リーズナブルに楽しめる観光地、国内1位は千葉県成田市

アジア各国では、多くの人々がこれから迎える大型連休・休暇を心待ちにしています。デジタル旅行プラットフォーム「アゴダ」を運営するAgoda Company Pte. Ltd. (本社:シンガポール、CEO:オムリ・モーゲンシュターン)が調査した、平均宿泊料金が最もお手頃な旅行先をご紹介します。4月から5月にかけて、旅行者が最もお得な料金で楽しめるアジアの都市はウドンタニ(タイ)であることがわかりました。また国内で最もお得な宿泊料金で宿泊施設を予約できるのは、千葉県成田市という結果になりました。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404028881-O1-045ODYi2

 
春の大型連休・休暇はもう目前!アゴダプラットフォームでの特別料金をご利用いただける、最も人気を集めるアジアの旅行先をご紹介します。国内で最もリーズナブルだったのは千葉県成田市で、1泊あたりの平均宿泊料金は10,650円という結果でした。昨年の国内1位は千葉市でしたが、今年のトップは成田市に取って代わりました。

調査対象となったアジアの8のマーケットでそれぞれ1泊の平均宿泊料金が最も安い都市は、ウドンタニ(タイ)、スラバヤ(インドネシア)、フエ(ベトナム)、クチン(マレーシア)、イロイロ(フィリピン)、ベンガルール(インド)、成田市(日本)、高雄(台湾)でした。

アゴダ、北アジア統括アソシエイト・バイスプレジデント 大尾嘉宏人は次のように述べています。

「アジアの国々では4月から5月にかけて、タイのソンクラーンやマレーシアのハリラヤ、インドネシアのレバラン、日本のゴールデンウィークといった大型連休が控えています。まさに、旅行を計画するのには最適な時期と言えるでしょう。アゴダの使命は、常に旅行者の皆様がお得に世界を旅するお手伝いをすることです。旅行需要が高まるこの時期に、アゴダがご紹介するお手頃な旅行先を旅行計画のご参考にしていただければ幸いです」

今回の調査で名前が挙がった旅行先は、平均宿泊料金が最安値でありながらも旅行者にとって魅力満載です。活気あふれるベンガルールや高雄といった都市から、川沿いでリラックスした時間を楽しめるフエやクチンまで。調査対象マーケット毎で最もお手頃な旅行先8ヵ所について、主な見どころや注目ポイントをご紹介します。

1. ウドンタニ(タイ) - (平均客室料金:4,200円)
タイ・イサーン地方四大都市の一つであるウドンタニをぜひ訪れてみましょう。この活気ある街では、常に何かを楽しむことができます。なかでもノーンプラジャック公園と周りを囲む湖はひときわ賑わいを見せています。大通りを散策しながら、中華門やウドンタニ市立博物館などの見どころを観光してみましょう。ウドンタニ国際空港からのアクセスも簡単。メコン川対岸に位置するラオスの首都ヴィエンチャンにほど近いのも外国からの旅行者にとっては大きな魅力です。

2. スラバヤ(インドネシア) - (平均宿泊料金:5,850円)
インドネシア・東ジャワ州で発展を見せる都市スラバヤは、まさに宝石のような街。歴史的建造物から未来的な高層ビルまで、見どころ満載の活気に満ちた港町です。ジャワ島の文化に中国やアラブ文化の影響を受けたスラバヤでは独自の豊かな文化が楽しめること間違いありません。パサール アトム マーケットで伝統工芸品のお土産を探したり、ロントン バラップ(お米でできた団子をもやし、揚げ豆腐などと合わせた海老風味の料理)やサテ クロポ(牛肉にココナッツをまぶして串焼きにした料理)などの伝統料理も是非ご堪能ください。

3. フエ(ベトナム) - (平均宿泊料金:6,450円)
ベトナム中部に位置するフエは、グエン王朝の首都として栄えた歴史と文化が息づく都市です。旧市街に点在する壮大な王宮や寺院などの歴史的建造物群がユネスコ世界文化遺産として登録されています。街を流れるフォーン川は絵画のような美しい情景を見せてくれています。ボートクルーズに乗船すると、周辺の建築物の景観も楽しめます。まさしくベトナムで是非訪れたい場所です。

