[NASDAQ: MCHP] - スマート サーモスタット、バーチャル アシスタント技術、デジタル ドアロック等の家庭用品から医療、産業用アプリケーションに至るまであらゆるものについて世界中で相互接続されたIoTシステムへの依存度が強まる中、組み込みシステムの信頼性の高いサイバー セキュリティの必要性はかつてなく高まっています。IoT製品のセキュリティを向上しセットアップと管理を容易にするため、Microchip Technology Incorporated(日本法人: 東京都港区浜松町、代表: 櫟晴彦 以下Microchip社)は本日、Trust Platformのデバイス、サービス、ツールにKudelski IoT keySTREAM SaaS(サービスとしてのソフトウェア)を実装したECC608 TrustMANAGER(https://www.microchip.com/en-us/products/security/trust-platform/trustmanager?utm_source=pressrelease&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=trustmanager&utm_bu=scg)を追加する事を発表しました。

ECC608 TrustMANAGERは、製造時に実装される静的な証明書チェーンに制限される事なくkeySTREAMを通してフィールドでセキュリティ認証情報を管理、更新する事で、サプライチェーンをカスタマイズしなくてもカスタムの暗号認証情報をエンドポイントに正確にプロビジョニングしてエンドユーザーが即時に管理できるようにします。keySTREAMは、製品ライフサイクル全体を通してIoTエコシステムの鍵資産をエンドツーエンドで保護するためのデバイスからクラウドへのソリューションを提供します。

ECC608 TrustMANAGERは暗号鍵を保存、保護するセキュアな認証ICの機能に依存しています。その暗号鍵はkeySTREAM SaaSによって管理されます。シリコン コンポーネントと鍵管理SaaSの組み合わせにより、ユーザーはセルフサービスのルートCA(ルート認証局)と、Kudelski IoTによって保護される関連するPKI(公開鍵基盤)をセットアップし、動的な証明書チェーンを作成、管理でき、デバイスを初めて接続する時にフィールドでプロビジョニングできます。SaaSアカウントで宣言されると、フィールドでのプロビジョニングを介してユーザーのkeySTREAMサービスによりデバイスが自動的にアクティベートされます。

「コネクテッド デバイスの数が急増し、セキュリティの基準と規制が強化される中、IoT設計者は製品がお客様の手に渡った後にデバイスを効率的に管理する方法を求めています」とMicrochip社セキュア コンピューティング部門副社長のNuri Dagdevirenは述べています。「Microchip社はKudelski社と提携してkeySTREAMをECC608 TrustMANAGERに実装する事で、お客様がクラウドベースのセキュリティSaaSを通してIoTエコシステムを効率的に管理、拡張、更新できるようにし、フィールドでのプロビジョニングと証明書管理を実現しました」
セキュリティ規格と今後の規制により、IoTデバイスのセキュリティ インフラストラクチャのアップグレード機能がますます求められています。これは、法令遵守のために各デバイスのセキュリティIC交換を必要とするような物理的なアップグレードになる従来の静的なIoTセキュリティの実装では困難な作業です。ECC608 TrustMANAGERはプロセスが自動化されており拡張性が高いため、ライフサイクル全体を通してセキュアかつ効率的にデバイスを管理できます。また、セキュリティ鍵はクラウドからデバイス内に入ってデジタル的に更新されるため、ハードウェアを変更しなくてもデバイスの所有権を簡単に管理できるようになります。このアプローチによって販売代理店のサプライチェーン プロセスも合理化されます。

「keySTREAMがECC608 TrustMANAGERに実装された事は、IoT環境を保護しプロビジョニングを容易にするという当社の取り組みにおいてきわめて重要な意味を持ちます。Microchip社との協業はただ単に先進のセキュリティ ソリューションを市場に投入するという事ではありません。スマートデバイスのセキュリティ全体に新たな基準を打ち立てるという事です」とKudelski IoTシニアバイス プレジデントのHardy Schmidbauer氏は述べています。「Microchip社の名高い半導体技術をKudelski IoTの信頼性の高いセキュリティ サービスと合わせて活用する事で、きわめて強力な保護とこれまでにない容易なプロビジョニングをIoTデバイスメーカーに提供する態勢が整いました」

この種の動的なフィールドでのプロビジョニングとデバイス管理はIoTセキュリティ規格を満たしており、進化するセキュリティ規格にデバイスを準拠させる事ができます。keySTREAM SaaSは鍵の継続的な更新を可能にし、進化し続ける脅威とセキュリティ要件に合わせた予防と保護を実現します。また、フィールドでのプロビジョニングによってカスタマイズが不要になり、製造の効率化にもつながります。

ECC608はMicrochip社のTrustMANAGERシリーズに対応する初のセキュリティICです。Trust Platform Design Suiteをダウンロードし、ECC608 TrustMANAGERにあるkeySTREAMユースケースをテストする事で開発を始める事ができます。

在庫/供給状況
ECC608 TrustMANAGERは本日より受注を開始いたします。有効化料金はデバイスが初めて接続された後にのみ適用されます。詳細とご購入はMicrochip社の正規代理店にお問い合わせ頂くか、Microchip社のオンラインストアのウェブサイトwww.microchipdirect.comをご覧ください。

リソース
高画質の写真は報道関係専用窓口までお問い合わせ頂くか、Flickrでご覧ください。掲載に許可は不要です。
● アプリケーション画像 : https://www.flickr.com/photos/microchiptechnology/53600864232/sizes/o/
● ブログ: https://www.microchip.com/en-us/about/media-center/blog/2024/ecc608-trustmanager-and-kudelski-iot-saas

Microchip Technology社について:
Microchip Technology社(以下、Microchip社)はスマート、コネクテッド、セキュアな組み込み制御ソリューションのトッププロバイダです。使いやすい開発ツールと包括的な製品ポートフォリオにより、リスクを低減する最適な設計を作成し、総システムコストの削減、迅速な商品化を実現できます。Microchip社は産業、車載、民生、航空宇宙と防衛、通信、コンピューティングの市場でおおよそ125,000社のお客様にソリューションを提供しています。Microchip社は本社をアリゾナ州チャンドラーに構え、優れた技術サポート、確かな納期、高い品質を提供しています。詳細はMicrochip社ウェブサイト(www.microchip.com)をご覧ください。

詳細については、以下にお問い合わせください。
Daphne Yuen (Microchip社): daphne.yuen@microchip.com

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000296464&id=bodyimage1



配信元企業:マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「Microchip社、Kudelski IoT keySTREAMを実装したECC608 TrustMANAGERを発表