千葉商科大学(所在地:市川市国府台 学長:原科幸彦)は、学生食堂The University DINING(省略:UD)を中心とした循環型社会を身近に体験できる仕組みを整えました。

UDは2015年5月のオープン以来、学生食堂としての機能だけでなく、教育の場・地域交流の場としての役割も担っています。「千葉商科大学 SDGs行動憲章」の方針に基づき、フェアトレード認証商品の採用やプラスチック製品の削減、リサイクル食器を使用するなど環境に配慮した取り組みも行っています。その一環として、資源調達・製造・消費・廃棄のサイクル(循環型社会)を実践しています。

活動の詳細についてはこちらをご覧ください。
URL: https://www.cuc.ac.jp/om_dining/index.html

循環型社会の取り組み
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402066278-O1-SaCzJ4G1

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「千葉商科大学「学生食堂 The University DINING 」で学生が循環型社会を実践!