• 次世代ファルコン2シリーズ、オープンソース、多言語、マルチモーダルのAIモデルを発表 - Vision-to-Languageの能力を持つ唯一のAIモデル
  • 新しいファルコン2 11Bは、ハギング・フェイスのリーダーボード独自の検証において、メタのラマ3 8Bを上回り、グーグルの主要モデルであるGemma 7Bと同等の性能を発揮
  • 当面の計画には、機械学習機能を強化するための「Mixture of Experts」の探求が含まれる

アラブ首長国連邦・アブダビ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --アブダビ先端技術研究評議会(ATRC)の応用研究の柱であり、世界有数の科学研究センターである 技術イノベーション研究所(TII)は、高名な大規模言語モデル(LLM)の第2弾、ファルコン2を発表しました。このシリーズでは、2つの画期的なバージョンを公開しました:ファルコン2 11Bは、110億個のパラメータを持つ5.5兆個のトークンで学習された、より効率的で利用しやすいLLMです。ファルコン2 11B VLMは、視覚入力をテキスト出力にシームレスに変換できるVLM(Vision-to-Language Model)機能が特徴です。どちらのモデルも多言語に対応していますが、特にファルコン2 11B VLMは、TII初のマルチモーダルモデルであり、現在トップクラスの市場において画像からテキストへの変換機能を持つ唯一のモデルとして際立っており、AIイノベーションの重要な進化を示しています。





ファルコン2 11Bは、事前学習済みモデルの中で同クラスのいくつかの著名なAIモデルとテストした結果、80億パラメータ(8B)を持つメタの新発売のラマ3の性能を上回り、1位だったグーグルのGemma 7Bと同等の性能を示しました(ファルコン2 11B:64.28対Gemma 7B:64.29)。これは、オープンLLMのための客観的な評価ツールとグローバル・リーダーボードをホストする米国のプラットフォームであるハギング・フェイスによって独自に検証されたものです。さらに重要なことは、ファルコン2 11Bと11B VLMはともにオープンソースであり、世界中の開発者が無制限にアクセスできるようになっています。近い将来、ファルコン2の次世代モデルの幅を広げ、多様なサイズを導入する計画です。これらのモデルは、「Mixture of Experts」(MoE)のような高度な機械学習機能によってさらに強化され、その性能をさらに洗練されたレベルにまで押し上げることを目指します。

これまでにリリースされたTIIのAIモデルはすべて、オープンソースLLMの中で最も強力なものとして、世界で常にトップクラスにランクされています。スケールダウンされ、多機能化された新しいFalcon 2 11Bモデルは、進化し続ける生成AIの世界において、TIIにさらなる市場への普及をもたらすことでしょう。

多言語能力を備えたファルコン2 11Bモデルは、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ポルトガル語、その他様々な言語のタスクにシームレスに取り組み、その多様性を豊かにし、多様なシナリオにおける効果を拡大します。ファルコン2 11B VLMは、Vision-to-Languageモデルであり、環境からの画像や視覚を識別し解釈する能力を持ち、医療、金融、電子商取引、教育、法律の分野などの業界にわたって幅広いアプリケーションを提供します。これらのアプリケーションは、文書管理、デジタルアーカイブ、文脈インデックス作成から視覚障害者のサポートまで多岐にわたります。さらに、これらのモデルはグラフィック・プロセッシング・ユニット(GPU)1つだけで効率的に実行できるため、拡張性が高く、ノートパソコンやその他のデバイスのようなより軽量なインフラへの導入や統合が簡単です。

ATRC事務局長で、UAE大統領付き戦略研究・先端技術担当顧問のファイサル・アル・バンナイ閣下は、次のように述べています:「ファルコン2 11Bのリリースにより、私たちはファルコン2シリーズの最初のモデルを導入しました。ファルコン2 11Bは、卓越した性能を実証していますが、私たちは、ファルコン2 11Bとファルコン財団のオープンソース・ムーブメントへのコミットメントを再確認しています。他のマルチモーダルモデルも間もなく様々なサイズで市場に投入される予定で、プライバシーを重視する開発者や事業体が、AIの旅を実現するための最高のAIモデルの一つに確実にアクセスできるようにすることが私たちの目的です。」

このモデルについて、TIIのエグゼクティブ・ディレクター兼AIクロスセンター・ユニット主席研究員代理のハキム・ハシッド博士は、次のように述べています:「AIは絶えず進化しており、開発者はより小型で効率的なモデルの無数の利点を認識しています。これらのモデルは、コンピューティングパワー要件の削減や持続可能性の基準を満たすことに加え、柔軟性を強化し、次に出現するメガトレンドであるエッジAIインフラにシームレスに統合することができます。さらに、ファルコン2のVision-to-Language機能は、AIにおけるアクセシビリティに新たな地平線をもたらし、画像からテキストへの変換インタラクションでユーザーに力を与えます。」

ファルコン2 11Bの多様性は、TIIがよりエキサイティングな生成AIのイノベーションに取り組むことを検討するきっかけにもなりました。その中には、前述の「Mixture of Experts」として知られる新しいタイプの機械学習機能の導入が含まれます。この手法では、異なる専門性を持つ小規模なネットワークを統合し、最も知識豊富なドメインが協力して高度に洗練され、カスタマイズされた応答を確実に提供します。これは、それぞれが異なる専門知識を持ち、必要に応じて協力し合って予測や意思決定を行う賢いヘルパーのチームを抱えるようなものです。このアプローチは精度を向上させるだけでなく、意思決定を加速させ、より知的で効率的なAIシステムへの道を開きます。

ファルコン2 11Bは、TIIファルコン・ライセンス2.0(Apache 2.0に基づく寛容なソフトウェアライセンス)に基づきライセンスされており、これにはAIの責任ある利用を促進する利用規定が盛り込まれています。新モデルの詳細については、 FalconLLM.TII.ae をご覧ください。

ソース: AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Jennifer Dewan , Senior Director of Communications
Jennifer.dewan@tii.ae

情報提供元:
記事名:「ファルコン2:アラブ首長国連邦の技術イノベーション研究所が新AIモデルシリーズを発表、メタの新型Llama3(ラマ3)を上回る性能