サンディエゴ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --革新的な研究として1前臨床試験のDNAサンプルの解析が行われ、2初回完全寛解(CR)の急性骨髄性白血病(AML)成人被験者の血液中に残存するFLT3遺伝子内縦列重複(ITD)変異の検出が、同種造血細胞移植(HCT)後の転帰の悪化に関連していることが明らかになりました。



この追跡研究では、前臨床試験から得られた537人のFLT3-ITD AML被験者のDNAを対象に、インビボスクライブのRUO FLT3ITD MRDアッセイキットとバイオインフォマティクスソフトウェアを用いた測定可能残存病変(MRD)検査を実施しました。その結果、移植後の再発と死亡率を予測する上で、最初のCRにおける残存 FLT3ITDの重要性が明らかになりました。

この研究から、同種造血細胞移植前に残存FLT3-ITDが検出されたAML患者では、移植後の再発および死亡のリスクが上昇する傾向があり、研究集団で用量依存的な相関性があるという重要な知見が得られました。

ワシントンD.C.に所在するバージニア工科大学FBRIがん研究センターの所長兼本研究の研究責任者であるフーリガン博士は、次のように述べています。「この研究は、成人のAML患者における残存FLT3-ITDの移植前検査の価値を明らかにするものです。MRD検査の結果と移植後の転帰との関連性は、生存率を改善する治療方針を改良する可能性を高めるでしょう。」

今後、現在の標準治療プロトコルでは効果が得られない可能性のある高リスク集団に対して、代替的なアプローチを探求するさらなる研究が必要です。

インビボスクライブの最高経営責任者(CSO)兼最高戦略責任者(CEO)であるジェフ・ミラー博士は、次のようにコメントしています。「私たちの研究用検査とソフトウェアを用いて、臨床転帰の顕著な関連性が明確になったことを嬉しく思います。この調査研究によって、AMLのモニタリングと治療に関する我々の理解を深めることができます。」

インビボスクライブについて
インビボスクライブは、Precision Diagnostics®(精密診断薬)による生活改善を使命とするグローバルな垂直統合型バイオテクノロジー企業です。30年近くにわたり、精密医療の分野を発展させるために高品質で標準化された研究用試薬、試験、バイオインフォマティクスツールを提供することで、世界中のヘルスケアの質を向上させてきました。同社はコンパニオン診断薬の開発・商業化に関心を持つ世界的な製薬企業との提携で成功した実績があり、薬事サービスとラボサービスの両方で専門知識を提供しています。販売可能なキットや、世界各地にある臨床ラボ子会社(LabPMM)を通じて臨床試験サービスも提供しており、診断薬の開発から臨床試験、薬事申請、商品化までの理想的なパートナーです。詳細については、www.invivoscribe.comをご覧いただくか、inquiry@invivoscribe.comまでご連絡ください。LinkedInでのフォローもお待ちしています。

1. 急性骨髄性白血病に対する同種移植の測定可能残存FLT3遺伝子内縦列重複、Dillon氏、、JAMA Oncology、オンライン版2024年5月2日掲載
2. 造血細胞移植前の急性骨髄性白血病疾患成人の残存疾患検知のためのDNAシーケンシング、 Dillon氏、、JAMA 2023; 329 (9): 745-755

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

inquiry@invivoscribe.com

情報提供元:
記事名:「AMLにおける寛解期に残存するFLT3-ITD変異と移植後の転帰との間に重要な関連があることが研究によって判明