韓国ソウル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --韓国大手の健康機能性食品オリジナル開発製造(ODM)企業であるコルマーBNH(KRX:200130)は、同社最新製品であるヘモヒムGを台湾にて発売開始したことを発表しました。この導入は、グローバル市場における同社のプレゼンスを高める取り組みの一環となっています。





ヘモヒムGはヘモヒムをさらに強化した改良版として発表されており、台湾やヨーロッパの消費者特有の好みに合うように開発されています。

コルマーBNHは、5月15日より台湾市場におけるヘモヒムGを発売することで、同社のアジアでの市場拡大を加速させることを計画しています。国際輸出向けに仕上げたヘモヒムGは、さまざまな管轄地域の異なる食品規制に準拠するため、原材料と成分の割合に細心の注意を払って調整がなされています。カラトウキ、センキュウ、シャクヤクなどの主要成分は、厳重な品質管理措置を伴う厳正な調達手順を経ています。また、味と香りの特性はヨーロッパの消費者の好みに合うように調整されています。

さらに4月には、ヘモヒムGに関するコルマーBNHの研究結果が、SCIEレベルで認可されている著名学術雑誌「Toxicological Research」に掲載されました。これらの調査結果は、OECDのガイドラインに準拠しており、多様な市場において規制遵守のための製品の安全性を検証するだけでなく、信頼性の高い結果を通じて知的財産権を強化するといった、最も重要な意味を持ちます。

コルマーBNHの主力製品であるヘモヒムは、パートナーのアトミを介して販売されています。発売以来、国内外での累計売上高は2兆ウォンを超え、著しいマイルストーンを達成しています。この製品における成功は、コルマーBNHの研究開発能力と、時間とともに築かれた永続的な顧客の信頼によって得られています。

製品名ヘモヒムは、「Hemo (ヘモグロビン)」と「HIM(H:造血、I:免疫、M:調節)」の融合に由来します。また、カラトウキ、センキュウ、シャクヤクなどの天然薬草からの抽出物が含まれています。韓国原子力研究所とコルマー・コリアが共同で設立したコルマーBNHは8年間で50億ウォンの予算を有しており、この成果は両者の共同努力の結果によるものです。

とりわけ、放射線に関わる機関である韓国原子力研究所は自衛目的の研究を開始しており、ヘモヒムへの信頼を強化しています。コルマーBNHの商業化と生産技術の専門知識が合わさったこの共同研究は、免疫機能を高める配合物の開発に成功しています。

ヘモヒムは、2006年に韓国食品医薬品安全処より、免疫機能を高める、初の機能性原料として認証されました。これは、特に免疫機能を改善するための研究と原料が不足していた韓国内において、機能性食品開発の先駆的なマイルストーンとなりました。

コルマーBNHはヘモヒムの発売開始以来、持続的な研究・開発努力を通じて信頼性を強化してきました。年間売上高の2%以上を新しい開発のためのR&Dイニシアチブに一貫して割り当て、疲労改善機能をヘモヒムに統合することで、重要なマイルストーンを達成しています。これは、2017年に「ヘモヒム持続可能技術開発プロジェクト」が開始されてから6年後のことでした。

コルマーBNHは、ヘモヒムと共に飛躍的な成長を遂げています。2015年、韓国の主要株式市場であるKOSDAQに上場した際、同社の売上高は2,362億ウォンとなっており、昨年は145%急増し5,796億ウォンへと上昇しました。

コルマーBNH関係者は次のように述べています。「消費者におけるヘモヒムの永続的な魅力は、実証済みの機能性を明確に示しています。私たちは、ヘモヒムが韓国最高の機能性健康食品としての地位を維持するための研究開発努力を進めるというコミットメントを保持し続けます。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Kolmar BNH
Jang Woo Lee
Jay.lee@kolmar.co.kr

情報提供元:
記事名:「コルマーBNH、台湾でのヘモヒムGの発売によりグローバル市場を拡大