サイバーセキュリティ・ソリューション・プロバイダーのRevBitsは、2024年サイバーセキュリティ・エクセレンス・アワードで、複数賞の受賞企業として選出された





ミネオラ、ニューヨーク州--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --RevBitsは、2024年サイバーセキュリティ・エクセレンス・アワード®にて特権アクセス管理とエンドポイント・セキュリティ・カテゴリの受賞者として認定されたことを発表しました。審査では、組織の規模、パフォーマンス、技術、製品、リーダーシップが対象とされ、世界のトッププロバイダー企業が評価されました。

RevBitsは、以下のカテゴリーで3つの賞を受賞しています。

「当社の2つの受賞ソリューション、RevBits特権アクセス管理(PAM)とRevBitsエンドポイント・セキュリティ&EDR(EPS)は、サイバーセキュリティ・ツールに変革を起こしています」と最高経営責任者(CEO)のDavid Schifferは述べています。「私たちは、管理者が適切なソリューションを選択するためのオプションが十分であることに気づき、その機能と機能群が非常に効果的なソフトウェアを構築することで、選択プロセスを非常に容易にしました。」

また、最高技術責任者(CTO)のMucteba Celikは次のように述べています。「優れたデザインに集中し続けることで、顧客と賞のどちらも獲得することができます。当社の2つの製品がこのような権威あるアワードに認められたことを素晴らしく思っています。このような受賞歴を有する技術でお客様の設計、構築、保護サービスを提供することに喜びを感じています。」

RevBits PAMは、7つの統合アクセス管理モジュール、オンボード・ワークフロー・エンジン、すべての主要なサーバータイプと通信プロトコルのネイティブ・クライアント・アーキテクチャ、およびセッションのキー・ストロークとビデオ録画による広範なリアルタイム・モニタリングを備えた独自のソリューションです。

RevBits EPSは脅威を阻止し、エンドポイントを制御するために設計されたセキュリティ・ソリューションです。マルチ管理者2要素認証ポリシー変更制御プロトコルに伴う最大容量のUSBポリシー機能、特許取得済アンチルートキット機能によるカーネルレベルの保護、および市場で唯一無二のトータル・エンドポイント・コントロールとフォレンジック収集の容量を活用します。

RevBits PAMまたEPSは、オンプレミス、ハイブリッドクラウド、SaaS、およびエアギャップ環境で展開可能です。

About RevBits

2018年に設立されたRevBitsは、顧客に優れた保護とサービスを提供することに特化した包括的サイバーセキュリティ会社です。同社は、統合されたセキュリティプラットフォームを介して管理する複数の高度なセキュリティツールを提供することで、企業が直面する最も高度なサイバー脅威に対する保護を提供します。RevBitsはニューヨーク州ミネオラに本社を置き、ニュージャージー州プリンストン、マサチューセッツ州ボストン、ロンドン(英国)、アントワープ(ベルギー)にオフィスを構えています。詳細については、www.revbits.comをご覧ください 。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Neal Hesterberg
Vice President of Business Development
Neal.hesterberg@revbits.com

情報提供元:
記事名:「RevBits、特権アクセス管理とエンドポイント・セキュリティを評価する2024年サイバーセキュリティ・エクセレンス・アワードを2度連続受賞