ほぼ台本なし!自由な言動を繰り返す畠中さん、くるまさん、ケムリさんに、 伊藤さんがツッコミまくる!

2024年2月7日
サントリー株式会社

 
「サントリー生ビール」新WEB-CM 「オズワルド」&「令和ロマン」、運送会社の先輩・後輩役に 運搬中のエレベーター内でほぼ台本なしの爆笑トーク!自由な言動を繰り返す畠中さん、くるまさん、ケムリさんに、伊藤さんがツッコミまくる 「期待の新人」篇 2月7日(水)から「YouTubeサントリー公式チャンネル」にて公開

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202402066288-O1-e4vrs5w7

 サントリー株式会社は、「サントリー生ビール」の新WEB-CMとして、お笑いコンビ「オズワルド」(畠中悠さん、伊藤俊介さん)と「令和ロマン」(髙比良くるまさん、松井ケムリさん)が出演する「期待の新人」篇(1分58秒)を、2月7日(水)よりYouTubeサントリー公式チャンネルにて公開、2月8日(木)よりX等での広告配信をいたします。

 同じ吉本興業所属の先輩・後輩の間柄で、関東を拠点に活動し、「M-1グランプリ」では共に戦ってきた実力派の2組が繰り広げる、ほぼ台本なしの爆笑トークは必見です。そして、屋上シーンで一日の終わりに飲む「サントリー生ビール」の存在感、どこかほっこりとする彼らなりの先輩・後輩の関係性にもご注目ください。

■WEB-CMについて 
 今回のWEB-CMは、「サントリー生ビール」TV-CMシリーズで「オズワルド」が属する架空企業「オズワールド運送」が舞台。新人として働きはじめた「令和ロマン」の2人が荷物運搬中にビルのエレベーター内で先輩の「オズワルド」と顔を合わせる場面から物語はスタートします。手始めに、伊藤さんは「新人?」と先輩らしく声をかけますが、くるまさんは「あっはい、期待の新人です」と挨拶。すぐに「自分で言わないよ」と伊藤さんがツッコむと、その横で畠中さんは「いやー若い、若い」「令和だねー」としみじみと言います。しばらくして、くるまさんがケムリさんのヒゲに指をさしながら「ごめんなさい。新人なのに、ちょっとヒゲともみあげが繋がってて」と言うと、なぜか畠中さんが「あーあのー、ヒゲともみあげが繋がってないと、エレベーターと自分の境界線がわかんなくなるんだよな」と重ねます。さらに、先輩が大きく重たい荷物を運んでいるのに対し、後輩が運ぶのは小さく軽そうな荷物であることに気が付いた伊藤さんが指摘すると、ケムリさんは「でも僕、敷金礼金運んでいます」と一言。伊藤さんが「え!?」「その中に?」「当日に渡すの?これって箱にいれて」と次々に打ち返しますが、畠中さんは「重要なもの運ばされてるんだ」と後輩の肩を持ちます。終始自由な言動を繰り返す3人と的確なツッコミを続ける伊藤さんのテンポよくシュールな会話は、その後伊藤さんと畠中さんがエレベーターから降りそびれてしまうという思わぬ結末へと進んでいきます。

 そして場面は変わり、運搬を終えた4人が、屋上にて「サントリー生ビール」を飲み、一日の頑張りをねぎらいながら語るシーンへ。生意気な発言をしていた後輩でしたが、働く先輩の背中を見たことでリスペクトを抱くのでした。

■撮影エピソード 
◇CM撮影に臨む後輩コンビの緊張をほぐす先輩のひと言
 全員そろっての企画説明で開口一番、伊藤さんが「信じられないかもしれないけど、こいつらと(一緒に)やりたくないです」と冗談交じりに発言すると、すかさずくるまさんとケムリさんがなだめ、「チャレンジしてみます!」と説得させることに成功。つかみのひとネタ(?)で現場に楽しそうな笑い声が広がり、CM撮影にやや緊張の面持ちだった二人の表情も一気に和みました。

◇アドリブ中心のフリートークを長回しで撮影
 撮影に向けてある程度の台本は用意されていたものの、設定と大まかな流れ以外は、基本的に「オズワルド」と「令和ロマン」に委ねられ、アドリブのフリートークを長回しで収録しました。本番前、畠中さんと伊藤さんを中心に「俺が◯◯するから、おまえがそこで◯◯って返して」などと軽く段取りを確認して、さっそうとスタンバイした4人。ファーストテイクから即興とは思えない息ぴったりの掛け合いを披露すると、スタジオ中から大きな拍手が湧き起こりました。

