20年以上の歴史を誇るアライブのプログラム「ALIVE WINTER SCHOOL 2023」【未就園児・園児・小学生対象】

株式会社アライブ(本社:名古屋市、代表:三井博美)が運営するアライブイングリッシュスクールは、未就園児、園児、小学生向けの冬季特別集中コース 「ALIVE WINTER SCHOOL 2023 World Culture Quest ~異文化からの発見!世界の宝物~」を、2023年12月25日から28日までの4日間(未就園児・園児クラス 9:30-14:00、小学生クラス 10:00-14:45)にわたって開催しました。 本コースの参加者は毎年300名~400名程度で、プログラムはすべて英語で行われています。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402066271-O1-GghsmmBs
今回の冬のスクールは、夏に開催された"サマースクール"に続き、2025年の大阪・関西万博のテーマ「いのちの輝く未来社会のデザイン」に先駆けて、SDGsに関連し、探究心を育む内容が展開されました。

★4日間の様子は動画でご覧いただけます!★

YouTube⇒アライブウィンタースクール2023 

テーマ:「World Culture Quest ~異文化からの発見!世界の宝物~ 」
「世界各国のユニークなクリスマスの祝い方 ~伝統や習慣に触れる~」
「私たちの主食であるお米の食べ方 ~世界ではお米をどう食べるの~」
「衣服作りと資源の利用 ~未来のサスティナブルファッションのデザイン~」
「世界各国の家の特徴 ~気候と文化のつながり~」

※カリキュラムの内容は年齢や英語スキルに合わせて異なります。

4日間を通じて、全ての年齢層の子どもたちは 英語を使って 異なる文化を尊重し、その背後にある歴史、文化、習慣などを学び、視野を広げ、新たな価値観を発見することができました。

【未就園児クラスのレポート】
このプログラムの特徴は、英語を使って五感を刺激する体験型アクティビティが豊富に含まれていることです。子どもたちは「クリスマスって何をするの?」や「サンタさんって誰?」といった質問を投げかけ、サンタさんに扮した外国人講師を見て、笑顔いっぱいで参加してくれました。また、日常の服や異なる布地に触れたり、染め物を試したり、自分でおにぎりを作ったり、マグネットブロックで理想の家を作ったりと、多岐にわたって体験をすることができました。 未就園児の年齢でここまで集中して取り組む姿には、「 この年齢だからここまで」という限界はないと、高いポテンシャルを感じました。

【園児・小学生クラスのレポート】
園児・小学生クラスでは、 世界の国々のお米の消費数や調理法などを知る、サスティナブルな衣服について考えるなど、 英語を使って世界の異なる文化や習慣について学びました。 体験学習では、マーカーペンを使ったタイダイ風染めや靴下の制作をしたり、世界各国の家の特徴や気候との関連性を理解した上で未来の家をデザインするなど、体験をベースにした多くの学びに挑戦しました。この年齢の子どもたちは、 どのプログラムに対しても高い熱意を持って取り組み、クリエイティブなアイデアを発揮してくれました。

4日間を通じて、全ての年齢層の子どもたちが英語を使いながら異なる文化を尊重し、その背後にある歴史、文化、習慣などを学び、視野を広げ、新たな価値観を発見することができました。

アライブは20年以上にわたり、専門的なプログラムを季節ごとに提供しており、子どもたちは人の意見を聞き、自分の意見を表現するスキルを養い、成長を遂げています。これらの力が、今後の日本に対する期待に応える希望となると確信しています。

 ■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■
株式会社アライブにつきまして

現在名古屋市内にアライブイングリッシュスクール、アライブインターナショナルスクール、STEM SCHOOL など6つの拠点を展開し、0歳から大学生までの生徒を対象に英語の教育プログラムを提供しています。

特に、英語を使って、SDGsやSTEM分野のプログラムなどを積極的に導入し、子どもたちの潜在的な能力を引き出す独自の専門的なカリキュラムと斬新な教育アプローチを採用しており、国内だけでなく国際的な注目を集めています。

また、これまでに、 日本初『ハーバード大学リーダーシップインスティテュートとの連携を通じた、リーダーシップ教育プログラム』や 『 シリコンバレーの教育家・起業家とのジョイントした、デザインシンキングのプログラム』など、 日本の小学生から高校生までの生徒を対象にした 、 世界最先端の教育プログラムを実現した実績も多々あります。

アライブはダイバーシティを尊重し、英語圏だけでなく世界各国の教育に精通している外国人講師を揃え、異文化環境を取り入れています。そして、海外の教育機関と連携し、外国人講師のスキルアップを促進するなど、人材育成にも自信を持っています。

■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■-□-■

【株式会社アライブ】
商   号 : 株式会社アライブ
代 表 者 : 代表 三井 博美
校長ブログ→https://alive-co.com/blog/index.html
所 在 地 :〒461-0001 名古屋市東区泉1丁目21-12号 いずみ21ビル
設   立 :2001年1月
事業内容:英会話スクール、プログラミングスクール、STEAMスクール、
オンライン英会話スクールの運営、幼稚園、保育園、小学校などへの講師派遣、
カリキュラム制作及びイベント企画、児童英語講師養成

ウェブサイト:https://alive-co.com/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC89YEiS0QW3YhVIfe2_U1LA
Facebook:https://www.facebook.com/alive.english/
Instagram:https://www.instagram.com/alive.english/
Ameba:https://ameblo.jp/alive-english

Alive STEM SCHOOL  Instagram:https://www.instagram.com/alive.stem/
Alive International School  Instagram:https://www.instagram.com/international.alive/

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「愛知のアライブが、子どもたちを対象に”英語を使って世界の魅力を発見するプログラム”を開催