アンディ・チャンピオンが新たに入社し、欧州・中東・アフリカ地域(EMEA)のGo-To-Market戦略の陣頭指揮を執るとともに、国際的な事業拡大に向けた取り組みを統括

サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --B2B企業がパイプラインを作成、管理し、収益につなげる方法に革命をもたらす主要なプラットフォームである6sense®は、アンディ・チャンピオンをGTM international担当上級副社長に任命したことを発表しました。チャンピオンは、30年以上にわたって高成長企業、グローバル志向の非上場企業、上場企業で営業とマーケティングに携わってきた優れた経歴の持ち主で、その関係性の高い経験を生かしてこの組織に貢献します。



「アンディは、人員と収益の両面で組織を成長させてきた実績があり、私たちのグローバルな成長計画には欠かせない存在です。」と、6senseの営業担当SVPであるマーク・イーバートは述べています。「それだけでなく、彼は楽しくてパフォーマンスの高いチーム文化を育み、発展させるユニークな能力も持ち合わせています。ロンドンの新しいオフィス・スペースも間もなくオープンしますし、6senseの次の章にとても期待しています。」

今回の発表は、B2Bの営業・マーケティング領域における6senseの影響力が増大していることを明確に示すものであり、新たな地域や縦断的な領域への継続的な拡大は、今後数年間の重要な事業目標となります。アカウント・ベースド・マーケティング(ABM)は、EMEA地域で大きな反響を呼んでおり、パーソナライズされたエンゲージメントを促進し、ターゲットとするアカウントから予測可能な収益成長を生み出す有効性が企業に認められています。特にEMEA地域の成長率は前年比で30%以上伸び、多くの競合他社を上回っています。

6senseのEMEA本部は、ロンドンのより広いオフィススペースに移転します。これは、現在6senseの事業の大部分を占めるこの地域で営業チームの存在感を高め、市場への対応力を強化するという組織の決意を強調するものです。

「営業の効率化は、特に現代のB2Bの環境が進化し続け、ますます複雑になっていく中で極めて重要です。従来の営業・マーケティング戦術ではもはや十分ではなく、革新的な企業だけが成功を収めることができます。」と、チャンピオンは述べています。「この変革期に6senseに参加できることを嬉しく思いますし、6senseのソリューションによって、新規および既存の顧客が最も差し迫ったビジネス上の課題に直接対処できるよう支援したいと思っています。」

6senseについて

6senseは、最も購買の可能性が高い顧客を予測し、匿名の購買チームとエンゲージするための最適なアクションを推奨することで、B2B企業が収益を生み出す方法に革命を起こすことを使命としています。6sense Revenue AIは、高品質のパイプラインを作成、管理し、収益に転換する能力を解き放つ唯一の営業・マーケティング・プラットフォームです。顧客からのレポートでは、平均契約額が2倍、勝率が4倍に跳ね上がり、成約までの時間が20~40%短縮されたと報告されています。6sense®で全てを解明し、全てを実現しましょう。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact:
pr@6sense.com

情報提供元:
記事名:「元DocuSign、Oracleのリーダーが6senseのGTM International担当上級副社長に就任