◇全ボケに完璧にツッコむ伊藤さんの瞬発力に注目
 なぜか徐々に新人寄りの発言を繰り返す畠中さんにより、伊藤さんVS他3人の構図となっていく今回のストーリー。自由なスタンスで発言する畠中さん、思いがけない角度から独特の表現でボケるくるまさん、さらには普段のツッコミと異なる役回りを喜々として演じるケムリさんに完璧にツッコむ伊藤さんの瞬発力は必見。漫才師4人が織りなす化学反応をお楽しみください。

◇畠中さん自画自賛のセリフに3人から総ツッコミ!
 夜の屋上で「サントリー生ビール」を酌み交わすシーンでは、畠中さんの「みんな今日はお疲れさま!」という言葉をきっかけに会話が展開されますが、撮影後、伊藤さんが「そんな棒読みのセリフある?」と指摘。さらに後輩のくるまさんからも「セリフが夜空に溶けていきましたよ」とからかわれる場面もありましたが、一方で、「あれは俺にしかできない自然体」と頑として譲らない畠中さんなのでした。

■出演者プロフィール 
◇オズワルド(畠中悠さん、伊藤俊介さん)
NSC(吉本総合芸能学院)東京校17期の同期で2014年11月に結成。ボケの畠中さん、ツッコミの伊藤さんからなるお笑いコンビ。東京・ヨシモト∞ホールをはじめとするライブを中心に活動。2019年から4年連続で「M-1グランプリ」決勝に進出し、2021年に準優勝、2022年には敗者復活戦から勝ち上がり決勝進出、2023年も敗者復活戦に進出した実力者。2021年には「第42回ABCお笑いグランプリ」で優勝を果たす。2023年3月から「サントリー生ビール」のメッセンジャーとしてCM出演中。

◇「令和ロマン」(髙比良くるまさん、松井ケムリさん)
大学のお笑いサークルで先輩・後輩として出会い、コンビ結成。当初は「魔人無骨」として活動し、「NSC大ライブ TOKYO 2018」で優勝し、NSC東京校23期の首席となる。デビューした2018年12月に、芸歴1年目でヨシモト∞ホールの最上位ファーストクラスメンバーに昇格。新元号施行開始の2019年5月に「令和ロマン」にコンビ名を改名。2020年1月から神保町よしもと漫才劇場を拠点に活動中。「M-1グランプリ」では2018年、2022年に準決勝へ進出し、2022年の敗者復活戦では「オズワルド」と1位・2位争いを繰り広げた。2023年に初の決勝進出を果たし、同大会決勝最年少コンビながらも優勝。公式YouTubeチャンネル「official令和ロマン【公式】」では漫才ネタのほか、「M-1グランプリ」関連動画を公開しており、お笑いファンを中心に人気。

■WEB-CM概要 
タイトル    :「期待の新人」篇(1分58秒)
出演      :オズワルド(畠中悠、伊藤俊介)/令和ロマン(髙比良くるま、松井ケムリ)
公開開始日時:2024年2月7日(水)
ⅭM楽曲        :「川の流れのように」
放映媒体       : YouTubeサントリー公式チャンネル、X等
        ※X等での広告配信は、2024年2月8日(木)午前0時から開始
動画URL     :  https://www.youtube.com/watch?v=HPsrLm9H6Zg

■【ご参考】「令和ロマン」起用について 
 「令和ロマン」は、史上最多8,540組がエントリーし、2023年12月24日(日)に決勝戦が行われた漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2023」にて、今大会決勝最年少コンビかつ初決勝進出ながらも優勝を果たした今最も勢いのあるお笑いコンビの1組。大学時代にお笑いサークルの先輩・後輩として出会い、「魔人無骨」としてコンビを結成。その後2018年に吉本興業からデビュー、2019年にコンビ名を「令和ロマン」へ改名し、今年で結成6年目になります。

 結成以来、数々のお笑い賞レースで好成績を残し実力・勢いを持ちながらも、ひたむきにおもしろさを追求し、常にお笑いを楽しみながらオリジナルのスタイルを確立してきた2人の姿、そして度胸・根性を持って「M-1グランプリ2023」へ挑む姿が、「サントリー生ビール」が応援する「頑張って生きている人」を体現していることから、「M-1グランプリ2023」直後にWEB-CMに起用しました。

■オズワルド&令和ロマンインタビュー 
――撮影の感想を教えてください。
【伊藤さん】:デビューから知っている後輩だったので、ちょっと感慨深いというか。コマーシャル出てんじゃん、みたいな。やっぱりうれしいはうれしいですよね。
【くるまさん】:それはもううれしかったです。あんまりお酒を飲みに行く時間がないので、本当に打ち上げしているみたいな気持ちになりました。
【畠中さん】:ちょっと硬かったと思うな。リラックスしていつも通りやればいいのに。
【伊藤さん】:おまえも慣れてるタイプじゃないから! しかも、最後に屋上で飲むシーンの時、畠中のきっかけの第一声目が「みんな今日はお疲れさま!」って。あんな棒読みのセリフある?
【畠中さん】:あれは俺にしか言えないから。自然体でできた感じです。
【くるまさん】:セリフが夜空に溶けていきましたよね。
【畠中さん】:でも、ケムリってあんなに楽しそうにボケるんだね。いつも突っ込む姿ばかり見ているから新鮮でした。
【ケムリさん】:実は僕、コントが下手過ぎて、下北沢の劇場でコントをしている時、先輩から羽交い締めにされて、途中で止められたことがあるんですよ。
【伊藤さん】:それ、漫才師あるあるだよね。

