。また、当社のデータ・サービスは優れたサイバー・レジリエンス、ガバナンス、およびアプリケーションの俊敏性によってデータの優位性を生み出します。当社のCloudOpsソリューションは、可観測性とAIを通じてパフォーマンスと効率の継続的な最適化を提供します。データの種類、ワークロード、環境を問わず、ネットアップによりお客様のデータ・インフラストラクチャーを変革でき、ビジネスの可能性を実現できます。詳細については、 www.netapp.com をご覧いただくか、XLinkedInFacebook、および Instagram にて当社をフォローしてください。

NETAPP、NETAPPロゴ、および www.netapp.com/TM に記載されているマークは、ネットアップ・インクの商標です。その他の企業名および製品名は、それぞれの所有者の商標である可能性があります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact:
Kenya Hayes
NetApp
kenya.hayes@netapp.com

Investor Contact:
Kris Newton
NetApp
kris.newton@netapp.com

情報提供元:
記事名:「アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ・ワン®のチームとネットアップが提携を更新