人気の都市のトップ5は、東京、バンコク、大阪、ソウル、クアラルンプール

デジタル旅行プラットフォーム「アゴダ」を運営する Agoda Company Pte. Ltd. (本社:シンガポール、CEO:オムリ・モーゲンシュターン)のデータによると、2024年上半期(1月~6月)で最も人気のあった海外旅行の行き先(都市別)は、東京だったことがわかりました。次いで、バンコク、大阪、ソウル、クアラルンプールの順に人気が高い結果となりました。データは2024年1月~6月のアゴダ プラットフォームでの宿泊予約に基づいています*。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202407033129-O1-ig2E7ij1
2024年上半期(1月1日~6月10日)人気の海外旅行先(都市別)

 
人気の海外旅行先ランキング(都市別)では、大都会が持つ現代性と歴史に基づく伝統を併せ持つ東京の魅力が、多くの旅行者を惹きつけていることを浮き彫りにしています。活気あるストリートライフと文化的なランドマークで知られるバンコクが2位を獲得し、大阪はそのグルメシーンと歴史的名跡で3位にランクインしました。次いで、ユニークな文化体験と都市の魅力で知られるソウルとクアラルンプールが続きました。
また、人気の都市では、ソウルを筆頭に、バンコク、バリ、シンガポール、台北と、ユニークな見どころや体験を楽しめることで知られる人気の都市が並んでいます。

アゴダ サプライ担当シニアバイスプレジデント、アンドリュー・スミスは、次のように述べています。

「2024年上半期の宿泊予約の結果から、ランキングに入った、ダイナミックなアジアの都市が継続的な人気を博していることがわかります。各都市はそれぞれ幅広い旅行者にユニークな体験を提供しています。そしてアゴダでは、これらの人気の都市やその他多くの旅行先への旅行商品をお得な料金で提供し、旅行者が世界をおトクに旅するお手伝いをしています」

このデータはまた、旅行者が大都市への旅行を好む傾向を示しており、文化、料理、娯楽のオプションが混在する大都市が人気があることを示しています。

休暇にぴったりの400万軒以上のホテルに加え、アゴダ プラットフォームでは130,000区間以上の航空券と300,000種類以上のアクティビティも提供しており、これらをすべて組み合わせて一つの予約に入れ込むことができます。アゴダは、ランキング入りした都市でも、人里離れた隠れた名所でも、旅行先の場所を問わず、包括的な旅行体験を計画するのに理想的な予約プラットフォームです。



データに関して*

このランキングは、2024年1月1日から2024年6月10日までにアゴダで行われた海外宿泊予約に基づいています。



アゴダ®について

デジタル旅行プラットフォームであるアゴダでは、世界中420万軒以上のホテルやバケーションレンタルに加え、航空券やアクティビティなどの様々な旅行商品をお手頃料金で提供し、世界をおトクに旅するお手伝いをしています。アゴダのウェブサイト Agoda.com およびモバイルアプリが39ヵ国語でご利用いただける他、カスタマーサポートは年中無休・24時間体制でご対応しています。 

Booking Holdings(Nasdaq BKNG)傘下の企業であるアゴダは、本社シンガポールをはじめとした世界26ヵ所の拠点で7,000名以上のスタッフによって運営されており、日々、業界屈指のテクノロジーを駆使して、より便利な旅行予約サービスの開発・提供に尽力しています。 

ウェブサイト:https://www.agoda.com/

情報提供元:PRワイヤー
記事名:「アゴダ、2024年上半期の人気海外旅行先、都市別トップ5を発表