ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --電気自動車(EV)の革新的な充電ソリューションやサービスを提供するAutel Energyは、第一回EVergreenにて、世界中の数百人の参加者が約5,000本の木の植樹を行ったグローバル植樹活動が成功したことを発表しました。この活動は、推定219万kgの二酸化炭素(CO2)の排出量削減に匹敵し、Autel Energyとそのパートナーが、持続可能な未来に向けたESG目標への取組み活動を強調するものです。





パートナーの体験談とNGOからのフィードバック

この活動についてあるパートナーは、「私たちは、より良い世界とクリーンエネルギーについて話しているだけでなく、実際に地面にシャベルを入れる事により、世界に一歩を踏み出していることを示しています。」と話をしました。 関係する非政府組織(NGO)は、環境保全に対する積極的な取組み活動に対し、心から感謝の意を表しました。

植樹外の活動:ESGに向けたオーガニックなアプローチ

Autel Energyは、総合的にESG戦略を推進しています。ESG目標を達成するために、生産から運営に至るまで、その基本原則において環境の持続可能性を優先しています。Amazon ( https://amzn.to/3VSaogT)で発売した木目調モデルのMaxiCharger AC Liteは、環境に配慮した100%リサイクル可能なボディと95%リサイクル可能なパッケージを採用し、揮発性有機化合物(VOC)の排出量を60%削減しました。さらに組織全体にわたる有害排出物の削減、従業員の健康増進プログラムの実施、使い捨てプラスチックの削減し進歩的で持続可能な方針による厳格な環境保全の遵守にも努めています。これらの行動は、あらゆるレベルで持続可能な活動実践を統合する、Autelの献身的の活動を反映しており、環境にやさしい地球への貢献を示しています。

EVergreenアプリ機能の紹介:EVを充電して木を植えよう

Autel Energyは、Autel充電アプリのEVergreen Challenge機能を発表し、ユーザーがEVを充電するだけで環境保全に貢献できるようにしました。充電アプリを利用してCO2削減目標を達成すると、Autelがユーザーに代わって植樹を行い、現実生活に影響を与える仕組みです。

継続的な持続可能性に向けて

Autel Energyは、先見的なEVergreen活動を通じ、持続可能性と環境保護意識の推進役割を果たしています。Autel Energyは、企業との相乗的なパートナーシップを築き、ビジネスのあらゆる面で持続可能性を具現化し、業界のより持続可能な目指して進むだけでなく、企業からのCO2の排出量を大幅に削減の推進を再定義しています。この取組み、国連の持続可能な開発目標を達成する為の始まりにすぎず、環境持続可能性に対する新たな時代の到来を告げるものです。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Jia Hui Huang
marketing.jp@autel.com

情報提供元:
記事名:「Autel Energyは、グローバルESGの取組みに成功: EVergreenの初の活動にて約5,000本の木の植樹を実施