関東は週末は日差しが出ますが、来週は曇りや雨の日が続くでしょう。台風2号の進路はまだ定まっていませんが、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大雨となるおそれがあります。

●土曜日曜 日差しがありお出かけ日和に 熱中症に注意を

あす(26日)は、高気圧の中心が日本の東へ移る見込みです。関東は晴れ間もありますが、湿った空気の影響を受けて、昼ごろからは雲が広がりやすいでしょう。

あさって土曜日(27日)は、日本の東に中心を持つ高気圧に覆われるでしょう。湿った空気の影響を受けますが、雲が広がっても薄い雲が中心で、各地で晴れ間がありそうです。
日曜日(28日)も、引き続き、高気圧の圏内でしょう。各地とも、曇りマークですが、弱いながらも日差しがありそうです。
土曜日・日曜日とも、広い範囲で天気の崩れはなく、お出かけに良い天気となりそうです。

最高気温は、25℃以上の夏日となる所が多く、内陸ではさらに気温が上がり、熊谷や前橋では土曜日・日曜日とも27℃の予想です。極端な暑さではないものの、この時期、身体が暑さに慣れていないため、熱中症に注意が必要です。意識してこまめに水分を補給するなどして、対策をとってお過ごしください。

●来週は雨が続く 前線活発化で大雨のおそれも 台風の動向に注意

来週は本州付近に前線が停滞して曇りや雨の日が続き、台風2号の動向にも注意が必要です。

月曜日(29日)は、気圧の谷や湿った空気の影響を受けるため、雲に覆われ、次第に雨が降りそうです。
火曜日(30日)以降は、本州付近に前線が停滞するようになり、雨の降る日が続くでしょう。

猛烈な台風2号は、今後それほど勢力を弱めず、非常に強い勢力で月曜日には沖縄に近づくおそれがあります。その後の台風の進路はまだ定まっていませんが、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むことで前線の活動が活発になり、雨の量が多くなる可能性があります。
台風の動向に注意するとともに、台風が近づかなくても雨の量が多くなる可能性があることに留意して、大雨への備えを進めるようにしてください。

来週は、最高気温が20度くらいの日があり、薄着だと日中でもヒンヤリと感じられそうです。天気だけでなく、日々の気温もご確認いただき、服装で上手に調節してください。

●関東甲信の梅雨入りは

来週木曜日(6月1日)以降も、曇りや雨の日が続く予想です。
関東甲信地方の梅雨入りの平年日は6月7日ごろですが、きょう日本気象協会が発表した梅雨入り予想では、5月30日ごろに梅雨入りすると見込んでいます。
長雨の季節に備えて、雨どいや側溝などにたまっている落ち葉やゴミなどを掃除して、水はけを良くしておきましょう。作業は週末に済ませてしまうとよさそうです。

●大雨の備え

梅雨や台風シーズンを前に、避難する場合に備えて、あらかじめ避難場所や避難経路を確認しておくことは、とても大切です。その際、ポイントが3つあります。

①市町村が作成しているハザードマップや、地域防災計画を見て「自分の住む地域は、どのような災害のリスクがあるのか」「災害が発生した時の避難場所はどこか」「安全な避難経路はどこか」確認しておきましょう。その際、氾濫の恐れがある河川や、土砂災害の恐れがある所も確認しておくと、避難経路を決める時に役立ちます。また、自宅だけでなく、学校や職場など、よく立ち入る場所はどのような危険があるかも、家族で一緒に確認しておきましょう。

②浸水(冠水)した場合は、避難経路が限られてしまいます。事前に、複数の避難経路を確認しておきましょう。

③夜間は、昼間よりも、周囲の状況を把握しにくくなります。夜間の避難に備えて、建物など目印を決めて、避難経路を覚えておきましょう。

もしもの時に備えて、避難場所への避難経路を実際に歩いて、確認しておくのもおススメです。