韓国・ソウル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --ソウルに拠点を置くAI創薬・開発バイオテクノロジー企業であるOncocrossは5月22日、AIプラットフォームに基づく新薬開発のため、JWファーマシュティカルと共同研究契約を締結したと発表しました。



この契約に基づき、JWファーマシュティカルが抗がん剤・再生医療の分野で開発中である「ファースト・イン・クラス」医薬品パイプラインの新規適応症の開発可能性を特定・検証するための研究活動で、両社が協力することになります。

この目的に向けて、Oncocross独自のAIプラットフォームであるRAPTOR AI TM が活用されます。RAPTOR AI TM は、新薬候補・既存薬の最適な適応または追加の適応をスクリーニングする、AI医薬品開発プラットフォームです。このプラットフォームは、製薬企業の新薬開発に必要なAI機能を提供し、従来の手法と比較して精度の向上、コストの削減、開発期間の短縮をもたらします。

これに先立ち、両社は2022年に医薬品候補の新たな適応を特定するための共同研究契約を締結しました。この共同研究の際に、JWファーマシュティカルは新医薬品候補の希少疾病の適応拡大に関する肯定的なデータを確保できたため、フォローアップ開発の計画策定を進めているところです。

このようにRAPTOR AI TM テクノロジーの能力を検証済みのJWファーマシュティカルでは、今回も新たな適応症のスクリーニングに必要な時間を短縮し、「ファースト・イン・クラス」の医薬品パイプラインの臨床研究の成功確率を高めることができると見込んでいます。

「当社が注力しているイノベーションのレベルでは、新薬候補と適応症を発見するための高い研究開発能力と多大な費用と時間が必要であるため、今後もOncocrossのように新技術を持つ革新的な国内および世界のバイオテクノロジー企業との多様なパートナーシップを模索していきます」とJWファーマシュティカルは語りました。

OncocrossのCEOであるYirang Kim博士は、「RAPTOR AI TM の有用性と商業的価値が市場で認められたという意味で、今回の提携継続は意義深いものです。AI創薬分野における大手製薬会社とバイオテクノロジーの協力関係の規範を示すべく、今後も全力を尽くしていきます」と述べました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Oncocross Co., Ltd.
Daniel Kim
+82-2-867-9967
daniel.kim@oncocross.com

情報提供元:
記事名:「AIを活用した抗がん剤と再生医療で革新的な新薬の開発で、OncocrossがJWファーマシュティカルとの提携を拡大