きょう11日(土)は全国で晴天。12日(日)も日差しが届くものの、西からゆっくり雨雲が近づく。気温は土日とも高く、季節先取りの暖かさ。雪の多く残る地域は、雪崩や土砂災害に注意。

●土曜は全国で晴天 日曜も日差し届くが 西から雨雲接近

きょう11日(土)は、日本付近は高気圧に覆われ、各地で晴れるでしょう。北海道と沖縄では風がやや強く吹く所もありますが、九州から東北にかけては穏やかな一日となりそうです。
あす12日(日)は、高気圧の中心が東へ移り、西日本を中心に湿った空気が流れ込みます。また、前線を伴った低気圧が日本海へ進んでくるでしょう。
午前中は全国的に日差しが届きますが、天気は西から下り坂。九州では昼過ぎから所々でにわか雨があり、夕方以降はさらに雨の所が増えてきます。夜は、中国・四国も次第に雨の範囲が広がり、近畿や東海、北陸も所々に雨雲がかかるでしょう。

●気温 引き続き平年より高い 昼間は多くの所で上着いらず

土日とも、朝晩は空気がヒンヤリで、コートが活躍するでしょう。日中は気温がグングン上がります。

最高気温は、関東から西の地域は、土日とも20℃くらいの所が多く、上着なしで良さそうです。
北陸から北の地域も暖かい空気に覆われます。日曜は、札幌をはじめ北海道でも10℃前後まで上がる所があるでしょう。

●雪解け進む 雪崩や土砂災害 いっそうの注意を

気温の上昇により、雪解けが進みます。
山では「全層なだれ」が発生しやすくなります。積もった雪が全て滑り落ちる現象で、気温の上昇や雨の後などに多く発生します。スキーなどは、決められたコース内で楽しむようにしてください。
また、雪解け水が地面に浸み込むことで地盤が緩み「土砂災害」が発生することもあります。山間部や急な傾斜地では、特に注意が必要です。