サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --革新的なデジタル決済ソリューションのリーダーであるストロングホールドは、ISO 20022金融メッセージング規格の推進者である 20022 Labsを買収したことを発表しました。この戦略的な買収により、ストロングホールドの独自決済ネットワークであるStrongholdNETが大幅に強化され、ISO 20022規格との整合性がさらに高まります。



20022 Labsは、決済処理における豊富なデータと専門知識で知られており、その知識、技術、そして人脈をストロングホールドにもたらします。この提携の目的は、決済システムの革新を推進し、業務効率の改善、財務管理の強化、顧客体験の向上、堅牢な規制遵守、デジタル経済における国内外の相互運用性を実現することで、企業に競争優位性を提供することにあります。StrongholdNETの標準実装を強化することで、従来型と最新型のストロングホールド エコシステムで利用可能なさまざまな決済ネットワーク間の相互運用性が向上します。

「今回の統合は、20022 Labsの専門知識を取り込むことで、StrongholdNETをはじめとする当社のプラットフォームを飛躍的に進化させ、革新的な決済ソリューションを提供するという当社のビジョンに沿ったものです。この買収により、当社はグローバルな金融アクセシビリティと効率性を促進するというコミットメントをさらに強化します」と、ストロングホールドのCEOであるタミー・キャンプは述べています。

20022 Labsの創設者であるマイク・シガール氏は、次のように述べています。「当社は、ISO 20022規格を活用したデータ豊富な決済サービスの推進を通じて、世界中のデジタル決済システムに、卓越した効率性と価値を提供することを目指しています。弊社の取り組みが、このミッションにおけるストロングホールドのリーダーシップ強化に貢献できることを大変嬉しく思います。」

ストロングホールドは、20022 Labsとの統合は単なる組織統合ではなく、金融サービスとの関わり方を革新するビジョンを融合させたものであると確信しています。ISO 20022メッセージング規格を自社のプラットフォーム上で世界中の開発者コミュニティに公開することで、ストロングホールドはこの革新的な技術の普及を加速させます。こうして戦略的に公開することで、開発者はISO 20022のすべての機能を活用したアプリケーションを構築できるようになり、世界中の決済処理において革新と効率化が促進されます。

詳細情報は、https://20022labs.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Angie Keh
press@stronghold.co

情報提供元:
記事名:「ストロングホールド、20022 Labsの戦略的買収により決済ネットワークを強化