• ウーバーが新たに投資するほか、ムバダラをはじめとする既存投資家の本ラウンドへの参加によりムーヴの評価額は7億5000万ドルに達し、同社のビジネスモデルがさらに高い評価を獲得
  • 今回の投資がムーヴの世界展開を後押しする形となり、同社は2025年末までに16の市場に事業を拡大予定
  • 今回の資金調達は、ムーヴが年間経常収益(ARR)1億1,500万ドル以上に達し、著しい成長をみせたその翌年に実施したもの
  • 当社業績は来年度中の黒字化に向け順調に推移
  • 本ラウンドにより、2020年の立ち上げ以来、株式による資金調達額は総額2億5,000万ドル、債務による資金調達額は総額2億1,000万ドルに到達

ドバイ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --モビリティ起業家のために車両所有へのアクセスを民主化する世界的なモビリティ・フィンテック企業であるムーヴは、シリーズB資金調達ラウンドで1億ドルを調達し、同社の評価額が7億5,000万ドルに達したと発表しました。ウーバーは前回の2023年におけるムーヴの資金調達ラウンドを主導したムバダラとともに、今回のラウンドに投資しています。



今回のラウンドにより、ムーヴは2025年末までにお客様に重点を置いた収益ベースの自動車ファイナンスを世界の16の市場に展開することが可能となります。展開にあたっては電気自動車(EV)に重点を置き、世界中のお客様にとってより持続可能で利用しやすいモビリティ・エコシステムの基盤を築いていきます。

ムーヴの創業者であるラディ・デラノ は次のように述べています。今回の発表は、当社にとって重要な節目となります。2020年にムーヴを設立したとき、当社には200万人を超えるアフリカのモビリティ起業家が抱える車両ファイナンスの深刻な不足という課題を解決したいという思いがありました。

「今回ウーバーをはじめとする企業が当社に投資したことは、かつては夢であったものが、今では誰の目にも明らかな現実になったことを示唆しています。当社の製品がお客様の生活にもたらす非常にポジティブな影響が、今回の資金調達によってさらに広がることになります。当社の熱意あるチームの絶え間ない努力と献身のおかげで、当社の歴史において重要な節目を迎えることができ、心から感謝しています。」

ムーヴは2020年に設立され、公平で利用しやすく、手頃な価格である収益ベースの自動車ファイナンスという選択肢をモビリティ起業家に提供することを目的としています。起業家や革新的なスタートアップがつながる場として頭角をあらわすアラブ首長国連邦を新たな本拠とし、進化を続けているムーヴとムバダラのパートナーシップは、アラブ首長国連邦の現地投資家とスタートアップのコラボレーションがアラブ首長国連邦をはじめとする世界の成長とイノベーションをどのように促進しているかを示す良い手本といえます。

アラブ首長国連邦はムーヴが完全一体型の充電ソリューションを始めた最初の市場であり、ムーヴの顧客専用の充電ステーション・ネットワークに投資する等、ムーヴにとって極めて重要な市場です。また、ムーヴはアラブ首長国連邦においてEV車両への移行を他に先駆けて実施しており、その結果、2023年にはウーバーUAEのプラットフォームで最大のEV走行回数を実現しています。持続可能性とイノベーションを重視した戦略は、この地域におけるモビリティの未来を形成し、経済の多様化と技術進歩に向けたアラブ首長国連邦のビジョンをサポートするという、ムーヴのコミットメントを明確に示すものです。

ムーヴはこれまでに3つの大陸で2万人以上のモビリティ起業家を支援しており、ムーヴの融資を受けた自動車の走行回数は3万回を超えています。その結果、年間経常収益は1億1,500万ドルを超え、黒字化に向けた重要な節目に到達することができました。

ムバダラのUAE投資プラットフォームでUAE分散投資担当エグゼクティブ・ディレクターを務めるAli Eid Al Mheiri氏は、次のように述べています。 「セカンドラウンドの資金調達を通じて、引き続きムーヴをサポートできることを誇りに思います。 これは、アラブ首長国連邦のスタートアップ企業エコシステムの育成に当社が尽力している証であり、ムーヴのビジョンと能力に対して当社が信頼を寄せていることを、改めて示すものでもあります。今回の追加投資は、地域社会に前向きな変化をもたらすために資金を使うというムバダラの戦略を示すものであり、アラブ首長国連邦全体のイノベーションと起業家精神を育成するためのものでもあります。」

ラディ・デラノは次のように締めくくっています。 「今回の投資はムーヴにとって大きな変革をもたらすものです。当社のプラットフォームに4万5,000台の車両を新たに導入することで、サービスを大幅に拡大することができます。今回の資金調達は当社にとって大きな節目であり、単に当社の事業運営能力を拡大するだけでなく、来年度までの黒字化達成にもつながるものです。当社は、ムーヴを持続可能でお客様を大事にし、収益性の高い企業にするべく全力を注いでいます。ムーヴの目標は、電動モビリティのリーダーになることであり、それが世界をゼロ・エミッションの未来へと導くことにつながると信じています。」

BofAセキュリティーズがムーヴの財務アドバイザーを務めました。

ムーヴについて

ムーヴは世界的なモビリティ・フィンテック企業であり、モビリティ起業家のために金融サービスへのアクセスを民主化しています。代替クレジット・スコアリング技術を配車サービスなどのプラットフォームに組み込むことにより、ムーヴは独自の業績および収益分析を活用して、それまでは金融サービスを受けることができなかった顧客の資金的支援を可能にしています。ムーヴはアフリカ、中東、ヨーロッパ、アジアにおける9の市場で事業を展開しています。顧客がムーヴの融資を受けた車両で走行した回数は現在までに3,000万回を超えています。

重要な事実

  • ムーヴは世界で8万人を超える人々の生活に良い影響を与えています。
  • 創業以来、ムーヴは2万人超の顧客にサービスを提供しています。
  • ムーヴの融資を受けた自動車の走行回数は3万回を超えています。
  • 創業以来、2億5,000万ドルを超える株式での資金調達と、2億1,000万ドルを超える債務での資金調達を実施しています。
  • 2023年の年間経常収益(ARR)は1億1,500万ドルに達しています。

編集者に対する注記

  • ウーバーのほか、既存の投資家であるムバダラ、The Latest Ventures、Africinvest、パーム・ドライブ・キャピタル、Triatlum Advisors AG、フューチャー・アフリカ等が投資家としてこのラウンドに参加しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Hotwire Global for Moove
Moove@hotwireglobal.com

Sarah Kemp
sarah.kemp@moove.io

情報提供元:
記事名:「ムーヴ、シリーズBラウンドで1億ドルの資金調達を実施