中国、深セン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --大規模な国際イベントであり、革新的な技術と製品を紹介する中国最大のテクノロジー展示会、中国ハイテクフェア(CHTF)が、2024年11月14日から16日までの3日間、深センのワールドエキシビション&コンベンションセンターにて開催されます。第26回目を迎える今年のCHTFでは、「技術が開発を牽引し、産業が融合する」をテーマに掲げています。



40万平方メートルの展示面積を誇る CHTF 2024は、100以上の国と地域から5,000超の出展者と50万人の来場者を迎える見込みです。今年は、中国の大手建設機械、トップテクノロジー業界チェーン、クリーンエネルギー、ハイエンド機械製造、低高度経済、航空宇宙など、成長著しい20の主要セクターに焦点を当てます。また、約150の関連イベントも同時開催されます。

国際的なイノベーション拠点としての深センの強みを活かし、中国ハイテク産業にとって国際社会との架け橋となったCHTFは、テクノロジー企業が世界的なブランド認知度を高めるためのトップレベルのプラットフォームへと成長しました。CHTFの開会式には、毎年、中国の国家指導者が参加し、省・市レベルの政府高官も代表団を率いて参加します。150を超える代表団が遠方から集結し、革新的な技術と新興産業のトレンドを探求します。

1999年に設立されたCHTFは、国境を越えた技術・経済交流と協力を促進する場として、目覚ましい成果を上げてきました。2023年には、105か国から5,000の展示者、150の代表団、50万人の来場者が参加しました。総取引額は、372億7900万元(51億4000万米ドル)に達し、約10,000件の技術プロジェクトが取引されました。会場には、マイクロソフト、IBM、オラクル、シーメンス、ファーウェイ、テンセント、ZTE、BYD、DJI、フィリップス、SAP、ソニー、サムスンなど、世界的な企業が出展しました。

CHTFは、過去25回の開催を通じて、チューリング賞受賞者2名、ノーベル賞受賞者18名、国内外の学者40名以上、閣僚以上の政府高官100名以上、多国籍企業のCEOや起業家400名ほどを迎えてきました。

また、昨年開催されたCHTFには、国内外200以上のメディアから1,500人以上のジャーナリストが取材に訪れ、その結果、世界中で25,000件を超える記事が掲載され、35億回以上の閲覧数を達成しました。

2024年のCHTFでは、多数の大手テクノロジー企業による最先端技術と革新的なソリューションが発表される予定です。深セン市人民政府の継続的な支援と、出展者、バイヤー、起業家、政府関係者、科学者、専門家たちの積極的な参加により、第26回中国ハイテクフェアは、関係者全員にとって専門的に充実した経験となり、大成功を収めることが期待されています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Cooperation:
Ocean An
+86 18811154161
ah@zhenweiexpo.com

Booth Booking:
Donna Hau
+86 13641394297
hjn@zhenweiexpo.com

情報提供元:
記事名:「中国ハイテクフェア、11月14日の深センでの第26回開催に向けて準備を進める