LUXEMBOURG--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --European High Growth Opportunities Securitization Fund(以下、当ファンド)は、European High Growth Opportunities Mancoが代表と運営を務め、両社ともアルファブルーオーシャンがアドバイザーを務める投資会社です。このほど、当ファンドはTony G Co-Investment Holdings Ltd.(以下、 同社)が2024年2月1日付で発表したプレスリリースに対する回答を発表します。同社は、2021年8月10日付けで発行された元本額128万8000ドルの同社の転換社債(以下、 社債)に基づく義務に拘束されないと主張し、当ファンドに対して株式を発行すると表明しました。

当ファンドは、同社の株主に対し、当ファンドが上記の株式発行を拒否すると同時に、同社が社債に基づく義務に拘束され、これに違反しているという主張を継続することをお知らせします。当ファンドは、オンタリオ州上級裁判所(以下、裁判所)が2024年11月22日に審理を予定している、同社に対する請求を継続します。当ファンドは、同社の経営陣と取締役会に対し、同社とすべての利害関係者に対する善管注意義務に拘束されていることを改めてお知らせします。

加えて、アンタナス・グオガ氏およびロン・アクラム氏をはじめとする同社、同社の経営陣および取締役会の行動を考慮し、現在当ファンドは本件に関し、カナダ証券取引所(以下、CSE)およびオンタリオ証券委員会から利用可能な、抑圧救済制度に基づく救済措置など、適応可能な償還方法を調査しています。

当ファンドの意見としては、同社は社債および当ファンドが開始した請求に基づく義務について、市場に明確なガイダンスを提供しなかった、あるいは重要な変更に関するプレスリリースの発行義務を遵守していなかったと認識しています。以下は、本件の経緯と当ファンドの措置です。

  • 社債および優先募集買取契約に基づく、複数の債務不履行(同社が当ファンドに対し適時に証券を発行しなかったこと、および同社の証券が2022年6月6日にCSEで取引停止処分を受けたことを含む)の結果、当ファンドは2022年11月21日に社債に基づく権利を行使し、社債の規定に基づき、総額128万8000ドルを現金で直ちに支払うよう同社に要請しました。
  • 同社が当ファンドに支払うべき金額には、年率40%の利息が月複利で発生します。しかしながら、同社は1年以上当ファンドへの返済義務を怠ったばかりか、インサイダーの利益のために利害関係者の価値を損なうと当ファンドが認識している、一連の当事者間取引の完遂に専念していました。
  • この現状を踏まえ、2022年12月7日、当ファンドは128万8000ドルおよび年率40%の月複利の利息の支払いを求める訴訟を裁判所に提起しました。
  • 2023年11月、当ファンドは同社との和解協議開催に合意し、紛争解決に向けた当ファンドの誠意ある努力の証として、裁判所の一定の期限を延長することに合意しました。しかしながら、2024年2月1日、同社は当ファンドに対する一方的な株式発行の表明とこれに伴うプレスリリースの発行により、和解協議を突然終了させました。

当ファンドは、当ファンドに対する株式発行の有効性を否定し、裁判所における訴訟を通じて、同社に対する求償を継続する予定です。

当ファンドは、同社による社債への義務遂行を目的に、法的措置を取らざるを得ない状況になったことを遺憾に思い、本件の早期解決を希望しています。

 

European High Growth Opportunities Securitization Fundは、ルクセンブルクを拠点とするファンドで、高成長企業への投資業務を行っています。

今後の予測について

本プレスリリースには将来の見通しに関する記述が含まれています。本プレスリリースに含まれる記述のうち、歴史的事実であることが明らかでないもの、または将来の事象に必然的に依存するものはすべて将来の見通しに関する記述であり、「予想する」、「信じる」、「期待する」、「見積もる」、「計画する」、「意図する」およびこれらに類似する表現は、一般的に将来の見通しに関する記述を識別するためのものです。以上の記述は、当ファンドの現時点での予想および現在入手可能な情報に基づいています。このため、将来の業績を保証するものではなく、予測困難なある程度のリスクと不確実性を伴い、正確でないことが判明する可能性のある、将来の事象に関する想定に基づいています。将来の見通しに関する記述には、多くのリスクや不確実性が含まれ、その多くは当ファンドが制御または予測する能力を超えているため、実際の結果は将来の見通しに関する記述で説明されているものと大きく異なる可能性があります。本プレスリリースに含まれる将来の見通しに関する記述には、特に社債および訴訟に関する当ファンドの意図に関する記述(和解の可能性およびそれに関連する同社の行動を含む)も含まれています。実際の結果や事象が現在の予想と大きく異なる可能性のある要因には、訴訟が同社にとって不利な方法で解決されること、および訴訟の防御、解決、または訴訟に関連する行為として、同社が当ファンドに対し、金額の支払いや株式発行を要請されることなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。本プレスリリースに含まれる将来の見通しに関する記述は、本プレスリリースの日付においてなされたものであり、当ファンドは、適用法により義務付けられている場合を除き、本プレスリリースに含まれる将来の見通しに関する記述を更新する義務を負いません。

CSEおよびその法的サービスの提供者は、本プレスリリースの妥当性または正確性について責任を負いません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

pr@abo.co

情報提供元:
記事名:「European High Growth Opportunities Securitization Fund、Tony G Co-Investment Holdings Ltd.のプレスリリースに対するコメントを発表