アラブ首長国連邦、ドバイ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --ドバイ金融市場(DFM)に上場するドバイの独占的な電気・水道供給事業者で、最大の冷房サービスプロバイダーの過半数を所有するドバイ電力・水道局(ISIN: AED001801011)(シンボル:DEWA)は、2024年3月28日 に開催された株主総会において、2024年4月8日 を権利確定日とする総額31億AEDの配当支払いを承認したことを報告しました。





株主総会の詳細

DEWA取締役会長のマタル・フマイド・アル・タイヤ閣下が議長を務めた同総会には、DEWAのMD兼最高経営責任者(CEO)でDEWAの取締役を務め、85.9%の株式を保有するサイード・ムハンマド・アル・タイヤ閣下が出席しました。同総会は、2024年3月28日に、 ドバイのケンピンスキー・ザ・ブールバード・ホテルおよびオンラインで開催されました。

魅力的な配当利回り

権利確定日である2024年4月8日 (権利付最終日は2024年4月4日) より前にDEWAの株式を購入した株主の今後12か月間の配当利回りは、IPO価格の1株当たり2.48ディルハムに基づくと5.0%となります。

「賢明な指導者による洞察に満ちたビジョンと賢明な指示のおかげで、ドバイは貿易、金融、観光、グリーンエコノミーの世界的ハブとなりました。DEWAは、エネルギーや水の需要の増加にドバイのインフラを確実に対応させるという点で重要な役割を果たしています。私たちのたゆまぬ努力はDEWAの実績に貢献し、クリーンエネルギーへの移行を強調し、DEWAの世界的リーダーシップを確立しました」と、マタル・アル・タイヤ閣下は述べています。

「今後について、私は2024年の経営および財務の見通しを楽観視しています。観光業の活性化、我々のサービスに対する住宅および商業需要の増加、およびUAEにおける日中の活動人口の増加は、我々のビジネスをさらに成長させる機会を示す有望な指標です。2023年のDEWAの年間売上高は290億AED、営業利益は87億AED、EBITDAは147億AEDを超え、いずれもDEWAの過去最高を記録しました」と、サイード・アル・タイヤ閣下は述べています。

詳細情報については、DEWAのウェブサイトhttps://www.dewa.gov.ae/en/investor-relations
およびDFMのウェブサイト
https://www.dfm.ae/en/issuers/listed-securities/securities/company-profile-page?id=DEWAをご覧ください。

配信元: AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Shaikha Almheiri
Dubai Electricity and Water Authority
00971552288228
For investor relations, please contact: dewainvestors@dewa.gov.ae
For media, please contact: media@dewa.gov.ae

情報提供元:
記事名:「ドバイ電力・水道局(PJSC)の株主、31億UAEディルハムの配当支払いを承認