~構造が変われば電気の流れも変わる~粘度・弾性率測定&誘電率・インピーダンス測定が同時に!

2024年7月10日
ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン株式会社

 TAインスツルメント(米デラウェア州)は、レオメーター(粘弾性測定装置)に搭載して使用する、レオ・インピーダンス誘電センサー「Rhe o-IS」(レオ・アイエス)の販売を開始しました。電池用電極の物性値測定などでの活用を想定しており、5年後には高性能レオメーターの約70%に搭載されることを目指します。
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202407023036-O4-7m4U590X

 弊社は、熱分析装置、レオメーター、マイクロカロリメーターなどを展開しており、化学メーカーを中心に、電子材料、食品、医薬品などの分野でもご利用いただいております。今回発売したRheo-ISは、TAインスツルメント製の既存レオメーターおよび今後発売される同社製レオメーターに組み込んで使用するセンサーで、日置電機㈱(長野県上田市)のLCRメーターと組み合わせて使用することで、粘弾性データに加え、インピーダンスデータも同時に取得できます。
 既存のインピーダンス測定システムと同等の精度で測定でき、ひとつのシステムで粘弾性とインピーダンスを測定できるため、分析時間を短縮でき、システムのトータルコスト低減にも貢献できます。また、レオメーター用制御ソフトウエアで統合制御でき、導入・設定も簡易に行えます。
 活物質、導電助剤、バインダーなどで構成され、複雑な測定が求められる電池材料を中心にご提案し、その他、電子材料、食品、化粧品などでの活用も想定しております。今後、ラインアップも順次拡大する予定で、日置電機との協力体制もさらに強化しながら拡販に向けて取り組む予定です。今後定期的に開催するオンラインセミナー・オンサイトセミナーでも活用事例などをご紹介します。

TAウェブサイトお問合せページ

今後のセミナー開催予定

【動画:https://www.youtube.com/watch?v=EuzsT0Xi5us

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「新レオ・インピーダンス/誘電センサー発売開始!レオロジーと電気化学インピーダンスの同時測定が可能に