• Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ヤフオク
  • Google
  • Yahoo!
  • ベルメゾンネット

ログミーの記事一覧

世界中の進化型組織に見られる8つのトレンド 100社以上訪問した経営者が見た、旧来的なトップダウンやヒエラルキーのない組織

2024.04.17 21:30

本イベントは、『コーポレート・レベルズ: Make Work More Fun』の出版を記念して開催されました。ピム・デ・モーア氏とヨースト・ミナー氏によって設立されたオランダの企業Corporate Rebels。世界で最も先進...続きを読む

引き出しの中には灰皿…赴任先の荒れた学校にがくぜん  工藤勇一氏が、あえて“孤軍奮闘”で学校再建に挑んだ理由

2024.04.17 21:00

ジャパンハート主催のイベントに、同団体の創設者である小児科医の 岡秀人氏と、横浜創英中学・高等学校 元校長の工藤勇一氏が登壇。医療と教育、それぞれの業界で活躍してきた両氏が、「イノベーションが生まれる当事者の作り方」をテーマに対談...続きを読む

社員が一斉に驚きの声を上げた「社長の年収大公開!」の社内報 カゴメ・有沢正人氏が実施した、トップ層から始める人事制度改革

2024.04.17 17:30

本イベントでは、人事・労務担当者がおさえておくべき2024年の法改正の概要とその裏側を読み解いていきました。カゴメ株式会社 常務執行役員/カゴメアクシス株式会社 代表取締役社長 兼 経営管理部長の有沢正人氏とKKM法律事務所代表の...続きを読む

報酬だけで人は動かない、重要なのは“ギリギリ手が届く目標設定”  元キーエンスのコンサルが語る、社員が伸びる企業の経営戦略

2024.04.17 17:00

キーエンス出身で、経営戦略コンサルティングなどを行う田尻望氏の新刊『高賃金化 会社の収益を最大化し、社員の給与をどう上げるか?』。今回は本書の内容をもとに、「収益最大化」と「高賃金化」の両立実現への道を解き明かします。本記事では、...続きを読む

30歳の時、たった1人で異国に乗り込み医療活動を開始 “自分のために”命を救い続ける、ジャパンハート創設者の思い

2024.04.16 21:00

ジャパンハート主催のイベントに、同団体の創設者である小児科医の 岡秀人氏と、横浜創英中学・高等学校 元校長の工藤勇一氏が登壇。医療と教育、それぞれの業界で活躍してきた両氏が、「イノベーションが生まれる当事者の作り方」をテーマに対談...続きを読む

どう考えてもC評価の部下に、Bをつける上司の心のうち カゴメ・有沢正人氏が行なった、公正に差をつけるための評価制度

2024.04.16 17:30

本イベントでは、人事・労務担当者がおさえておくべき2024年の法改正の概要とその裏側を読み解いていきました。カゴメ株式会社 常務執行役員/カゴメアクシス株式会社 代表取締役社長 兼 経営管理部長の有沢正人氏とKKM法律事務所代表の...続きを読む

高賃金化できない会社に足りないのは、人手ではなく能力と仕組み キーエンスに学ぶ、「収益vs給与」という考え方の問題点

2024.04.16 17:00

キーエンス出身で、経営戦略コンサルティングなどを行う田尻望氏の新刊『高賃金化 会社の収益を最大化し、社員の給与をどう上げるか?』。今回は本書の内容をもとに、「収益最大化」と「高賃金化」の両立実現への道を解き明かします。本記事では、...続きを読む

ムダな会議、レスが遅い…他社を経験して感じる自社の「違和感」 出戻り社員のパフォーマンスを最大化するポイント

2024.04.16 11:30

多くの人が離職・転職を経験する中、近年注目される「アルムナイ」。今回は、組織課題を丹念に読み解く調査&コンサルティング会社・ビジネスリサーチラボの代表を務める伊達洋駆氏が登壇した「出戻り採用の可能性」と題したセッションの模様をお届...続きを読む

参加者のうなずきと沈黙が続くミーティングは不健全 表面的な調和を打ち破る、チームの“麻痺”の解消法

2024.04.15 21:00

世界的なイノベーション&クリエイティブの祭典として知られる「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」。2024年も各界のクリエイターやリーダー、専門家らが多数登壇し、最先端のテクノロジーやプロダクト、トレンドについて講演を行いま...続きを読む

高給与を目指すなら「付加価値生産性」の高い仕事を探す キーエンス出身者が語る、キャリアの“大失敗”から学んだこと

2024.04.15 17:00

キーエンス出身で、経営戦略コンサルティングなどを行う田尻望氏の新刊『高賃金化 会社の収益を最大化し、社員の給与をどう上げるか?』。今回は本書の内容をもとに、「収益最大化」と「高賃金化」の両立実現への道を解き明かします。本記事では、...続きを読む

1 / 41234
ページトップ