人工知能のパイオニアが結集し、ビッグテックが支配する既存のAIプロジェクトに対する分散型代替案を築く

$FET、$OCEAN、$AGIXトークンの合計価値は2024年3月26日時点で76億米ドル

スイス・ツーク、シンガポール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --世界初の分散型人工知能(AI)ネットワークであるSingularityNET(SNET)、新しいAIエコノミー用Web3プラットフォームであるFetch.ai、データ保護用の分散型データ交換プラットフォームであるオーシャン・プロトコルが、人工超知能アライアンスの立ち上げを発表します。数十億のトークン合併による最大のオープンソースかつ分散型ネットワークの構築は、汎用人工知能(AGI)に向けた競争を加速する重要な一歩となります。

この提携は、分散型AIをリードする3人の頭脳の発案によるものです。「AGIの父」と呼ばれるBen Goertzel博士は、ブロックチェーンベースのマーケットプレイスおよびAIサービス用フレームワークであるSNETを立ち上げました。DeepMindの創設投資者であるHumayun Sheikh氏は、AIアプリケーションのデプロイと商業科を行うための分散型マルチエージェントプラットフォームであるFetch.aiを構築しました。ほとんどのチップ設計者がムーアの法則を駆動するために利用しているAIベースのソフトウェアアーキテクトであるTrent McConaghy氏は、オーシャン・プロトコルを立ち上げ、データ交換およびトークン化されたデータ資産のシームレスな取引を行うためのプラットフォームを提供しています。

当アライアンス結成の一環として、3つのアライアンスメンバーのネットワークの原動力である$FET、$OCEAN、$AGIXは、結合した分散型AIネットワーク全域で機能する単一の$ASIトークンに統合され、これまでにないスケールと力を持つようになります。

超インテリジェンスを実現するために構築

SNETのCEO、創業者であるBen Goerzel博士は次のように述べています。「AI革命が強まるにつれ、AGIとASIは、偏った関心を持つ特定の団体によって所有されたり、制御されたりしないようにすることが不可欠です。これらは、オープンで民主的かつ、分散的なやり方でロールアウトされるべきものです。これは、SNET、Fetch.ai、オーシャン・プロトコルの設立当初からの共同ビジョンです。だからこそ、私たちの3つのプロジェクトが結集することでビッグテックに対抗するためのより大きな力を備え、AI世界の重心を分散型エコシステムへと移行させるトークノミクスネットワークを構成することは、非常に理にかなったことです。」

Fetch.aiのCEO、創業者であるHumayun Sheikh氏は次のように述べています。「AIイノベーションが急激に進む世界において、ビッグテックの巨人が見出しや話題を独占しています。私たちは、別の道を作り上げます。このトークン合併による私たちの使命は、私たちのプラットフォームを結集することで、開発者とユーザー間の直接的なやり取りを促進する倫理的かつ透明性を持つAIを確保し、従来の一元的な権威によるゲートキーパーを回避することです。こうすることで、データプライバシーを強化し、これまで以上に民主的かつ信頼できるAIエコシステムを促進し、世界中の参加者の関与を促すことができます。」

説得力のある戦略的根拠

  • AIの台頭と3つのAIプロジェクトの成長が触媒となります。 この提携は、AIプロジェクトが前例のない成長を遂げた時期から生まれました。この取引により、これらの影響力を持つリーダー3者が、ビッグテックのAI開発、利用、収益化に対する支配に対抗する、強力かつ説得力のある代替案を築きます。
  • 分散型AIインフラストラクチャを大規模に構築します。 分散型AIは、ブロックチェーン技術を活用します。内部の仕組みは一般公開されず、共通の目的に向けて機械の知能を調整するためのオープンネットワークになっています。SNET、Fetch.ai、オーシャン・プロトコルの研究、ブランド、技術、製品を融合することで、倫理的かつ信頼できる慣行を保証するスケーラブルなAIインフラストラクチャを築くための基盤ができます。
  • AGIへの投資を加速します。 Goertzel、Sheikh、McConaghy各氏は、人工知能の信奉者であり、早期採用者であり、AGIの実現に尽力してきました。この超知能アライアンスは、それぞれの基盤の技術の商業化を促進し、最先端のAIプラットフォームや大規模なデータベースへの幅広いアクセスを可能にするものです。この画期的な動きにより、ブロックチェーン上のAGIへの道を進めます。

