• Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • ヤフオク
  • Google
  • Yahoo!
  • ベルメゾンネット

ラジオライフの記事一覧

交通機動隊と高速隊の違いは縄張りだけではない

2024.01.31 12:10

警察業務の交通部門を担当する交通部は、事故から刑事事件まで路上の治安を一手に担っています。そんな交通部の人気部署が「交通機動隊(交機)」と「高速道路交通警察隊(高速隊)」です。どちらもスピード違反などの取り締まりを得意としています...続きを読む

ステマ規制法で対象認定される判断ポイントは?

2024.01.31 06:10

古くは2012年に起きた「ペニオク事件」からステマと呼ばれる「ステルスマーケティング」が知られるようになりました。これまで日本でほぼ野放しだったステマが、2023年10月1日、ステマは景品表示法で禁止されている「不当表示」に指定。...続きを読む

ChatGPTに何でも回答させる「脱獄」の最前線

2024.01.30 18:10

ChatGPTは爆弾の作り方やエロ、差別的なテーマなど、倫理的に問題のある内容には答えてくれません。しかし、特定のプロンプトを入れると制限を突破できてしまうことが知られています。そんな“脱獄”にはいくつか方法がありますが、有名なの...続きを読む

捜査用の覆面パトカーは刑事にとっては営業車?

2024.01.30 12:10

覆面パトカーであっても、交通取り締まり用とはまったく異なる使われ方をするのが、捜査用の覆面パトカーです。一般車に紛れ込んでいると思っているだけに、車内も雑然としています。その様子を元刑事たちに聞いてみました。じつは覆面パトカーで張...続きを読む

交通違反で罰金・反則金・放置違反金の違いは?

2024.01.30 06:10

交通違反で支払うお金はすべて「罰金」というわけではありません。交通違反のペナルティとして支払うお金には「罰金」と「反則金」のほか「放置違反金」があります。一口に交通違反といっても、支払うお金には違いがあるのです。交通違反の罰金・反...続きを読む

ステマ規制はなりすまし型と利益提供型のどっち

2024.01.29 18:10

これまで日本ではステマがほぼ野放し状態で、こうした手法についての規制はとくにありませんでした。しかし、世間の関心が高まる中で2023年10月1日、ステマは景品表示法で禁止されている「不当表示」に指定されました。そこで、ステマの代表...続きを読む

鑑識が刑事より先に事件現場で作業している理由

2024.01.29 12:10

事件が発生すると、捜査一課の刑事より先に現場に駆け付けるのが鑑識課員。証拠採取の専門である鑑識課員は、プロの技術で証拠をあぶり出します。事件現場では、時には刑事よりも立場が上になることもあるほどです。どんな事件もその働きがなければ...続きを読む

最新ChatGPT「DALL-E3」の画像生成の実力を検証

2024.01.29 06:10

ChatGPTがパワーアップしたのは、画像認識を盛り込んだ「GPT-4V」だけではありません。新たに「DALL-E3」という画像生成機能を搭載し、画像生成AIサービスの代表格といわれる「StableDiffusion」のように「こ...続きを読む

路上駐車で監視員と会話すると違反処理されない?

2024.01.28 18:10

警察大学校の研修資料は、警視庁及び各都道府県警察の交通取締課職員や、駐車監視員の指導者教育に用いられるもの。この研修資料を読み込むと、不当な路上駐車の取り締まりを回避するヒントにあふれています。例えば「監視員が違反処理を行わない状...続きを読む

覆面パトカーは追尾式で違反車をどう速度測定?

2024.01.28 12:10

スピード取り締まりの検挙数でネズミ捕りと双璧をなすのが、パトカーや白バイによる「追尾式」です。中でも覆面パトカーによる追尾式のスピード取り締まりは、見かけが一般車と変わらないだけに、いつ遭遇するかわかりません。覆面パトカーの追尾式...続きを読む

ページトップ