一般社団法人愛知eスポーツ連合(代表理事:片桐正大)は、eスポーツが第20回アジア競技大会(2026/愛知・名古屋)の正式競技に決定したことをお知らせします。

アジアオリンピック評議会(Olympic Council of Asia / OCA)は、7月8日に開催された総会において、第20回アジア競技大会(2026/愛知・名古屋)の正式競技にeスポーツを追加することを決定しました。

eスポーツは、9月23日に開幕する第19回アジア競技大会(2022/杭州)でも、正式競技として採択されています。また、2018年に開催された第18回アジア競技大会では、デモンストレーション競技として実施され、サッカーゲームの『ウイニングイレブン(現在は「eFootball™」)』で日本代表選手が金メダルを獲得しています。

一般社団法人愛知eスポーツ連合は、大会を主催するアジアオリンピック評議会(OCA)、eスポーツのアジア地域における国際競技連盟であるアジアeスポーツ連盟(AESF)、日本の統括競技団体である一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)などと連携し、現地 組織委員会とともに大会開催の準備に取り組んでまいります。

関連URL:Asian Games hosts update OCA General Assembly

https://ocasia.org/news/4109-asian-games-hosts-update-oca-general-assembly.html

情報提供元:NEWS VISION
記事名:「eスポーツが第20回アジア競技大会(2026/愛知・名古屋)の正式競技に決定