取引の詳細

オーシャン・プロトコルのCEO、共同創業者であるBruce Pon氏は、この合併は、世界で競争できるスケールを備えた分散型テクノロジーの垂直統合スタックの見通しを実現できるものであると確信しています。Pon氏は次のように述べています。「私たちのテクノロジーを合わせることで、AGIの研究開発、応用、商業化におけるリーダーとなります。統合された$ASIトークンが、共通のインセンティブを持つすべてのアクターを結びつけ、調整します。$ASIトークンは、データアクセストークンとしてパブリックネットワークを保護し、従来の銀行取引や支払いレールを必要としない計算を解放するために使用されます。これは、マシンエコノミーのネイティブ通貨となります。」

提案がそれぞれのコミュニティから過半数の承認を得た場合、次のことが起こります。

- $FETが$ASIにリブランディングされ、合計26億3055万トークンが供給されます。
- $AGIXトークンは$ASIに移行します。換算レートは0.433350:1です。
- $OCEANトークンは$ASIに移行します。換算レートは0.433226:1です。
- 3つのトークンすべての、2024年3月26日時点のFDVが$ASIに完全に引き継がれた場合、合計FDVは合計76億米ドルになります。

リーダーシップ、ガバナンス

このトークン合併が完了すると、人工超知能アライアンスの運営評議会が結成され、新たに合併したトークノミクスネットワークの運営をモニターし、ガイドします。Ben Goertzel、Humayun Sheikh、Bruce Pon、Trent McConaghy各氏がアライアンスを主導します。3つの合併ネットワークの発展をガイドする組織であるFetch.ai、オーシャン・プロトコル・ファウンデーション、SNETファウンデーションは、今後も別々の事業体として運営を続けますが、共通の$ASIトークノミクスネットワークおよび、アライアンスの運営において緊密に連携します。

Goerzel氏はさらに、次のように述べています。「この統合ネットワークが機能するための多くの商業および研究の目標には、論理的および科学的推論や芸術的創造性などの主要分野で世界的に優れた機能を備えた分散型ニューラルシンボリックAGIシステムを立ち上げることが含まれます。このようなシステムの影響力は、重要なLLMにおいて見られたものを大きく上回り、世界の経済を有益な分散型AGIとASIの新時代に移行する可能性を持ちます。」

SingularityNETについて

Ben Goertzel博士が創業したSingularityNETは、分散型、民主的、包括的かつ有益な汎用人工知能(AGI)を築くことを使命としています。Ben Goertzel博士は、AGIは一元的な事業体から独立したものであり、どのような人にもオープンであり、単一の企業や国の狭い目標に限定されないものであるべきと考えています。SNETチームは、経験豊富なエンジニア、科学者、研究者、起業家、マーケティング担当者などを擁しています。さらに、コアプラットフォームとAIチームは、金融、ロボティクス、バイオメディカルAI、メディア、アート、エンターテインメントなどの応用分野に特化した専門チームによって補完されています。

SNETについて詳しくは、https://singularitynet.io/ をご覧ください。

Fetch.aiについて

ケンブリッジを拠点とするAI企業である Fetch.ai は、AIエージェントベースのテクノロジーを通じて、インテリジェントでコネクテッドな世界の可能性を再定義しています。Fetch.aiのインフラストラクチャ技術により、開発者や企業は新世代のAIアプリケーション向けのエージェントベースのモジュール式プラットフォームを利用して、構築、展開、収益化を行うことができます。同社の主力製品である DeltaV は、言語モデル(LLM)とAIエージェントの融合によりユーザーをサービスに結び付け、現在の検索エクスペリエンスを再構築する、オープンでダイナミックな市場を実現します。

詳しくは、www.fetch.ai およびXをご覧ください。

オーシャン・プロトコルについて

オーシャンは、AIとデータの競争の場を平等にするために設立されました。企業や個人は、オーシャンのツールを利用することで、トークン化されたデータ資産をシームレスに取引し、AIモデルのライフサイクル全体にわたってデータを管理することができます。オーシャンを搭載したアプリには、エンタープライズグレードのデータ交換、データサイエンスコンテスト、データDAOなどがあります。Ocean Predictoor製品は、発売から6か月で月間8億ドル以上の取引量を記録しており、基盤モデルをグローバルに拡張するためのロードマップが備わっています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact
FTI Consulting
Fetch.ai@fticonsulting.com

情報提供元:
記事名:「Fetch.ai、オーシャン・プロトコル、SingularityNETが提携し、人工超知能アライアンスを設立