アトランタ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --アルバリアは、エンタープライズ カスタマー エクスペリエンス ソリューションの大手プロバイダーであるアバイヤとのパートナーシップを拡大し、オムニチャネル準拠のアウトバウンド顧客エンゲージメントのためのエンタープライズ規模の高性能ソリューションにAlvaria CX™プラットフォームを含めることを発表しました。



Alvaria CXは、5月末までにAvaya One Sourceストアで入手可能になります。アルバリアは、5月13~15日にコロラド州デンバーで開催されるイベントである「Avaya ENGAGE」で、アバイヤの顧客およびパートナー向けにAlvaria CXの高性能オムニチャネル アウトバウンド キャンペーン機能のデモを行います。Alvaria CXは、オンプレミス、プライベート クラウド、パブリック クラウド、仮想プライベート クラウド(VPC)、ハイブリッドなど、顧客が選択する環境で追加のコンプライアンス オプションと展開ソリューションを提供することで、アバイヤで利用可能なアルバリアのサービスを拡張します。

アバイヤ上級副社長兼最高製品責任者のオマー・ジャバイド氏は、「アルバリアのアウトバウンド キャンペーンおよびコンプライアンス管理ツールと、Avaya Experience Platform™対応コールセンター エージェントとの組み合わせは、洗練されたアウトバウンド エンゲージメント戦略を持つアバイヤの企業顧客とパートナーとそれらの企業をサポートするパートナーのニーズに対処するのに役立ちます」と述べています。

アルバリアのCEOであるジェフ・コッテンは、「アバイヤとそのチャネル パートナーを通じてアルバリア ポートフォリオの一部として利用できるようになったAlvaria CXの追加によ、当社はさらにパートナーシップを拡大し、アバイヤのグローバル パートナー ネットワークとお客様に、最高レベルのプロアクティブなアウトリーチ ソリューションを提供する機会を得ることになります」と述べています。

アルバリアは「Avaya ENGAGE 2024」のスポンサーの一社でもあります。 ご計画いただき、ぜひ当社のDeveloper Marketplace (開発者マーケットプレース、ブース番号530) までお越しください。

アルバリアについて

アルバリアは、チームや顧客とのつながりを強化するテクノロジーを開発する企業です。創業50年となる同社は、影響力のあるコールセンター テクノロジー企業の2社であるアスペクト・ソフトウェアとノーブル・システムズの合併によって設立されました。その基盤は、グローバルな大企業や組織向けのカスタマイズ・洗練化、豊富な機能やインテリジェントに設計された従業員管理およびコールセンター インフラソリューションの提供にフォーカスを置いて構築されています。アルバリアは、API経由でアクセス可能な独自のコンポーネントの広範なエコシステムをサポートしており、さらに戦略的統合も推進しています。これにより、顧客やパートナーは、必要とするセキュリティ、柔軟性、カスタマイズ性を備えたコールセンターを自社のペースでアップグレードすることができます。詳細は、www.alvaria.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Alvaria Media Inquiries
press@alvaria.com

Avaya Media Inquiries
Avaya Corporate PR:
Corpcommsteam@avaya.com

情報提供元:
記事名:「アルバリアがアバイヤとのパートナーシップを拡大し、Alvaria CX Premierでエンタープライズ規模のオムニチャネル対応アウトバウンド エンゲージメントを追加