Spot by NetAppのコスト・インテリジェンスと請求エンジンが一般提供開始、同社のFinOps統合ソリューションポートフォリオが拡充

カリフォルニア州サンノゼ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --インテリジェントなデータ・インフラストラクチャー企業のNetApp®(NASDAQ:NTAP)は、Spot by NetAppがFinOps Foundationの「FinOps認定プラットフォーム」の認証を取得したことを発表しました。この認証により、組織の健全なクラウド財務管理に必要な包括的な機能を、Spot by NetAppのプラットフォームが提供できることが証明されました。加えて、Spot by NetAppは、コスト・インテリジェンスおよび請求エンジンのソリューションの一般提供を通じて、自社のプラットフォームの認証範囲を拡大しました。



組織がAIアプリケーション開発を後押しするためにクラウド活用を加速する中で、インフラストラクチャーのニーズと財務効率のバランスを取ることが一層難しくなってきています。クラウドリソースの過剰な利用は無駄な支出を生み出しますが、逆に不足すれば、ビジネス運営を阻害し、イノベーションを妨げる可能性があります。従来のコスト削減に特化したスタンドアロンのFinOpsツールでは、コスト効率的かつ高パフォーマンスのクラウド・インフラストラクチャーを実現するという新たなニーズに応えるのが難しい状況にあります。

Spot by NetAppは、組織のインテリジェントなデータ・インフラストラクチャーをサポートする包括的で統合されたFinOpsソリューションポートフォリオを提供することで、この課題に対処します。この多彩な機能セットにより、組織はクラウドコストとインフラストラクチャーの最適化を一体的に管理し、クラウド投資の効率性と効果を最大化するためのアナリティクスを活用し、デジタルビジネスの成長を促進させることができます。Spot by NetAppがFinOps認定プラットフォームの認証を取得したことで、当社は顧客がFinOpsの基準に沿ったクラウドのベストプラクティスを確実に採用できるよう支援していきます。

「FinOpsフレームワークによれば、生産的なFinOpsの戦略を実践するには、部門間の緊密な協働が不可欠です。効果的な協働には、財務データとクラウド運用データの両方へのアクセスが必要不可欠です」とFinOps Foundation CTOのマイク・フラー氏は述べています。「FinOpsに対する慎重かつ総合的なアプローチを取ることで、組織はクラウドが持つビジネス価値を最大限に引き出し、ビジネス目標の達成を容易にすることができます。Spot by NetAppは、組織がFinOpsの慣行を確実に導入できるようサポートするソフトウェアを提供できることから、同社をFinOps認定プラットフォームとして認証しました」

FinOpsに対するこのような包括的なアプローチをサポートするため、Spot by NetAppは、Cloudcheckrのクラウドコスト管理機能を自社のポートフォリオに組み込み、2つの新しい製品モジュールの提供を開始します:

  • コスト・インテリジェンス:この製品は、インタラクティブなダッシュボードやドリルダウン機能によって、マルチクラウド環境におけるクラウドコスト、リソース、使用状況に関する包括的な可視性と実行可能なインサイトを提供します。コスト最適化プロセスを支援するために、コスト・インテリジェンスではベストプラクティスチェックを提供しています。これにより、問題を迅速に特定し、ユーザーがコストの適正化、リソースの効率的な活用、無駄の削減、設定ミスの改善などに取り組むことができます。
  • 請求エンジン:この製品は、チャージバックやショーバックといった高度なコスト配分機能を備えた包括的な請求レポーティング機能を提供します。この製品を利用することで、企業は部門やグループ間のクラウド支出を適切に把握・管理し、説明責任を強化することができます。

FinOpsチームは、財務データとクラウドオペレーションデータの単一の情報源を活用できるため、大きな恩恵を受けることができます。Spot by NetAppは、コスト・インテリジェンスと請求エンジンの2つの新製品モジュールをリリースすることにより、当社のポートフォリオにおけるすべてのソリューションの有効性を高めます。例えば、組織はSpot OceanやElastigroupのマシンラーニングとAIアナリティクスを、コスト・インテリジェンスの高度なコスト分析機能と組み合わせて活用することで、より正確な最適化提案を得ることができます。さらに、それらの提案を自動的にインフラに適用することで、FinOpsの実践をより簡素化できます。

「FinOpsオファリングの拡充とFinOps認証プラットフォームへの認定は、データとテクノロジーを活用してお客様のクラウド投資を最大限に活かすというSpot by NetAppのビジョンとアプローチを真に証明しています」と、NetAppのクラウド・オペレーション担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるハイヤン・ソングは述べています。「当社の包括的で統合されたポートフォリオは、財務管理と継続的なクラウド・インフラストラクチャーの最適化を網羅しています。私たちは、Spot by NetAppが管理する膨大なワークロードとインフラストラクチャーから得られる知見を活用し、FinOps管理における重要な洞察を提供し、オートスケーリングと継続的な最適化を実現するための先進的なAIソリューションの革新と進化を続けています。コスト・インテリジェンスと請求エンジンによるFinOpsオファリングの拡充は、お客様支援とクラウドからのさらなる価値の創出という私たちの継続的な使命に向けた、次なるステップです」

FinOpsにおけるSpot by NetAppのソリューションの詳細については、2024年6月19日~22日にサンディエゴのマリオット・マーキスで開催されるFinOps XカンファレンスのSpot by NetAppブース(#G3)をご覧ください。

追加リソース

ネットアップについて

ネットアップは、統合データ・ストレージ、統合データ・サービス、CloudOpsソリューションを組み合わせたインテリジェント・データ・インフラストラクチャー企業であり、ディスラプションの世界をすべての顧客にとってのチャンスに変えます。ネットアップは、サイロのないインフラストラクチャーを構築し、可観測性とAIを活用して、業界最高のデータ管理を実現します。世界最大のクラウドにネイティブに組み込まれた唯一のエンタープライズ・グレードのストレージ・サービスとして、当社のデータ・ストレージはシームレスな柔軟性を提供します。また、当社のデータ・サービスは優れたサイバー・レジリエンス、ガバナンス、およびアプリケーションの俊敏性によってデータの優位性を生み出します。当社のCloudOpsソリューションは、可観測性とAIを通じてパフォーマンスと効率の継続的な最適化を提供します。データの種類、ワークロード、環境を問わず、ネットアップによりお客様のデータ・インフラストラクチャーを変革でき、ビジネスの可能性を実現できます。詳細については、 www.netapp.com をご覧いただくか、X LinkedIn Facebook 、および Instagram で当社をフォローしてください。

NETAPP、NETAPPロゴ、および www.netapp.com/TM でリストされている商標はネットアップ・インクの商標です。他の企業名や製品名はそれぞれの所有者の商標である可能性があります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact:
Kenya Hayes
NetApp
kenya.hayes@netapp.com

Investor Contact:
Kris Newton
NetApp
kris.newton@netapp.com

情報提供元:
記事名:「Spot by NetApp、FinOps Foundation認定プラットフォーム認証を取得