シカゴ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --世界をリードするコンシューマー・インテリジェンス企業のNIQは、R. デーン(デーン)・モールディン氏が2024年3月18日付で最高変革責任者(CTO)として入社したことを発表しました。



モールディン氏の知識や技能はオペレーション、戦略、セールスイネーブルメント(sales enablement)、製品開発、分析、カスタマーサービス、コンプライアンスの専門知識など多岐に渡ります。同氏はトランスユニオンからNIQに入社します。トランスユニオンではEVP(エグゼクティブ・バイス・プレジデント)兼最高執行責任者(COO)を務め、その前はEVP兼最高製品責任者(CPO)でした。モールディン氏は最高執行責任者(COO)であるトレイシー・マッセイの直属で、当社の執行委員会のメンバーでもあります。

直近まで同職であったカーティス・ミラーは、戦略および企業開発を担当する最高戦略責任者(CSO)に指名されました。

「小売業者と製造業者の顧客を活動の中心に置くという我々の旅を続けていくため、デーンは市場開拓戦略とセールスイネーブルメント・チームを率いることになります。Full View™を提供するという約束を追求する上で、「人々が望むものを世界に示す」という我々の目的を果たし、顧客の成長を可能にするために、人材とイノベーション両方への投資を続けていきます。」と、トレイシー・マッセイは述べています。

「強い顧客志向と、データや分析を活用したビジネスの問題解決に熟達しているデーンは、彼が有する明瞭な資格一式により、私たちリーダーシップチームの能力を補完し、野心的な成長目標の達成を助けてくれるでしょう。彼の入社を嬉しく思います。」とマッセイは加えます。

「このエキサイティングな時期にNIQに入社することができ、ワクワクしています。多くのNIQのシニアリーダーと知り合う機会があり、彼らのリーダーシップの質、顧客中心の運営、包括的で協力的な文化に本当に感銘を受けています。」モールディン氏は述べています。

「ビジネスを変革してきた実績のあるデーンをNIQに迎えることができて嬉しく思います。GfK と当社の統合の重要な仕事など、これまで力強く変革を前進させてきており、デーンは我々の計画を加速するユニークな存在となります。」と、会長兼最高経営責任者(CEO)のジム・ペックは述べています。

NIQについて
世界をリードするコンシューマー・インテリジェンス企業のNIQは、消費者の購買行動を完全に把握し、成長への新たな道筋を明らかにしています。2023年にGfKと合併し、業界をけん引する2社が結びついたことで比類ない世界規模の事業範囲を達成しました。当社は、最先端プラットフォームでの高度な分析から導き出される全体的な小売業の解釈と最大限に包括的な消費者インサイトを用いて「Full View™ 」を提供しています。

NIQはアドベント・インターナショナルのポートフォリオ企業で、100以上の市場で事業を展開し、世界人口の90%以上を網羅しています。詳細については、 NIQ.com.

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media
Jill Saletta ( Jill.Saletta@NIQ.com )

情報提供元:
記事名:「R. デーン・モールディン氏をNIQの最高変革責任者(CTO)に指名