――WEB-CMでも先輩・後輩関係ですが、お互いに今まで言えなかったけど、実はすごいなと思っているところ、ここだけはちょっと気になるので直してほしいなと思うところがありましたらお聞かせください。
【伊藤さん】:「M-1チャンピオン」ですし、やっぱり出てきた時からすごかったですよね。
【畠中さん】:僕らが7、8年かけてようやくその劇場のピラミッドの一番上に行けたという時、二人はNSCの首席で入ってきた1年目か2年目のコンビでしたけど、もう同じところにいましたから。
【伊藤さん】:直してほしいところは、これから世間にどんどんバレていくと思うんですけど、実はくるまよりもケムリの方が先輩のことをナメているところです。
【畠中さん】:それはいいこと言ってくれた。くるまはキャラクターもあるからね。
【伊藤さん】:くるまはしゃべり方とか、インテリジェンスな感じがあるから、ちょっと鼻につく部分はあると思うけど、実は人懐っこくて、かわいいやつなんですよ、ケムリは本っ当に何も考えてないです。
【ケムリさん】:何でそんなこと言うんですか。
【伊藤さん】:さっきも撮影の合間に二人でタバコ吸ってた時、そろそろ再開ですと言われたから、俺は最後にひと吸いして行こうとしたら、ケムリはもうふた吸いしてて。「え、2ぃ!」と思って。
【くるまさん】:どっちもどっちの話だよ。伊藤さんが0ならいいんですけど、1は行ってますからね。
【伊藤さん】:1はごあいきょうだけど、そういうことの積み重ねがいっぱいあるんですよ。
【ケムリさん】:僕が畠中さんを尊敬しているところは、結構長期間しっかり禁煙に成功したのに、自分の意思でまた吸い始めたところです。面白いなと思って。
【くるまさん】:タバコしかないのかよ、軸が。

――「生きれば 生きるほど 生ビールはうまい!」というCMのコピーにちなんで、
「サントリー生ビール」をこの日に飲んだらおいしかっただろうな、という一日をお聞かせください。
【くるまさん】:昼まで寝て、起きて、たまった洗濯物を洗濯して、できる範囲でトイレやお風呂を掃除して、気が付いたらもう夕方になっちゃって。どっか出かけようかなと思うけど、やっぱりウトウトしちゃって、起きたら8時過ぎぐらいになって、もう何もできないじゃんという時に飲みたいです。
【伊藤さん】:ガタガタうるせえな。今の半分でいいよ。
【ケムリさん】:大体疲れた日言えよ。ただ、そのパターン、めっちゃうまいんだよ。
【くるまさん】:本当にビール好きなやつのエピソードじゃないですか。
【畠中さん】:そうだね。話を聞いただけで、今ビールが飲みたくなった。
【ケムリさん】:僕はやっぱり「M-1グランプリ」で優勝した後。その日の深夜から翌朝のニュース番組に出て、またその日の夜の生放送も出て、要は丸2日働かせてもらったんですけど、その後に飲んだらもう、絶対うまかったですよね。
【伊藤さん】:ちょっと経験したことないから分かりませんわー。俺だったら絶対隙間で飲んじゃう。
【ケムリさん】:駄目、駄目!

――この春、挑戦してみたいこと、やってみたいことは?
【ケムリさん】:僕は旅番組に挑戦したいです。
【伊藤さん】:おまえは本当に頑張るの嫌いだろ。のんびりやりたいんだ。
【ケムリさん】:見透かすなぁ。
【くるまさん】:だって、一日一緒に仕事していて、縦よりも横になっている時間の方が長いからね。楽屋に戻ったらすぐ横になるし。
【伊藤さん】:そのイメージあるわ。
【ケムリさん】:でも、のんびり旅番組じゃなくて、後輩をめっちゃ連れていく「ケムリの夏休み」みたいなパターンでやりたいです。
【伊藤さん】:あれはまだはえーよ、おまえ。
【くるまさん】:僕はやっぱり日本のモメンタムを上げたいですよね。
【伊藤さん】:もめんたむ? 全部漢字?
【ケムリさん】:いや、木綿豆腐とかじゃないから。

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「「オズワルド」&「令和ロマン」出演!「サントリー生ビール」新WEB-CM「期待の新人」篇 2月7日公開