あす10日にかけて大気の状態が非常に不安定。九州から近畿はあす10日朝にかけて、東海、北陸、東北はあす10日午前を中心に雨や雷雨となるでしょう。ザっと雨脚が強まったり、突風のおそれも。関東は午後も天気急変に注意。気温は高く、花粉の大量飛散は続く見込み。

●大気の状態が「非常に不安定」

あす10日にかけて、日本海の低気圧がオホーツク海へ進み、低気圧からのびる前線が西日本から北日本を通過する見込みです。
低気圧や前線に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込み、上空約5500メートルにはマイナス24度以下の寒気が流れ込むでしょう。

このため、西日本から東日本では、あす10日にかけて大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

●九州~近畿 あす10日朝にかけて雷雨の所も

九州南部では所々で雨脚が強まっています。
九州から近畿はあす10日朝にかけて、あちらこちらで雷雲が発達しやすくなるでしょう。夜の暗い時間帯になりますが、雨がザっと強まったり、雷が鳴る所もある見込みです。

明け方ごろまでは天気が変わりやすくなるため、朝早い時間帯に外出の予定がある方は、天気の変化にご注意ください。

●東海・北陸 あす10日午前にかけて雨や雷雨 関東は午後も急な雨に注意

東海、北陸、東北はあす10日午前を中心に雨や雷雨となるでしょう。
ザっと雨脚が強まったり、竜巻などの突風が吹くおそれもあります。急に冷たい風が吹いたり、雷が鳴る音が聞こえたりした際には、発達した積乱雲が近づいている証拠となりますので、早めに安全な場所へ移動するようにしてください。

関東は午後から日が差しても、天気の急変に注意が必要です。一日傘は持ち歩いていたほうが良いでしょう。

●九州~関東で広く20℃以上 花粉は大量飛散

西日本は日中は天気は回復に向かい、次第に日差しが戻ってきます。
東日本や北日本も昼頃から晴れのエリアが広がるでしょう。

朝の最低気温はけさ以上に高く、九州から関東、北陸にかけて10℃以上。日中の最高気温も九州から関東、北陸にかけて、20℃を超える所が多く、4月から5月並みの季節外れの暖かさが続く見込みです。スギ花粉の飛散がピークを迎えていますが、あす10日も雨上がりで気温が上昇すると花粉が舞い上がりやすくなりますので、しっかりと対策をなさってください。

北陸や東北の日本海側はきょう9日よりも5℃以上低くなる所があり、新潟や秋田など15℃には届かないでしょう。服装選びにご注意ください。

●帰宅後の花粉対策

九州から関東にかけての広い範囲で、スギ花粉の飛散がピークを迎えています。
外出から帰ってきたら、うがいをしましょう。また、洗顔をして花粉を落とすとよいでしょう。髪の毛にも花粉が付着するのでしっかりとシャンプーをするのも効果的です。

花粉飛散シーズンに窓を全開にして換気すると大量の花粉が室内に流入します。花粉のピーク時に1時間の換気をしたところ、3LDKのマンション一戸で、およそ1000万個もの花粉が屋内に流入したとの実験結果もあります。新型コロナウイルス感染予防のため、換気をする機会が多いかと思いますが、窓を開ける幅を10センチ程度にして、レースのカーテンをすることで、部屋の中に入ってくる花粉の数を、全開にした時と比べておよそ4分の1に減らすことができるという実験結果もあります。窓を開ける幅は少しでも構いませんので、なるべく換気しながら花粉を防ぎましょう。

なお、床やカーテンなどに花粉が多数付着している可能性がありますので、こまめに掃除をし、カーテンは定期的に洗濯をするとよいでしょう。