中国のアイスクリーム市場拡大へ対応

 株式会社 明治(代表取締役社長:松田 克也)は、中国におけるアイスクリーム市場の拡大に対応するため、中国事業を統括する100%出資子会社の明治(中国)投資有限公司を通じて増資※1して新設した、明治制果食品工業(上海)有限公司(所在地:中華人民共和国上海市)のアイスクリームの生産拠点が2024年3月20日より、生産を開始したことをお知らせします。
 明治グループは中国の幅広い地域のお客さまに、安全でおいしい牛乳・ヨーグルト、チョコレート菓子やアイスクリームなどの食品をお届けし、お客さまの豊かで健康な毎日に貢献してまいります。
 また、当社の海外事業における成長基盤を確立し、伸長する中国市場で新たな付加価値商品の提供を通して新市場の開拓を加速してまいります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202403288723-O8-l0I21pnI

 
■中国におけるアイスクリームの生産能力を約2倍※2に拡大し、中国全土のお客さまへの供給体制を強化 
 当社の中国におけるアイスクリーム事業は、これまで明治雪糕(広州)有限公司において生産を行い、華南エリアを中心に販売してきました。本稼働により中国におけるアイスクリームの生産能力を約2倍に増強させ、伸長する中国のアイスクリーム市場※3のニーズに応えるとともに、中国全土のお客さまへ商品を供給してまいります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202403288723-O9-30lYyW7N
■生産商品例

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202403288723-O6-6Tf0SBKl
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202403288723-O5-e8b48OLB
                 
■当社の中国事業について
 当社は中国において、牛乳・ヨーグルト事業、アイスクリーム事業、菓子事業、栄養事業、業務用食品事業を展開しています。当社は、「明治グループ2026ビジョン」のもと、中長期的な企業価値向上の実現を目指しており、重点方針として「海外市場での成長基盤の確立」を掲げています。
 牛乳・ヨーグルト事業については賞味期限が短いチルド商品の中国における供給エリアを拡大するため、生産拠点の増設を進め、2024年1月に明治食品(広州)有限公司が稼働したことで、華北、華東、華南エリアにおける牛乳・ヨーグルトの3工場体制が完成しました。菓子事業、アイスクリーム事業も2拠点体制となったことで、商品の供給体制を強化し、より多くの中国のお客さまへ新たな付加価値商品をお届けしてまいります。

※1 増資発表時の資料https://www.meiji.co.jp/corporate/pressrelease/2020/1113_01/
※2 2020年度比
※3「中国におけるアイスクリーム市場の推移(2023年以降は見込み)」

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202403288723-O7-FJ3U6uv6
出典:ユーロモニター 単位:億円 

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「明治制果食品工業(上海)有限公司に新設したアイスクリーム生産拠点が2024年3月より稼働開始