FSC、企業が新しい規制に準拠するための支援としてFSC Aligned for EUDRを開始

ドイツ、ボン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --森林管理協議会(FSC)は、EU森林破壊防止規則(EUDR)への準拠を支援するために設計された新しいソリューション、FSC Aligned for EUDRの開始を発表しました。この案は、ヨーロッパで森林由来製品を取引する企業がEUDRの要件を満たすための複雑な手続きを簡素化することを目的としています。

FSC Aligned for EUDRは、以下の2つの主要な要素を通じて、EUDRに準拠する必要がある企業を支援します。

1. FSC Aligned Certification for EUDR:2024年7月1日から利用可能なこの追加モジュールは、FSCの既存の厳格な基準に基づき、リスク評価、デューデリジェンス、サプライチェーンの透明性に関する特定のEUDRの規制要件を組み込んでいます。
2. FSC Aligned Reporting for EUDR:2024年8月30日に開始されるこの自動データ編集システムは、企業が必要なデューデリジェンスレポートや声明を作成するサポートを行い、複雑なサプライチェーン全体でのトレーサビリティとデータ管理を向上させます。

森林破壊は気候および生物多様性危機の主要な要因であり、EUは森林破壊に関連する製品のかなりの割合を消費することでそれに貢献しています。2024年12月の締め切りが迫る中、私たちは企業がこれらの新しい要件を効率的かつ効果的に満たせるよう支援することに注力しています。」と、FSCのEUDR施策を主導するシステム保全最高責任者のMarc Jesselは述べています。「新たに開始された FSC Aligned for EUDRは、持続可能な森林管理の専門知識を活用し、あらゆる規模の企業がEUDRに準拠するための特化したソリューションを提供します。」

FSCはEarly Adopters Onboarding Programmeを通じて、すでに20社以上の企業に対してFSC Aligned Certification for EUDR導入を支援しています。タイのラテックスサプライヤーであるTat Winのディレクター、Keelong Fooは、このプログラムでの経験を次のように述べました。「Early Adopter Programmeは、Tat WinがEUDRの要件を満たす能力を高めてくれました。このプログラムに参加できたことを嬉しく思います。FSCの規制モジュールが提供する簡素化されたリスク評価は、私たちの処理プロセスを効率化し、サプライチェーンにおける森林破壊に関連する潜在的なリスクを特定・評価し、軽減することを容易化してくれました。Tat Winは、FSC規制モジュールを強く推奨します。」

FSC Aligned for EUDRについての詳細や、森林破壊のない森林製品のEU市場提供に向けた重要な変遷の支援方法については、www.fsc.org/EUDRをご覧いただくか、EUDR@fsc.orgへお問い合わせください。

森林管理協議会™(FSC®)について

FSCは、持続可能な森林管理ソリューションを提供する非営利組織です。現在、世界中で1億5000万ヘクタール以上の森林がFSC基準に基づいて認証されています。FSCは、NGO、消費者、企業の間で最も厳格な森林認証システムとして広く認識されており、今日の森林破壊、気候変動、生物多様性の課題に取り組んでいます。FSCの森林管理基準は、環境、社会、経済の幅広い要素に対処するために設計された10の基本原則に基づいています。FSCの「チェックツリー」ラベルは数百万の森林由来製品に付与されており、森林から消費者まで持続可能な調達が行われていることを証明しています。是非www.fsc.orgをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Dania Musa, media@fsc.org

情報提供元:
記事名:「森林管理協議会、最新のソリューションでEUDR準拠へのプロセスを簡素化