4. クチン(マレーシア) - (平均宿泊料金:7,350円)
マレーシア・サラワク州の州都クチンは、独自の活気と圧倒される自然の美が同時に楽しめます。ボルネオ島のサラワク川沿いに位置し、アート作品や手工芸品の店が軒を連ねます。メイン バザール通りやカーペンター通り、サンデー マーケットで手工芸品やお土産ショッピングを楽しみましょう。自然好きなら熱帯雨林と野生動物、ビーチが見事に融合した近くのバコ国立公園をぜひ訪れてみましょう。

5. イロイロ(フィリピン) - (平均宿泊料金:7,500円)
地理的にフィリピンの中心点に位置するイロイロは、しばしば「フィリピンの心臓」と呼ばれます。そう呼ばれるにふさわしい理由は地理的な意味だけではなく他にたくさんあります。例えば周囲の島々「ギガンテス島」の素晴らしいビーチと隠れ家のようなラグーン、店先に並ぶ新鮮なシーフードを使ったグルメは、どんな旅人の心も奪うことでしょう。イロイロには歴史的建造物も多く立ち並び、歴史好きも虜になること間違いありません。イロイロへはバコロドからフェリーでのアクセスが便利です。

6. ベンガルール(インド) - (平均宿泊料金:8,250円)
「インドのシリコンバレー」ベンガルールは、単なるテクノロジーの中心というだけではなく、古き良き魅力とモダンが融合する街です。インドの過去と未来をここベンガルールで体験しましょう。イノベーション精神はこの街全体に息づく文化となっていますが、壮大なバンガロール宮殿や16世紀に建てられたブル寺院(ナンディ寺院)など、歴史的な見どころもたくさんあります。ベンガルールを訪れるなら有名な南インド料理に舌鼓を打つことをお忘れなく。

7. 成田市 (日本)- (平均宿泊料金:10,650円)
海外旅行経験のある人なら、成田と聞いて最初に思い浮かぶのは東京の玄関口「成田国際空港」でしょうか?しかし、千葉県成田市には空港だけではなく、訪れるべきスポットがたくさんあります。新勝寺や伝統的な成田山表参道、春の季節の美しい桜など、日本ならではの名所が揃っている成田市は、空港を利用する予定がなくても訪れる価値があります。

8. 高雄(台湾) - (平均宿泊料金:15,150円)
台湾第2の都市である高雄は、台湾旅行に行くならぜひ訪れるべき街です。高雄には国際空港があり、また台北や桃園からも台湾新幹線(左営駅まで)が運行しているためアクセスも容易です。高雄を訪れたなら、ぜひ塩埕区へ。街を散策しながらあちこちに点在するストリート アートを楽しんだり、水路に沿って立ち並ぶ倉庫街でショッピングを満喫しましょう。高雄への旅行を計画しているなら約85,000人を収容できる「ビッグエッグ」こと高雄アリーナにも注目。最近ではColdplayやBLACKPINKなどの世界的スーパースターが高雄市民を熱狂の渦に巻き込みました。

アゴダでは、お手頃な旅行先をご紹介するとともに、世界各地でお得な旅の実現をお手伝いするために、お得な宿泊料金や航空券、アクティビティなど豊富なプランをご用意しております。



データに関して

4月および5月の平均宿泊料金は、2024年3月1日~18日時点のアゴダの予約データに基づいて算出しました。(参考換算レート:US$1=150円)

 
アゴダ®について

デジタル旅行プラットフォームであるアゴダでは、世界中400万軒以上のホテルやバケーションレンタルに加え、航空券やアクティビティなどの様々な旅行商品をお手頃料金で提供し、世界をおトクに旅するお手伝いをしています。アゴダのウェブサイト Agoda.com およびモバイルアプリが39ヵ国語でご利用いただける他、カスタマーサポートは年中無休・24時間体制でご対応しています。 

Booking Holdings(NasDaq BKNG)傘下の企業であるアゴダは、本社シンガポールをはじめとした世界26ヵ所の拠点で6,900名以上のスタッフによって運営されており、日々、業界屈指のテクノロジーを駆使して、より便利な旅行予約サービスの開発・提供に尽力しています。 

ウェブサイト:https://www.agoda.com/

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「アゴダ、4月~5月の最もお手頃な旅行先を紹介