シェフラーとマルコ・ヴィットマン選手のブランドアンバサダーパートナーシップが6年目に突入 
シェフラーの後輪操舵システムが、マルクス・ヴィンケルホックの駆るAudi R8 LMS GT2「イノベーションタクシー」に初採用 
マティアス・ツィンクは「DTMは我々の継続的な成長と発展のための完璧なプラットフォームです」 とコメント

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202405140719-O4-w3hgUm4l
シューベルト・モータースポーツ・チームの一員としてマルコ・ヴィットマン選手がドライブするBMW M4 GT3、「グリーン・マシーン」。 写真 シェフラー

 
ドイツツーリングカー選手権(DTM、Deutsche Tourenwagen Masters)の新シーズンが今週末、モートルシュポルト・アリーナ・オッシャースレーベンで開幕します。今シーズンは、2度のDTMチャンピオンであり、2019年からシェフラーのブランドアンバサダーを務めるマルコ・ヴィットマン選手が、シューベルト・モータースポーツ・チームの一員としてレースに参戦します。彼の 「グリーン・マシン」であるBMW M4 GT3で、34歳の彼は2つの困難なシーズン後の復調を期待しており、「いよいよ始まるDTMシーズンが待ちきれません。全てが順調に整ってきています」と述べました。更に、「シェフラーとのパートナーシップは、多くの分野で緊密な信頼関係に発展しています。シェフラーには非常に感謝していますし、この6年間で共に築いてきたものをとても誇りに思っています」とも述べました。

イノベーションプラットフォームとしてのDTM
モータースポーツは、長年にわたりシェフラーのDNAに組み込まれています。シェフラーがモータースポーツで得た知見は、常に市販車用ソリューションの研究開発に反映されています。また、近年では市販車用ソリューションの研究開発におけるアイディアや知見がモータースポーツに取り入れられることも増えています。何故ならシェフラーはDTMシリーズとイノベーションのパートナーであり、ADACと密接に協力してレースシリーズの技術的・戦略的開発に取り組んでいるからです。今シーズン、シェフラーの「イノベーションタクシー」であるAudi R8 LMS GT2には、後輪操舵技術が初めて採用されます。DTMレースの週末には、ファンはサーキットでプロのレーシングドライバーによる、イノベーションを詰め込んだマシンの興奮に満ちた走りを体験することができます。イノベーションタクシーには、ステアバイワイヤシステム「スペースドライブ」や、2023年シーズンに導入された合成燃料(e燃料)も採用されています。シェフラーのオートモーティブ・テクノロジー部門CEOであるマティアス・ツィンクは次のように述べています。「私たちはテクノロジー業界のリーディングカンパニーとして、常に成長し、発展し続ける必要があります。DTMのダイナミックな環境は、そのための完璧なプラットフォームです。スポーツにおいてもビジネスにおいても、成功とは革新性、敏捷性、効率性が重要だからです」。

モータースポーツと市販車向けのシャシー技術
2023年、シェフラーはアウディとの提携を開始し、技術的イノベーションを披露するため、DTMで "イノベーションタクシー "を走らせることとなりました。毎レースの週末には、Audi R8 LMS GT2が用意され、元DTMおよびF1ドライバーのマルクス・ヴィンケルホックによる特別な同乗走行がサーキットで行われます。今年、このイノベーションタクシーに初めてメカトロニック・リアホイールステアリングが採用されました。この技術は、シェフラーが開発した革新的なシャシー技術で、世界中の自動車メーカーに供給され、量産車にも採用されています。この技術は、後輪車軸にインテリジェントなステアリング機能を追加し、車両の操縦性と安定性を向上させます。このシステムはコンパクト、軽量、静粛性に優れています。シェフラーのシャシーシステム部門責任者であるクレマン・フェルツは、その仕組みについて次のように説明しています:「このシステムの中核は、回転運動を直線運動に変換するシェフラーのプラネタリーローラーギアです。これにより、ステアリングを操作したときに後輪が転舵されます。さらに核となるコンポーネントはパワーパックで、エレクトロニクス、電気モーター、ソフトウェアで構成されています」。イノベーションタクシーに組み込まれたもうひとつのシェフラーのシャシー技術は、昨シーズンから車両に搭載されているステアバイワイヤシステム「スペースドライブ」です。ステアバイワイヤシステムには、機械的なステアリングコラムがありません。その代わり、ドライバーのステアリング指示は、ワイヤーを通して完全なデジタル信号の形で送信され、アクチュエーターによってモーションに変換されます。このイノベーションは、自動運転を可能にする重要な技術の一つです。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202405140719-O2-s9ob0Ii5
2度のDTMチャンピオンであり、2019年からシェフラーのブランドアンバサダーを務めるマルコ・ヴィットマン選手。 写真 シェフラー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202405140719-O3-hMhAKxNo
ドライバーのマルクス・ヴィンケルホック選手とともに走るイノベーションタクシーは、今シーズン初めてシェフラーのメカトロニックリアホイールステアリングを搭載しました。 写真:シェフラー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202405140719-O1-5I4WG30R
メカトロニックリアホイールステアリングユニット: サーキットでも公道でも、操縦性と安定性の向上を可能にします。 写真:シェフラー

 
シェフラーグループ – We pioneer motion
シェフラーグループは、75年以上にわたり、モーション・テクノロジーの分野で画期的な発明と開発を進めてきました。電動モビリティ、CO₂効率に優れたドライブシステム、シャシーソリューション、インダストリー4.0、デジタル化、再生可能エネルギーに関する分野で革新的な技術、製品、サービスを提供するシェフラーグループは、ライフサイクル全体にわたり、モーションをより効率的でインテリジェントかつ持続可能なものにするための信頼できるパートナーです。モーション・テクノロジー・カンパニーであるシェフラーは、パワートレインとシャシー用の高精度コンポーネントやシステムのほか、多くの産業機械用の転がり軸受や滑り軸受のソリューションを製造しています。シェフラーグループの2023年の売上高は163億ユーロでした。約83,400人の従業員を擁するシェフラーは、世界最大級の同族企業であり、ドイツで最も革新的な企業の1つです。

 
シェフラーとマルコ・ヴィットマン選手、DTM 2024年シーズンに向けてシューベルト・モータースポーツと提携 | プレスリリース | シェフラージャパン (schaeffler.co.jp)

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「シェフラーとマルコ・ヴィットマン選手、DTM 2024年シーズンに向けてシューベルト・モータースポーツと提携