繊維くずから作られたCOOLMAX®および THERMOLITE®EcoMadeファイバーについて議論

デラウェア州ウィルミントン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --アパレル向けに革新的で持続可能なソリューションを開発する世界的リーダーであるザ・ライクラ・カンパニーは、3月20~21日にドイツで開催される「パフォーマンス・デイズ・ミュンヘン」セミナーへの参加を発表しました。このセミナーは繊維くずのポリエステルへのリサイクルに関する現状を探るものであり、商業規模での繊維リサイクル・システムに重点を置いたアクション指向の非営利団体アクセラレーティング・サーキュラリティーが主催しています。





ザ・ライクラ・カンパニーで持続可能な事業開発担当ディレクターを務めるジーン・ヘゲダスは、見本市の開催期間中、午後3時から4時半までリアリティ・ゾーンで毎日開催される「リサイクル・ポリエステル・データベースの立ち上げ」セッションのパネリストを務めます。このプラットフォームには、繊維原料を自社のプロセスや製品に取り入れているポリエステルのリサイクル業者や繊維メーカーが集まります。

プレゼンテーション終了後は、パネリストが繊維くずを利用する際の課題やそれを克服する方法について議論します。その後グループに分かれ、ブランドや小売業者と供給業者が直接詳しい話をする機会が設けられる予定です。

ザ・ライクラ・カンパニーは繊維くずから作られる特殊ポリエステル繊維の開発におけるリーダー的存在であり、2021年以来、100%繊維くずから作られたCOOLMAX®および THERMOLITE®EcoMadeファイバーを提供しています。これらの繊維は新品と変わらない品質で、ステープル(短繊維)、フィラメント(長繊維)、ガラス繊維の形態があり、機能性ウェアやアウトドアウェア、ソックス、既製服といった幅広い用途に利用されています。

繊維くずから作られた製品を調達することのメリットをお客様に理解してもらうため、ザ・ライクラ・カンパニーは昨年、「このチャンスを無駄にしないで(Don’t Waste this Opportunity)」というキャッチフレーズを掲げたプロモーション・キャンペーン「Waste for Good」を新たに開始しました。これは、COOLMAX®およびTHERMOLITE®EcoMadeの技術によりアパレル・繊維産業における循環性の発展を支えていることをメッセージとして伝えるものです。

「当社は、このイベントの主催者であり繊維くずを材料として利用することの重要性を打ち出し、業界に循環する仕組みを作る舞台を用意してくれたアクセラレーティング・サーキュラリティーに感謝しています」と、ヘゲダスは述べています。「今後数年のうちに再生ボトルの供給が不足するといわれており、ボトリング企業はリサイクルのための供給を確保すべく奔走しています。こうした状況を踏まえると、今回の取り組みは非常に重要です。」

COOLMAX® EcoMadeおよびTHERMOLITE®EcoMade技術に関するウェブページで詳細をご確認ください。

ザ・ライクラ・カンパニーについて

ザ・ライクラ・カンパニーは、アパレル業界やパーソナルケア業界向けの繊維および技術ソリューションの革新と創造をもたらしています。保有する主要消費者ブランドには、LYCRA®、LYCRA HyFit ®、LYCRA ® T400 ®、COOLMAX ®、THERMOLITE ®、ELASPAN ®、SUPPLEX ®、TACTEL ®があります。米国デラウェア州ウィルミントンに本社を置くザ・ライクラ・カンパニーは、持続可能な製品、技術的専門知識、マーケティングサポート、LYCRA ONE™市場で世界的に認められています。ザ・ライクラ・カンパニーは、快適さや性能の持続性を求める消費者のニーズに応えるために設計された独自のイノベーションを開発することで、お客さまの製品に付加価値を与えることに重点を置いています。詳細については、lycra.comをご覧ください。

COOLMAX®およびTHERMOLITE®はザ・ライクラ・カンパニーの商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Karie J. Ford
Karie.J.Ford@lycra.com

情報提供元:
記事名:「ザ・ライクラ・カンパニー、繊維リサイクルに関するパフォーマンス・デイズ・セミナーに参加