将来性のあるソフトウェア定義車両(SDV)を支えるために設計されたエフィニックスのFPGAが、現代における自動車の進化を牽引する独自の地位を確立

カリフォルニア州クパチーノ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --(ビジネスワイヤ) -- 革新的なプログラマブル・ロジック・ソリューションを手掛けるエフィニックス(Efinix®)は、オートモーティブ市場で急速に増加する車内・車外の電子アプリケーションの設計・開発を長期的に推進するため、特別に設計された FPGA ソリューション製品ラインを発表しました。自動車用の認証を取得済みの製品ラインは、ISO26262 認証を取得しているエフィニックスのEfinityツールスイートとともに、当社の自動車メーカー向けサービスの幅を広げるものです。



オートモーティブ市場向け FPGA ソリューションのひとつが、今回新たに発売された Titanium™ Ti375 です。先進的な 16nmプロセス・ノードで製造される Titanium FPGA は、3万5,000~100万ロジック・エレメントの小型パッケージで、低消費電力と高性能演算により、優れたパフォーマンスと効率を実現します。Titanium デバイスは現在 AEC-Q100 グレード 1 の認証を取得しています。

また、エフィニックスのオートモーティブ市場向けソリューションには、それぞれ1万3,000個と2万個のロジックエレメントを有する Trion® T13 と T20 も用意されており、ともに AEC-Q100 グレード 2 の認証を取得済みです。

「現代の自動車は、車輪のついたデータセンターといえます」と、エフィニックスの共同創設者であり最高経営責任者(CEO)兼社長のサミー・チャンは述べています。「つまるところ、当社がオートモーティブ市場向けソリューションの製品ラインを通じて自動車メーカーに提供しているのは、新しいテクノロジーや技術に対応するだけでなく、長い開発サイクルを通じて設計プロセスをサポートする強力で適応性のあるテクノロジーを実現するプラットフォームなのです。」

カーエレクトロニクスの急激な複雑化により、センサー、カメラ、AI アルゴリズム、車内ディスプレイ、インフォテインメントなど、カーエレクトロニクスのターゲットは拡大しています。エフィニックスの FPGA はすでに、LiDAR ユニットやバックミラーに代わるカメラ・モニタリング・システム、様々なディスプレイ・コントローラーを製造するメーカーに採用されています。

「低消費電力、高性能、そして組み込み AI が重要な鍵を握るオートモーティブ市場にとって、エフィニックスの FPGA は画期的な存在であることがすぐに証明されました」と、インテリジェント・ソリューションズ・グループのバイス・プレジデントである Ching-Lun Yan 氏は述べています。「当社のオートモーティブ市場向け製品の認証取得に向けた取り組みが完了しましたが、これはエフィニックス独自のバリュー・プロポジション(価値提案)を活用する世界中の数多くのお客様にとって非常によいタイミングといえます。」

エフィニックス独自のアーキテクチャは、暗号化によりコンフィギュレーションを盗難・改ざんから保護し、認証を用いて信頼できるコンフィギュレーションと OTA(over-the-air)アップデートを通じた将来性のある設計を実現することで、車載アプリケーションに重要なセキュリティを提供します。TitaniumおよびTrionのFPGAをサポートするエフィニックスのEfinityツール・スイートはISO26262認証を取得しており、ASIL-Dに対応しています。

この展開をサポートするため、エフィニックスは今週(3月27-28日)開催のバーチャルイベントであるAspenCore主催のオートモーティブ・テック・フォーラムにて講演を行います。マーケティング担当バイス・プレジデントのマーク・オリバーが、エフィニックスの車載対応 FPGA デバイスの最新イノベーションと、市場ニーズへの対応について講演します。オリバーの講演をお聞きになりたい方は、https://www.automotiveforum.eetimes.com/ よりご登録(無料)ください。

エフィニックスについて

革新的なプログラマブル製品を持つエフィニックス (Efinix®) は、低消費電力ながら高性能な Titanium FPGA シリコンプラットフォームを、メインストリーム市場のアプリケーションに提供することを約束します。エフィニックスの FPGA は、従来の FPGA 技術と比較して、電力面、性能、サイズの面で優れており、新しいアプリケーションを開拓し、市場投入までの時間を短縮します。Titanium デバイスは、35,000 ~ 1,000,000 ロジック・エレメントを搭載し、小型で低消費電力、大量生産に適した価格設定となっています。エフィニティ (Efinity®) 統合開発環境は、RTL からビットストリームまでの完全な FPGA 設計スイートを提供します。詳細情報については、http://www.efinixinc.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Steve Stratz
Relevanz Public Relations for Efinix
206.300.9134
steve@relevanzpr.com

情報提供元:
記事名:「エフィニックス、オートモーティブ市場向けの開発設計とアプリケーションへの促進・適応を実現するFPGA製品ラインを展開