*17:58JST 欧州為替:ドル買い優勢  13日のロンドン外為市場でドル・円は、149円55銭から149円69銭まで上昇している。米国の1月消費者物価指数の発表を控え、警戒感からドル買いが優勢になっているもよう。米10年債利回りは一時4.19%台まで上昇した。

 ユーロ・ドルは、1.0775ドルから1.0762ドルまで下落。ユーロ・円は、161円23銭へ上昇後、161円02銭まで下落している。

 ポンド・ドルは、1.2654ドルから1.2636ドルまで下落。ドル・スイスフランは、0.8796フランから0.8814フランまで上昇している。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル買い優勢