*07:32JST 前日に動いた銘柄 part2 ディスコ、東京エレクトロン、さくらKCSなど 銘柄名<コード>19日終値⇒前日比
SCREENホールディングス<7735> 16810 -1255
TSMC関連としての位置づけも高い銘柄であり。

Gunosy<6047> 756 -66
決算発表後は強い動きを続けていたが。

ディスコ<6146> 49800 -4330
18日は業績観測報道なども買い材料視されたが。

KOKUSAI ELECTRIC<6525> 4085 -245
TSMC設備投資計画据え置きなどで半導体製造装置弱い。

東京エレクトロンデバイス<2760> 5670 -370
他の半導体関連の中小型株同様に売り集まる。

テラスカイ<3915> 2021 -149
18日にかけて一段高となった反動強まる。

東京応化工業<4186> 4141 -237
半導体関連株安もあり25日線が抵抗線に。

デクセリアルズ<4980> 5725 -345
半導体関連の一角として売り波及の格好か。

GMOペイメントゲートウェイ<3769> 7313 -557
全体地合い悪化で見切り売りの流れが一段と強まる。

東京エレクトロン<8035> 33530 -3210
TSMC決算受けた米国半導体株安に押される。

新都HD<2776> 101 +30
北山商事の子会社を発表している。

東京ボード工業<7815> 1141 +127
材料なしのマネーゲーム。

第一商品<8746> 169 +2
金相場の先高期待など反映か。

さくらKCS<4761> 2720 +229
さくらインターの急騰が刺激に。

ヤマザキ<6147> 360 -64
よくわからず18日急伸の反動。

ピクセルCZ<2743> 215 -27
25日線割れでの処分売りも強まる。

AGS<3648> 1221 -129
地合い悪化で買われ過ぎの反動より強まる。

倉元製作所<5216> 270 -3
18日は長い上ヒゲ残し高値到達感。

ジェイ・イー・ティ<6228> 3870 -135
半導体株安の流れを受ける形に。

DNAチップ研究所<2397> 1035 -82
引き続き2月の窓埋め意識の動きに。

USMH<3222> 872 -96
経営統合発表のいなげやの株価下落に引きずられる。

住石HD<1514> 1404 -121
全体相場急落で個人投資家のマインドも悪化。

バーチャレク<6193> 924 +17
24年3月期業績見込みを上方修正だが買い続かず。

サーキュ<7379> 687 +7
シンプレクスHDと資本業務提携契約で買い先行するも失速。

エコモット<3987> 553 -100
18日まで2日連続ストップ高の反動安。

くすりの窓口<5592> 1424+55
25日線明確に上抜け反騰機運高まる。

TKP<3479> 1609 -6
国内証券が投資判断「買い」継続で18日人気化。
19日買い先行するが上値重く反落。

ビザスク<4490> 811 -95
75日線上抜けず反騰機運萎む。

クリングル<4884> 571 +7
ALS対象臨床試験の追加解析で東北大と共同研究。

グラッドキューブ<9561> 492 -42
買い先行するも75日線に上値阻まれ反騰機運萎む。

コンヴァノ<6574> 1080 +150
ストップ高3日目。値動きの軽さから短期資金集める。

データセクション<3905> 2057 +117
6日連続ストップ高の後に18日まで2日連続ストップ安。
19日売り先行後に切り返し。


<CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「前日に動いた銘柄 part2 ディスコ、東京エレクトロン、さくらKCSなど