乳酸菌素材MK-116の化粧品分野での応用拡大へ

 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202405080481-O1-S6VzzN6U】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202405080481-O2-3q9K560l】                  
NEWS RELEASE
2024年5月10日
乳酸菌の研究で皮脂腺調整剤 特許取得 ~乳酸菌素材MK-116の化粧品分野での応用拡大へ~

ニチニチ製薬株式会社(社長:北村良一、三重県伊賀市、以下 ニチニチ製薬)は、自社乳酸菌素材を用いた研究により、4月18日、「皮脂腺調整剤」の特許を取得しました(特許 第7474990号)。

本特許の実施例で使用したのは、エンテロコッカス・フェカリス乳酸菌に、加熱処理や酵素処理をほどこしたニチニチ製薬独自の乳酸菌素材です。ヒト皮脂腺細胞は、アクネ菌存在下で過剰な皮脂を産生します。しかし、乳酸菌素材を添加したところ、過剰な皮脂産生を抑制することが確認できました。また、アクネ菌がない状態では、乳酸菌素材の添加により、皮脂産生が適度に促されました。

スキンケアは女性の約76%、男性の約36%が実施しており、男女ともに最も実施している美容ケアとなっています。10代後半の男性では約45%と男性においても今後スキンケアは日常的なものになることが予想されます※。皮脂は過剰に分泌されると毛穴トラブルやニキビの原因になります。一方、肌のバリア機能を保つためには適度な皮脂分泌が必要です。肌を健康に保つためには、皮脂量のコントロールが重要となります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202405080481-O4-73lveBCp】 【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202405080481-O5-e5Xe4mq9】 ニチニチ製薬は、現在、スキンケア用途の乳酸菌素材として加熱処理および酵素処理乳酸菌を特殊加工した「MK-116」を開発しています。「MK-116」は自社製品に配合するほか、化粧品原料として外販も行っています。ニチニチ製薬は今回の特許取得により「MK-116」のさらなる応用拡大をはかります。
※(株)リクルート ホットペッパービューティーアカデミー 男性 の美容ケアに関する意識・実態調査2023

【本件に関する一般の問い合わせ先】
ニチニチ製薬 お客様相談室 TEL:0120-171-868 E-mail:inqury@nichinichi-phar.co.jp

 

 

 

 

 

本資料は、三重県政記者クラブ、伊賀記者会、東商記者クラブで配布します。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202405080481-O7-aZs87gkX】 別紙
 
光っているのが皮脂。アクネ菌存在下では皮脂が過剰に分泌されて皮脂量が多くなっているが、乳酸菌素材「FK-23」もしくは「LFK」添加で皮脂量が抑えられている。
一方、アクネ菌のない環境下では、FK-23またはLFKの添加で適度に皮脂が分泌されている。

 
MK‐116について
MK-116は、加熱処理した乳酸菌「FK-23」と、加熱処理と酵素処理の両方をほどこした乳酸菌「LFK」の二つの素材を特殊加工した乳酸菌素材。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202405080481-O8-72Y85Sus

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「乳酸菌の研究で皮脂腺調整剤 特許取得