*17:01JST 東京為替:ドル・円は小じっかり、夕方にかけて一段高 13日の東京市場でドル・円は小じっかり。米金利高を背景にドル買いが先行し、早朝の149円27銭から値を上げる展開に。その後、米インフレ指標をにらみドル買いは一服したものの、日経平均株価の強含みで円売り優勢となり午後は149円65銭まで強含んだ。
・ユーロ・円は160円79銭から161円25銭まで上昇。
・ユーロ・ドルは1.0776ドルから1.0760ドルまで値を下げた。
・日経平均株価:始値37,248.36円、高値38,010.69円、安値37,184.10円、終値37,963.97円(前日比1,066.55円高)
・17時時点:ドル・円149円50-60銭、ユーロ・円161円10-20銭
【経済指標】
・日・1月国内企業物価指数:前年比+0.2%(予想:+0.1%、12月:+0.2%←0.0%)
【要人発言】
・特になし


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は小じっかり、夕方にかけて一段高